マイナンバーカード提出不要のデブ専風俗店はありますか?

皆さんはマイナンバーカードをお持ちでしょうか?
どこかにいってしまっていたり紛失してしまっている方もいらっしゃるかもしれませんが、とても大切な身分証ですので無くさないように保管場所を決めておくと良いでしょう。

日本国籍を持っている方でしたら全ての方が交付を受けているマイナンバー、2016年初頭に導入されて既に一年以上の期間が経過しました。
マイナンバーは企業に勤める上で必ず提出しなければいけない身分証で、所得を明らかにして納税額を明確にする目的があるようです。
しかし、風俗嬢の方としては、所得が明らかになってしまうと困る点が多く出て来ると思います。
そんな方の為に、マイナンバーカードを提出する必要が無いデブ専風俗店がないかご紹介したいと思います。

マイナンバーカードを提出すると

ナンバーその前にまず、イマイチ制度自体を理解できていない方の為にマイナンバーカードに関して詳しくご説明いたします。
マイナンバーカードは、個人個人の所得を明らかにすることによって住民税や所得税などの脱税が行われていないか、そして生活が本当に苦しい方がしっかりと生活保護などのサービスを受けられるようにする目的がございます。
当然仕事をして報酬を得ている以上、税金は納めなくてはいけませんし確定申告を行う必要もございます。

企業に勤めている場合、年末調整と呼ばれる確定申告を企業が行ってくれることになりますが、その時点で勤務されている方がすることと言えば名前と住所を書いて、捺印して終わりだと思います。
しかし会社の方はその年末調整の紙を使用して雇用契約を交わしている会社員がいくら報酬を得ていて、その内いくら源泉徴収を引かれ、いくら実際の所得となって、払い過ぎている金額がないかといった手続きを行ってくれます。
ただし、風俗業界においてその所得収入を明らかにされていらっしゃる方は少ないのではないでしょうか。
それもそのはず、給料はその日に現金手渡しという形を取っているお店ばかりですので、確定申告を行わずに収入ナシという体裁を取っていれば税金を支払う必要がなくなるからです。

高額の収入を得ながらも非課税の状況を作れるのは、お金に困っている方でしたらとてもありがたい事なのではないでしょうか。
ですが、お店からマイナンバー提出を義務付けられた場合には非課税の状況を作ることは出来ません。
当然ですが住民税や所得税は収入に応じた税額を請求されることになりますし、今までのように脱税を行うことは出来ません。
そしてもし、昼職を兼任されていらっしゃる方の場合には注意が必要です。

企業に勤めていらっしゃる方は前述の様に、その会社が年末調整を行ってくれます。
当然収入に対して支払っている住民税が多くなってしまうと、勤め先の会社に風俗嬢として働いていることがバレてしまうことになります。
そういった観点からも風俗店で働く場合にはマイナンバー提出不要のお店で勤めるのが最も金銭面での恩恵を受けられる形になりますが、実際のところ風俗業界がマイナンバーカード提出を義務付けているのかどうかを調べてみました。

多くのお店は提出を求めてこない

ナンバー私なりに調べてみた結果なのですが、通常の風俗店もデブ専風俗店も、大半のお店がマイナンバーカード提出を義務付けていないのが現状の様です。
というのも、お店はいくらの給料を支払ったのか、その給料に対して源泉徴収をして税務署に報告する義務がございます。
支払調書と呼ばれるものなのですが、この支払調書をしっかりと提出しているかしていないかでお店がマイナンバーカード提出を求めてくるかどうかが変わってきます。
支払調書を提出する際にマイナンバーカードが必要になる関係から、働いている風俗嬢のマイナンバーカードが無いと支払調書の提出が出来ないのです。

そして支払調書を提出していないお店の場合は、当然マイナンバーカードも提出するよう求められることがございません。
この支払調書、提出していないお店が多数を占めることからお店にマイナンバーカードを求められる可能性が低いと考えられます。
更に多くのお店で見受けられる部分ですが、お店は風俗嬢と雇用契約を結んでいるわけではございません。
風俗嬢の方は入店する際、誓約書を書くことはあっても雇用契約書を書くことはあまりないと思います。

肩書きとしては個人営業主やフリーランスの方と同様になりますので、風俗嬢の方が自身で確定申告を行わないといけなくなります。
しかし、お店が支払調書を提出していない関係から報酬を得ているという事実が明るみに出ることはございませんので、課税対象となる可能性も低くなるという次第です。
当然バレてしまっては脱税になりますし罰則の対象になりますが、そもそもマイナンバー制度自体が納税している方の金額をしっかりと把握するための制度ですので、納税を行っていない方の金額まで把握しているかどうかと言われればそんなことはございません。
マイナンバー制度が導入された後も、脱税を行っている風俗嬢の方が一斉に逮捕されたりしてしまったニュースをご覧いただいたことも無いと思います。

そういった観点からも特に提出しなくても問題は無いように感じられますので、提出義務のないお店で働けば今まで通りの報酬を得ることが出来るのではないでしょうか。
しかし、当然ではございますが支払調書をしっかりと提出しているお店は健全な営業を心掛けているお店です。
反対に提出していないお店はそうと言えない部分がございますので、真っ当な営業を行っていたとしても今後お店自体がいつ罰則対象として検挙されてしまうかわかりません。
特にこれまでお店が支払調書を提出していない関係から、検挙されてしまった事例はないようなのですが、マイナンバー制度がもっと浸透して言った場合には分からない部分があると思います。

昼職と掛け持ちで働いていらっしゃる方はそうそう長い期間風俗嬢として勤務しようとは考えていらっしゃらないと思いますが、風俗嬢専門で生活されていらっしゃる方はお店のことを改めて判断する機会になるのではないでしょうか。
今迄とは違った角度で勤務先を見ることが出来ますので、支払調書の提出が行われているかどうかお店の方に確認をしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

Ok, Good税金対策はどの職種に就いていても必要不可欠な行動だと思いますが、風俗業界はその報酬の不透明さから対応に困る部分が大きくなると思います。
マイナンバー制度に関して理解が乏しいと何も考えずに提出してしまう事にも繋がると思いますし、お店の方針としては決して間違ってはいない分断るのも難しいでしょう。
しかし、多くの風俗嬢の方の意見や評判を耳にしたのですが、マイナンバーの提出を求められたら移籍するという意見が非常に多かった点から考えても、やはり納税義務よりも手取りの報酬を優先される方が多いのが現状です。
支払調書を税務署に提出していなくて、尚且つお店の運営や報酬面もクリーンなお店を探すのが最も良い方法に感じられますので、マイナンバー提出を義務付けていないながらも口コミや評判の良いお店で働くことを目指してみてはいかがでしょうか?

少なからずデブ専風俗店に限らずとも、マイナンバー提出が義務付けられている風俗店は少ないのが風俗業界の実情ですので、面接の際や体験入店の際にそれとなく聞いてみても良いかもしれません。
きっと臨む以上の報酬と働きやすさを手にすることが出来るお店と巡り会えると思います。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする