専業主婦が旦那にバレずに風俗で働けますか?稼ぎで気付かれない?

風俗嬢の中には家族に内緒でデリヘルなどの風俗の仕事をしている女性が多くいます。
その中には旦那や子供がいる主婦もいます。
シングルマザーなどの配偶者がいない女性と違って、旦那がいる主婦が家族に身バレすると、離婚されるリスクがあります。
それだけに、バレないように気を付ける必要があります。

主婦が風俗嬢だと旦那にバレた場合

家庭のある主婦がわざわざ風俗嬢となる理由は一体何なのでしょう?
独身の女性と違い、このような家庭のある女性が風俗嬢であることがバレると、様々なリスクを被る恐れがあります。
離婚その中でも特に大きな被害といえば、やはり離婚でしょう。
たとえ仕事の上であるとはいえ、主婦が旦那さん以外の男と肉体関係を持つと、それは不貞行為とみなされます。
旦那さんはこの不貞行為を理由に離婚することが出来ますし、さらには慰謝料を請求することも可能になります。

どのような理由があるにせよ、主婦が風俗嬢であることが家族にバレた時の被害の大きさは独身の風俗嬢以上となるでしょう。
旦那さんが理解のある寛容な人ならまだ交渉の余地はあるかもしれませんが、不貞行為を絶対に許さないようなタイプであると、これをキッカケに離婚し、家族と離れ離れの生活を余儀なくされるかもしれません。
何よりも、旦那さんにバレるということは子供やその他にも親類縁者にもバレることになります。
親御さんの態度次第では勘当されるケースもあり、今後は独りで生活することになるかもしれません。

風俗嬢は確かに稼げる仕事ですが、主婦が身バレした時の被害の大きさは甚大です。
それだけに、もしも風俗嬢を始めるというのであれば、しっかり身バレ対策をする必要があるでしょう。

主婦が風俗嬢になる理由

わざわざ大きなリスクをおかしてまでなぜ主婦は風俗嬢になるのでしょう?
その理由は独身の女性同様にお金であることがほとんどなのですが、独身女性と比べると切実な内容であることが多いです。
例えば子供の養育費の足しにするためであったり、旦那が失業して仕方なく家計の穴を埋めるためなど、家族のために働くケースがあります。
このような家計を支えるためにやむなく風俗嬢になった場合、たとえ旦那さんにバレたとしても理解が得られやすく、離婚にはならないかもしれません。

しかし、風俗嬢になった理由が自分で作った借金を旦那さんにバレる前に返済するため、近所の奥さんたちにブランドもののバッグなどを見せて見栄を張るためなど、身勝手な理由ですとバレた時に旦那さんだけでなく親類からも怒りを買う恐れがあります。
専業主婦をしていると平日の昼日中は意外と時間に空きが生まれやすく、中には旦那さんが知らないところでホスト遊びにハマってしまい、いつしか借金を作ったというケースもあります。

他にもFXなどの投資に手を出して失敗し、借金を抱えてしまったという主婦は意外と多く、その返済のために風俗の仕事をするものです。
こういったケースの場合、身バレするのと同時に借金の存在まで明るみになるだけに、主婦の立場は一層マズイことになります。
このようなお金関係以外にも、離婚して欲しくてわざと風俗の仕事を始めたという主婦もいます。
なにせ風俗嬢になれば旦那以外の男と肉体関係を持つことになるだけに、離婚されやすいです。

もともと離婚して欲しかった主婦にとって、風俗の仕事はお金も稼げ、ついでに離婚もできる一石二鳥なお仕事となります。

主婦が風俗嬢だとバレる理由

Why家計を助けるためなど、様々な理由から主婦は風俗嬢になります。
そして、様々なキッカケから風俗の仕事が家族にバレ、トラブルを引き起こすことになります。
一体どのような理由から、主婦たちは身バレしてしまうのでしょう?
たとえ主婦であっても、まだまだ若くて美人な奥さんであれば男性からのニーズは高まります。
それどころか、人妻であることを理由に指名して貰えることもあります。

このように風俗嬢としてもニーズのある人妻がいざデリヘルの仕事を始めると、意外にも人気が出て、大金を稼ぐことが出来るものです。
主婦の中には旦那さんよりも高額の給料を稼ぐケースもあります。
家計の収入が突然倍増すれば、普通であれば怪しいと思うところでしょう。
しかし、一家の家計を管理しているのが奥さんだけであれば、いきなり収入が増えたとしても気づかれないものです。

ただ、最近は家事を手伝う旦那さんが増えているせいか、旦那さんが家計を管理していることもあります。
特にパソコンを使ってしっかりデータ化しているようなケースの場合、支出のバランスの変化は一目瞭然となります。
そのため、主婦がデリヘルでお金を稼ぐ際には、家族の口座とは別に銀行口座を用意しておくと良いでしょう。

風俗の給料の支払い方法は手渡しであることがほとんどです。
しかし、だからといってそのまま現金を持ち歩いていると旦那さんに見つかる恐れがあります。
なにしろデリヘルで稼げる給料は高額です。
10万円、20万円程度なら封筒に隠せるかもしれませんが、100万円200万円の札束となると隠せる場所も少ないでしょう。

それならば新しい口座を作ってそちらに資産を移しておいた方がバレにくくなるでしょう。
お金の隠し場所が決まったからといって油断してはいけません。
いくら旦那さんが家庭のことにあまり関心がなかったとしても、奥さんがいきりなりブランドもののバッグや宝飾品などを身に付けていれば流石に変だと疑うものです。
たとえ風俗の仕事で大金が入っても無駄遣いせず、ライフスタイルは変えないように気を付けましょう。

バレている可能性

いくらお金を見つからない場所に隠し、浪費をしなかったとしても、相手は家族であり、長い時間を一緒に過ごしている旦那さんです。
もしかしたら些細な言動の変化などから気づいている可能性もあります。
そのため、奥さん自身としてはバレないように気をつけることも大切ですが、それ以上に旦那が疑っているかどうかについても気を配っておく必要があります。

もしも旦那さんに風俗の仕事がバレた場合、旦那さんは次の二つのパターンの内、どちらか一方を選ぶケースが多いです。
まず、奥さんが風俗として働いていたとしても、放置する場合です。
このパターンは意外と多く、中には風俗で働くことを公認する旦那さんすらいるほどです。
なにしろ今の時代、男だからといって必ずしも定年まで働けるとは限りません。

折角奥さんが大金を稼いでいるのであれば、離婚するよりもむしろもっと積極的に働いてもらい、収入を増やしてもらおうと考える旦那さんも意外といるものです。
しかし、このように放置、もしくは公認してくれる人もいれば、絶対に許さず、離婚しようとする旦那さんもいます。

このような旦那さんの場合、表面上は何も知らないフリをします。
しかし、裏ではこっそり証拠集めをするものです。
例えば奥さんのスマホを勝手に調べたり、探偵を雇うなど、証拠集めに奔走するものです。
このような兆候が見つかった場合、急いでスマホのデータは全て消し、風俗の仕事も辞めた方が良いでしょう。
いくら疑わしいといっても証拠がなければ離婚は出来ません。
それだけに、旦那さんの動きはしっかり観察した方が良いです。

風俗店のアリバイ対策

風俗店の中にはこのような主婦の風俗嬢のために様々なアリバイ対策をしてくれることがあります。
例えば旦那さんから電話連絡が来ても大丈夫なように、アリバイ対策専用の電話番号を用意するお店もあります。
もしも旦那さんに現在働いているお店の連絡先を教えて欲しいと言われたら、アリバイ対策用の電話番号を伝えましょう。

風俗店以外にも、アリバイ対策会社と呼ばれる企業に依頼することで、名刺や雇用契約書などそれらしい書類を作ってもらうことが出来ます。
絶対に旦那さんや家族にバレたくないという女性にほどオススメの会社となります。

一般的な家庭が必要とするお金

お金男性と結婚し、家庭を持ち、子供を授かり、生活をする、それは一見すると平凡ながらも幸せそうな生活です。
しかし、このようなごくごくありふれた生活を維持するだけでも、意外と費用はかかるものです。
年功序列が当たり前だった昭和の頃と違い、現代の日本は成果主義の傾向があります。
そもそも大手だからといって必ずしも安泰とは限りませんし、男性は同性のみならず、優秀な女性社員とも出世争いをしなければなりません。

そのような現代の日本で生活するにあたり、男性一人の給料だけで一家を支えることは可能なのでしょうか?その答えは、かなり難しいです。
年功序列が当たり前だった時代、日本人男性は年齢を重ねるにつれて給料も増えることが当たり前でした。
つまり、たとえ子供が生まれ、成長し、教育費が増えたとしても、昇給することで増えた費用をカバーすることが出来たのです。

しかし、現代の日本はたとえ大企業に勤めていたとしても、必ずしも年齢に合わせて昇給できるとは限りません。
一般的なサラリーマンの平均年収は20代のうちは200万円から300万年、30代のうちは400万円から500万円、40代のうちは500万円から600万円、50代のうちは600万円前後となります。
そして60代は300万円から400万円前後と一気に下落します。

20代の頃が一番給料が安いものの、昇進や昇給を重ねることで徐々に給料は増大する一方で、だいたい50代頃から給料は頭打ちを見せ、そして下がる傾向があります。
次に一般的な勤労世帯の1ヶ月にかかる支出ですが、だいたい夫婦二人と子供一人の三人家庭の場合、1ヶ月の消費支出は27万7000円ほどになるとされています。

この費用は子供の数だけ増加します。
そして子供の成長に合わせ、費用はさらに増えます。
例えば子供の年齢が0歳から5歳になるまでの間であれば、学費はかかりませんので養育費のみとなり、一番支出が安くなる時期です。

しかし、小学校、中学校、高校と進学するにつれて学費と養育費は増大します。
大学生になる頃には学費だけで100万円単位の費用が発生します。
その子供が一人暮らしをするのであれば、養育費はさらにかかるでしょう。
このように、現代の日本において普通の暮らしを送ることは非常にお金がかかることです。
よほど高所得な旦那さんと結婚しない限り、専業主婦が経済的に豊かな暮らしを送ることは難しいでしょう。

もちろん、生活費を切り詰め、節約をすれば専業主婦でも十分豊かな生活は送れます。
しかし、風俗嬢として働けば、そんな苦労をせずとも、簡単に子供を養うだけでなく、さらには家族が経済的に豊かに暮らすめのお金さえ手に入るのです。
そのような事情がわかっているからこそ、旦那さんの中には奥さんが風俗嬢として働くことを公認することもあります。
もしも旦那さんが理解のある人でしたら、一度風俗嬢で働きたいと打ち明けてみると良いかもしれません。

風俗の仕事を公認してもらえれば、いちいち隠し事をせずに働けるので、気も楽になるでしょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする