デブ専風俗の求人でも自由出勤は可能?もちろん当欠は罰金だよね?

デブ専風俗店は一般の風俗店に比べて店舗数が少ないため、当然ながら風俗求人を出しているお店も少ない傾向があります。

そのためデブ専風俗のお店ごとの募集要項を比べることが難しく、暗黙の了解やルールも理解しにくいですよね。
体型の採用基準が甘い代わりに給与が低いデブ専風俗は、出勤欠勤の自由度も低いのでしょうか。
普通の風俗との出勤ルールはどのように違うのでしょうか。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

自由出勤とは?掛け持ちしたい人には嬉しい制度

デブ専風俗の求人でも自由出勤は可能?もちろん当欠は罰金だよね?多くのデブ専風俗店に存在し、特に派遣タイプのデブ専風俗には必ずと言っていいほど適用されているのが自由出勤制度です。
お店の募集要項に「自由出勤」や「完全自由出勤」と書いてありますが、勘違いをしている風俗嬢も多いので一度ルールを確認しましょう。

自由出勤とは決められた勤務時間内で、自分が出勤する日や時間を自由に決められる制度です。
風俗業界の場合、一ヶ月〜二週間前に風俗嬢が望み通りにシフトを提出して働くことのできる制度を自由出勤と呼び、風俗嬢にとって非常に魅力的な制度です。
一口に自由出勤と言っても、出勤曜日や時間のどちらかが決まっているものや全て風俗嬢の自由に選択できる完全自由出勤など種類があります。
また、気をつけたいのが自由出勤を売りにしていても、実際にはスタッフからしつこく出勤要請があるお店もあるので注意が必要です。

会社員やアルバイトなど風俗以外の仕事の合間に働きたい人にとっては魅力的な自由出勤ですが、シフトが決められているお店の方が給与が高かったり罰金制度がない可能性が高いです。
詳しいルールはインターネットの募集要項には提示されていないので、面接時にしっかりお店側に確認すると安心です。
自由出勤だからといって当日欠勤や遅刻が許される訳ではありません。
自分で決めたシフトだからこそ守らなければスタッフからも信用されませんし、その日に指名予約してくれたお客さんの期待も裏切ることになります。

安定して風俗業界で収入を得るためにはスタッフやお客さんからの信用は必要不可欠なので気をつけましょう。
しかし、人間なので体調を崩すこともあるので急遽休まなくてはいけない日もあるはずです。
どんな場合であっても無断欠勤だけは避け、お店に連絡を入れて事情を説明するようにしてください。
また、予約を入れてくれていたお客さんと連絡が取れるようなら、一度謝罪のメールを送ると好印象です。

自由出勤が許されていてもスタッフやお客さんを裏切り続けていると、指名も減りシフト自体も大幅にカットされる可能性が高いです。
責任を持って働ける人にだけ許された制度なので、自分で決めた出勤日には責任を持って出勤してください。

デブ専風俗で当欠すると危険?採用されるのも切られるのも早い

カレンダーデブ専風俗は体型や容姿のハードルが比較的低いので誰でも採用されやすい特徴があります。
その分、給与や風俗嬢のプロ意識が低い傾向があり、お店側も長続きしないことを見込んでいます。
あまりにルールを守れない風俗嬢は容赦なくシフトを削って、辞めさせてしまう風俗店が多いので注意が必要です。

病気など仕方のない理由で当日欠勤する場合は必ずお店に連絡を入れる必要があります。
また、しっかり出勤していても遅刻が多いとスタッフからも信用されなくなるので時間厳守で行動して下さい。
働いている以上、10分前行動が常識なのでギリギリに出勤するのも避けるべきです。
無断欠勤や無断遅刻をしてしまったときは気まずくてもスタッフに謝罪するべきです。

何事もなかったように出勤する風俗嬢や、メールなどで軽く謝罪して終わらせる人も多いですが給料をもらっている以上、迷惑をかけたら謝罪するのが常識です。
予約の変更や他に接客できる風俗嬢を探すなどお店側には多大な迷惑がかかっています。
ホームページに「本日出勤」と掲載されているのを見て来店したお客さんは、お目当ての風俗嬢がいなければクレームを入れることも多いです。
風俗嬢の無断遅刻・無断欠勤によって、スタッフはクレーム対応まで行わなければなりません。

何度か無断欠勤をして働き辛くなると、すぐにお店を変えようとするデブ専風俗嬢も多いです。
しかし、風俗店に限らず全ての職場で無断欠勤や遅刻などの非常識行為は許されません。
自分の癖を直す努力をしない限り、どこで働いても必ず働きづらくなります。
さらに、デブ専風俗店は店舗数自体が少ないのでお店を変えたくても見つかりにくいのが現実です。

風俗業界はジャンルを問わず噂が広まりやすいので、勤務態度が悪い風俗嬢は有名になりブラックリストに載せられます。
どこのお店でも採用されなくなる危険もあるので、できるだけ誠実な働き方をしてください。
また、欠勤が多い風俗嬢はお客さんからも指名されにくくなるので、せっかく風俗店で働いていても稼げなくなる傾向にあります。
特に新人期間中はフリー客を優先的に回してもらえるので、できるだけ出勤して本指名を勝ち取りましょう。

無理してシフトを入れすぎると危険!自分に合った働き方を見つけよう

デブ専風俗で働く風俗嬢はお金を稼ぎたいあまりに、無理なシフトを自ら提出する人が多くいます。
鬼出勤しなければ希望額を稼げないと思っていても、遅刻や当日欠勤が多ければ意味がありません。

お店によっては罰金を課せられる可能性もあるので無理なシフトを提出するのは危険です。
稼ぎたいお金と実際に稼ぐことのできるお金は違うので、自分ができる範囲で無理のない働き方を考えるようにしてください。
お金を稼ぐことばかりに集中し、生理を止めて出勤したり鬼出勤する風俗嬢は高確率で2カ月以内にお店を辞めます。
お店によっては鬼出勤を強要してくる場合もありますが、自分の限度を考えながら交渉しましょう。

スタッフに断りづらいから無理してシフトを組んでも、結局当日欠勤するなら意味がありません。
お店に慣れて余裕がでてきてから少しずつ出勤回数を増やせば、長期間働くことができるのでお店側にも風俗嬢にとってもメリットがあります。
危険 マーク新人期間はできるだけ多く出勤して本指名を取るべきですが、ある程度お客さんが返ってきたら週5以内の出勤がお勧めです。
風俗嬢には生理休暇があるので、その分出勤して調整したい人も週6が限度です。

連勤が続くと気付かないうちに身体を壊すこともあるので身体の変化に注意しましょう。
疲れが溜まってきたら積極的に休暇を取って下さい。
風俗嬢が長期休暇を取るのを嫌がるお店も多いですが、普段からお店の都合に合わせてシフトを組んでいれば快く対応してくれますよ。
自由出勤制度をとっていてもお店側の都合は必ずあるので、余裕のあるときはスタッフに出勤してほしい日を聞くと評価も上がります。

デブ専風俗嬢に多いのが膝など身体の故障による欠勤です。
特に激しいプレイに対応できる風俗嬢は身体に負担をかけやすく、定期的な通院が必要となる場合があります。
良質な風俗店であれば治療費などの補助もあるので、面接時に福利厚生について確認して下さい。

まとめ

自由出勤とは風俗嬢自身が働く日や時間を好きに決めてシフトを提出できる制度です。
勤務時間が自由に選べるのでかけ持ちをしている風俗嬢には人気ですが、自由出勤だからといって当日欠勤や遅刻は許されません。
むしろ、自分で決めたシフトだからこそ責任を持って出勤する必要があります。
デブ専風俗に在籍する風俗嬢にはプロ意識の低い人も多く採用基準も低いのが特徴です。

風俗嬢の出入りが多いので、無断欠勤や遅刻など勤務態度が悪い場合はすぐに解雇される危険があります。
責任を持って働き、迷惑をかけてしまったら直接謝りに行きましょう。
お金を稼ぎたいあまり無理な働き方をして、結局無断欠勤してしまい迷惑をかける風俗嬢が多いです。
稼ぎたい額と稼げる額は違うので、無理のないシフトを提出するようにしてください。

自由出勤でもお店の都合を考慮したシフトを提出すると、風俗嬢が休みたいときに快く休暇を許可してくれますよ。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする