デブ専風俗嬢にも恋人接客の技術が必要?テクニックの方が大事?

デブ専風俗店を利用するお客さんは太った女性が好きな人ばかりではなく、どちらかと言えば安い料金で風俗を利用したいと考える人が多いです。

普通の風俗嬢とは疑似恋愛のような恋人接客を楽しむ人もいますが、デブ専風俗はプレイもハードなスタイルが多いですよね。
安く性的サービスを受けたいだけのお客さんに恋人接客は不必要で、リピートしてもらうにはテクニックの方が重要なのでしょうか。
それとも、例え妥協でデブ専風俗を利用していてもキスやイチャイチャなどの恋人接客を求めているのでしょうか。

イチャイチャ不要のお客さん

デブ専風俗嬢にも恋人接客の技術が必要?テクニックの方が大事?性欲を発散させたいだけのお客さんは最初の会話さえ必要としていませんし求めているプレイも明確なのが特徴です。
このタイプのお客さんに恋人のような接客をすると時間稼ぎだと勘違いされクレームを入れられる可能性があります。
事務的な態度を取ってくるお客さんには簡単な挨拶の後、すぐに希望のプレイや感じやすい部位などを聞いて性的サービスに入ると好印象です。

また、性的サービスだけを望んでいるお客さんはプレイ中にあまり会話を必要としていません。
コミュニケーションは最小限に抑えて感じている声や反応を少し大げさに表現すると喜ばれます。
また、イチャイチャが少ない分はフェラを丁寧にするだけでなく様々な部位を攻めて感じる場所を探してください。
性欲発散だけが目的なお客さんは攻めるのが面倒くさいと感じる人が多いので、相手を積極的に攻めながら自慰をしたりローションを使って挿入の準備をするとお客さんに負担をかけません。

ぽっちゃり体型の人なら騎上位で挿入し、自分で動くようにするとお客さんが疲れません。
時間より少し早めに終わった場合は軽くマッサージなどのサービスをしてあげると恋人接客がなくても癒されます。
ぽっちゃり女性の手はスリムな女性に比べて肉厚で暖かい特徴があるのでマッサージに適しているのです。
性欲発散と癒しのダブルサービスを提供することでお客さんの満足度も上がり指名に繋がりやすくなります。

恋人接客を求めていなくても挨拶はしっかり行い、笑顔での接客を最低限心掛けてください。
ただでさえ太った女性に興味がないお客さんに無愛想に接すると非常に反感を買い、リピートどころかクレーム対象になる可能性もあります。
また、恋人接客を必要としていないお客さんには敬語を使ったほうが安全です。
いきなりタメ語で話されると不快に思うお客さんもいるので、どうしても敬語が苦手な風俗嬢は一言断ってからタメ語を使いましょう。

恋人接客メインのお客さん

No, 拒否ピンサロやオナクラ専門などの女性からの攻めのサービスがメインな風俗を利用するお客さんは恋人接客を必要としない人も多い傾向があります。
逆に、デリヘルやソープなどの受けも攻めもある風俗には恋人接客を求めているお客さんが多いです。

デブ専風俗を利用しているからといって淡々と接客すると興奮できないお客さんもいるので、最初の会話でしっかりヒアリングする必要があります。
プレイだけを求めているから事務的に接してくるのか、内向的な性格だから喋らないのかは本人をよく観察しなければわかりません。
恋人接客を求めているお客さんにはフェラや挿入よりもキスやハグなどのイチャイチャサービスをメインに行うと効果的です。
グイグイ攻めるというよりは恥じらいを見せた方が興奮する確率が高いので、会話をしながらどんどん距離を縮めて行くようなイメージで接客してください。

イチャイチャが終わってプレイに入っても会話は多めを意識し、喘ぎ声は抑えようとする素振りを見せてください。
プレイ中にも積極的にキスを求めて、お客さんの名前を何度も呼んであげると恋人感が高まります。
プレイが終わった後も名残惜しそうに軽いキスをしたり肌を触れ合わせて余韻を残します。
恋人接客で大切なのは心身の距離の近さと信頼関係です。

最初の接客でお客さんが満足し本指名をしてくれた場合、そのお客さんとの会話やプレイの内容をきちんと覚えていないとガッカリさせてしまいます。
リピートの数が増えてくるとなかなか記憶力だけでは追いつかなくなるので忘れないための対策を立てます。
携帯でもメモでも構わないのでお客さんの情報は日付とともにメモしておくと忘れません。
来店した日付と時間帯、お客さんの特徴と話した内容を記録しておき常に確認できるよう携帯しておくと、指名が入ってから接客が始まるまでの短い時間でお客さんの情報を確認できます。

リピートしてくれたお客さんには前回の接客を覚えている旨をアピールすると喜ばれます。
「今日は仕事じゃなかったの?」「この間より焼けたんじゃない?」と自分から話題をふり、次の指名につなげるためにも接客の終わりに次回に繋がる話題を提供すると効果的です。

自慢話が好きなお客さんには「次はあの話もっと聞かせてね」や、いろんなプレイに興味があるお客さんには「次回はバックでやってみようね」など提案をするとリピートされやすい傾向があります。
少し来店までの間が空いたら体調や仕事の忙しさを心配してあげると恋人気分が高まって喜ばれますよ。

金欠の時だけ来店するお客さんから本指名をもらうには

普通の風俗店を普段は利用しているけれど金欠の時にだけデブ専風俗を利用するお客さんは大体がフリーなので本指名してくれる確率は少ないです。
普通の風俗が好きなお客さんはデブ専ではないので、100キロを超える風俗嬢が本指名されることは考えにくいですがぽっちゃり体型の風俗嬢なら本指名を貰える可能性があります。
デブ専かどうかの境界線は非常に曖昧でお店によって判断基準は異なります。
さらに風俗業界からはデブ専と判断された人でも、お客さんにとってはストライクゾーンの範囲内かもしれないのです。

その場合、一般の風俗店よりも安い料金で可愛い風俗嬢から接客を受けられるので普段からデブ専を利用する方が得ですよね。
デブ専風俗には安さというメリットが既にあるので、普通の風俗店の女性から本指名を奪うことはそれほど難しくありません。
ぽっちゃり体型であっても容姿や肌質に自信があれば普通の風俗店で働くスリムな女性よりも魅力的ですが、プラスアルファでデブ専風俗ならではのプレイやテクニックを身につけるとお店での人気も一気に上がります。
ぽっちゃり体型だからこその魅力と言えば、やはり巨乳です。

胸 女性元は胸の小さい女性でも脂肪を蓄積すると自然に胸も大きくなるので、巨乳パイズリやおっぱいビンタなどのオプションを提供することが可能です。
これはスリムで胸の小さな風俗嬢には不可能なサービスなので積極的に行ってください。
さらに、風俗嬢は何人もと性行為をするため膣の締り具合が緩んできますし、細い風俗嬢の素股はスカスカして快感も少ないと不評です。
その点、デブ専風俗嬢は太ももやお尻に脂肪がついているので挿入しなくても肉圧で男性器を締め付けることができるのです。

特に挿入NGのデブ専風俗嬢は肉圧素股を練習するとリピート率も上がりますよ。
スリムな風俗嬢よりもオプションサービスのバリエーションは多いですが、デブ専風俗嬢のデメリットとして騎上位をすると膝を痛めるためNGにする人が多いことやプレイ中に汗で化粧が崩れやすいことが挙げられます。
特にお疲れのお客さまにとって騎上位NGはかなりのデメリットです。
激しくなくても良いので膝にクッションを挟むなどして、できるだけ実践しましょう。

まとめ

デブ専風俗店は普通の風俗店に比べて料金が安いため妥協して利用するお客さんが多いのも事実です。
プレイだけを求めてくるお客さんに恋人接客は不要なのでデブ専風俗ならではのテクニックで満足させた後、イチャイチャの代わりにマッサージのサービスを提供すると喜ばれます。

プレイだけでなく恋人接客を求めてくるお客さんもいます。
テクニックだけでなくお客さん情報を記録し、プレイ中もたくさん会話をして心的満足度をあげましょう。
一見事務的なお客さんに見えても内向的なだけかもしれないので最初のヒアリングでタイプを見極めることが大切です。
普通の風俗店でもデブ専風俗店でも恋人接客が必要なのかどうかはお客さんによって判断するしかありません。

例え恋人接客が不要なお客さんであっても基本は笑顔で感じ良く接客する必要がありますし、どちらにせよ風俗嬢はプロなので高いレベルのテクニックは求められるものです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする