デブ専風俗店は客層が悪い?ガッツキ・本番強要当たり前?

風俗にはソープランド・ファッションヘルス・デリヘル・ホテヘル・M性感・SM・オナクラ・ピンサロなど様ざまなジャンルがあります。
そのジャンルごとにも人妻系・学園系・ぽっちゃり系・巨乳系・デブ専などにわかれ、それと別に高級店・一般店・格安店・激安店のランクもあって日本の風俗は非常に多様性のある世界です。

そして各風俗ごとに異なった客層を持っているわけですが、中でもデブ専風俗は一般的に客層が悪いと言われています。
今回はそんなガッツキや本番強要が当たり前と言われているデブ専風俗での客層について検証してみました。

風俗業種って何があるの?

デブ専風俗店は客層が悪い?ガッツキ・本番強要当たり前?風俗の業種によって客層も変わってきますのでここでは最初に風俗にある業種とそれぞれの内容をおさらいしてみましょう。

*ソープランド:「風俗の王様」と呼ばれているソープは特殊浴場という名目で湯船のある浴室で女性が男性客に本番を含めた性的サービスを提供します。
性風俗店の中で唯一本番性行為が法的に認められています。
*ファッションヘルス:シャワー付き個室で女性が男性客に性的サービスを提供します。
シャワーとマットが常設されたマットヘルスもあります。
*デリヘル:デリバリー派遣型ヘルス、出張ヘルスとも呼ばれ、箱を持たずに女性がお客の自宅やホテルに出張して性的サービスを提供します。
*ホテヘル:無店舗型のファッションヘルスで、ラブホテルまたはレンタルルームなどで女性が男性客に性的サービスを提供します。
*性感エステ:回春エステとも呼ばれ、個室で女性が男性客に性的マッサージを施術します。
*SMクラブ:女性がサドやマゾになって逆の嗜好を持った男性客にSMプレイをしてサービスを提供します。
女性がSの場合はフェラチオ等はなくMの男性客は命令されて自慰をするのが普通です。
また女性がMの場合はSの男性客が縛り、バイブ・ロウソク責めなどでフェラチオやAFでフィニッシュを迎えます。
*イメージクラブ:略してイメクラ、女性が様ざまなコスチュームを着て男性客が好む性的ロールプレイの接客方法をとります。
*オナニークラブ:略してオナクラ、個室で男性客がオナニーする様子を女性が見るのが仕事です。
基本的には女性は着衣のままで男性客のタッチもなしですが、いろいろな種類のオプションがあります。
*ピンクサロン:略してピンサロ、間仕切りのあるブースで女性が男性客にフェラチオや手コキで射精させるサービスを提供します。
*セクシーキャバクラ:略してセクキャバ、おっぱいパブとも呼ばれキャバクラと同じ店内で服を脱いだ女性に男性客が触ることが主体で一般的には射精サービスはありません
基本的には以上が主だった性風俗店になりますが、ソープとデリヘルには超高級店・高級店・一般店・格安店・激安店のランクがあります。

ランク別の客層は

風呂 石鹸それではランク別に一般的な客層を見てみましょう。
*超高級店:超高級店になるとソープでもデリヘルでも1回のプレイでお客はトータルで10万円以上払うのが普通です。
超高級店で遊べるお客はやはり高級店よりも更にお金持ちということになります。

職業としては事業家、大会社社長や売れている芸能人など普段銀座で游んでるような人です。
*高級店:高級店もそれなりにお金に余裕のある人でないと行かれません。
どちらかというとワンマンなお客が多いそうです。
中小企業経営者・退職金を持っているお爺さん、自営業店舗オーナーなどです。
それとどこのお店でも必ず何ヶ月かに一度お金を貯めてやってくる貧乏客がいます。
*大衆店:年齢的には高級店よりも若い人20~30代の小綺麗なオタクっぽいサラリーマンと経済的にみても一般的な中堅層です。
*格安店:逆の見方をするとお金持ちは絶対に行きません。
普通よりも生活レベルが低い人やブルーカラーが多いようです。
*激安店:激安店に至ってはどこよりもプレイ時間も短く料金も安くなりますので、他の店では断られるような酔っぱらい客や不潔客なども訪れます。
日雇い労働者やたまにホームレスなども訪れています。

デブ専風俗店って?

いわゆるデブ専風俗店で一番多いのはデリヘルです。

デリヘルだとぽっちゃり系、巨乳系、デブ専とが一緒くたになっていて個別にジャンルがわかれているわけではありません。
ソープではほんの僅かにポチャ系巨乳ソープがあるくらいでデブ専ソープはありません。
全体的にデブ専風俗店は通常のお店よりも料金設定が安くなっています。
ランク的には格安店の料金になります。

風俗嬢の給料もそれだけ安くなっているので、当然稼ぎも接客数が多くなければ稼げません。

デブ専風俗店に行く男性って?

デブ専風俗店を訪れる男性ははっきり2つのタイプに分かれています。
一つはぽっちゃり系や巨乳女性が好きだから行く場合ともう一つは単純に他よりも料金が安いからという理由で行く場合です。

デブ専女性が好きで行く場合はデブ専の風俗嬢に心身共の癒し、身体の性的癒しだけでなく精神的にぽっちゃり女性に癒やされたいという目的を持って行くお客が多いのです。
一方金銭的な理由で行く場合はどこよりも安くヌキたいという目的があるので当然ガッツキ客も多くなるわけです。

デブ専風俗店の具体的な客層は?

棒グラフここではデブ専風俗店での実際の客層を風俗掲示板から在籍嬢の声を拾ってみました。

*安い店だから何してもいいって思ってる客が多い
*格安店なのに高級店の即即とか平気で要求してくる
*体重50は軽くオーバーしてるのでデブ専来たけれど客層悪くて後悔してる
*容姿より性格重視の寛容な自分、とか思ってる勘違い常連客が多い
*お客にヲタデブが多い
*格安スーパーのお客が安くて美味しそうなものをがっついて下品に探すのと同じ
*本番当たり前の態度で来るお客が多い
*デブ専店へお客は可愛いデブを求めてくる、巨乳店に行くお客は乳さえデカけりゃいいって感じ
*デブ専風俗店に来るお客は即尺生本番目当てが多い
*デブ専だからこれぐらいはいいだろうと思って規定外の要求してくる質の悪いお客もいる
*「今度来たら本指名するから」と言いながら本番強要して来るお客から本指名なんかされたことない
*短い時間内で最大限のサービスを要求してくるガッツキ客はむかつく
*手コキ専門のデブ専ピンサロで口内射精を要求してくる悪質客

まとめ

地雷客は別にデブ専風俗店に限ったケースではありませんが、安い料金でプレイできるお店だと来店客数も多くなりそれだけイヤなお客にあたる確率も高くなります。
デブ専風俗店の場合は特に他の一般店よりも客層が悪くなるというのは事実のようです。

もしあなたがデブ専風俗店での求人に興味があるのなら、80kg以上の巨体だったら面接に行くのもいいでしょう。
一番むずかしいのが巨乳でもなく中途半端な太目の場合です。
あるいはここでご紹介したような客層も大丈夫、本強やガッツキ客もそれなりに対処できる自信があるのならデブ専風俗店勤務も問題ないでしょう。
それなりにお客の数は多いですからきっと稼げるはずです。

でもデブ専風俗店で働きたいとという場合はいきなりそのお店で仕事を始めるのではなく、体験入店をおすすめします。
今は大抵どこの風俗店でも体験入店制度を採用しているはずなので、
短期間そのお店で体入してそこで働けいていけるかどうかをじっくり見極めて下さい。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする