ソフトサービスを謳ってハードなデブ専などに誘導する詐欺に注意

ソフトサービスの風俗店の面接に行ったはずなのに、面接で説得されてハードなデブ専風俗店に誘導する「ダミー面接」が急増しています。
ダミー面接の手口や風俗店がダミー面接をする理由、ダミー面接を見抜くポイントを紹介します。

ソフトサービスのはずがいつの間にかハードなデブ専風俗店に?

オナクラでのバイトのはずがヘルスに?

最近は太っている女性でもデブ専風俗店で働くなど、仕事の幅も広がっていますね。
とは言え、風俗の仕事が初めての女性がいきなりハードなデリヘルやソープに行くことは少なく、「オナクラとかソフトサービスの仕事にしようかな」という人が多いようです。
しかし勇気を出して面接を受けたお店はマッサージ店ではなく、デリヘルやソープだった、ということがあります。

お店は始めからソフトサービスの従業員ではなく、デリヘル嬢を求めていたというケースです。
きっぱりと断れる女性でしたら問題はありませんが、気の弱い女性になるとお店の口車に乗せられてしまい、そのままズルズルとハードなデブ専風俗店で働く羽目になってしまうこともあります。

「ダミー面接」が急増中!

ソフトサービスを謳ってハードなデブ専などに誘導する詐欺に注意待遇の良いお店の面接を受けたのに、「昨日、求人枠がいっぱいになってしまって…」「君は太っているから、デブ専風俗店の方に需要がある」など言いくるめて、女性をハードなデブ専風俗店で働かせる「ダミー面接」が急増しています。

また「交通費を全額支給」と宣伝し、その言葉に惹かれた女性が入店しても、何だかんだと言い訳をして、結局1円も支払わなかったというケースもあります。
もちろん、中には優良な風俗店もあるのですが、あまりにも待遇が良すぎる求人は疑ってかかる方が賢明と言えそうです。

ダミー面接に要注意!詐欺の手口かも…

入店祝い金が桁違い

次はダミー面接をする風俗店に多い手口を紹介します。
風俗店の求人を見てみると、大体のバックや入店祝い金などの相場が分かると思います。
都内の風俗店では、入店祝い金相場はデリヘルで5〜7万円。
ソフトサービスの風俗店になるともう少し低い金額が予想されます。

入店祝い金が相場よりも遙かに高い金額を提示しているお店は要注意です。
ハードなデブ専風俗店への誘導はもとより、言い訳をして祝い金すら支払わない事も考えられます。
お金が欲しい人にとっては飛びつきたくなるような求人でも、一度立ち止まって考えるクセをつけるようにしましょう。

バックが相場よりも数倍高い

入店祝い金と同じく、バックも相場より高額な場合は気をつけて下さい。
オナクラやエステなどでは日給が1万5,000円〜2万円が相場と言われます。
地方ではさらに安くなるかもしれません。
風俗の世界では、バックが高いということはそれだけハードなサービスを求められることが多いもの。

特にデブ専風俗店はNSやアナルファックなどのキツい仕事をしなければ稼げないお店もあります。
バックが他のお店よりも極端に高額を提示しているようなお店は、あまり信用しない方がいいかもしれません。

「系列店もあるよ」

面接をしていて「実は系列店があるんだけれど、そっちに行ってみない?」といった言い方をする所もあります。
これはおそらく、始めからハードなデブ専風俗店に誘導するためのダミー面接である可能性が大です。
きっぱりと断る勇気を持っている人でしたら大丈夫ですが、気が弱い、押しに弱い人は言いなりになってしまうことがあるようです。

どうして風俗店はダミー面接をするの?

多くの女性を確保するため

女性 シルエットどうして風俗店は、女性をだますような真似までしてダミー面接を行うのでしょう。
現在では風俗嬢の数が多すぎると言われますが、デブ専風俗店などはまだ嬢の数が揃っていないことが多いものです。
やはりバックが低く、その割にハードなサービスを求められることが多いデブ専風俗店は嬢のなり手が少ないのです。

そのためお店はダミー面接を使ってでも、女性の確保に熱心になっているようです。

レベルの高い風俗嬢を獲得するため

デブ専風俗店といっても、嬢のレベルが高いに越したことはありません。
またいつも同じ嬢ばかりではお客さんも飽きてしまいますので、どんどん女性を入れることで目新しさを与え、リピートしてもらう狙いもあり、ダミー面接を仕掛けるお店が多いようです。

普通に求人をしても女性が応募しないから、といった事情があるとはいえ、詐欺のような手口で誘導することは許せませんよね。
上手い言葉に乗せられないよう、自分の意志をきちんと持つ事が肝心です。

スカウトのノルマ達成

繁華街を歩くと、風俗のスカウトマンが声をかけてくることがあります。

スカウトマンの紹介で風俗の仕事を斡旋してもらうと、彼らのふところに紹介料が入る仕組みになっているので、スカウトマンは必死になって街を歩く女性に声をかけているのです。
スカウトマンは、あまり風俗嬢のことを大切にしておらず、「自分さえ良ければそれでいい」といった自分勝手な思考の持ち主が多いもの。
「キャバクラの仕事を紹介してほしかったのに、いつの間にか風俗の仕事を勧められた」という声も聞かれます。
中には真剣に嬢のことをマネージメントするべく、スカウトする人もいるのかもしれません。

しかしそういった人は少数派です。
スカウトマンの言葉は話半分に聞いていた方が、自分のためです。

ダミー面接を見抜くポイントは?待遇の良すぎる風俗求人は怪しい!

お店のホームページを検索する

面接最後にダミー面接を見抜くポイントについて紹介します。
多くの人は風俗求人の募集サイトを見て、面接の約束をしますが、ちょっと待って下さい。
本当にそのお店が存在するのかどうかを確認しましょう。

方法は簡単で、そのお店のホームページをのぞくだけです。
公式サイトが存在しないのであれば、お客さんはお店を見つけることはできません。
お店自体が存在しない可能性が高くなります。
またホームページが存在しているとしても、風俗嬢の写真が一枚もない、ブログの更新履歴が数年前で止まっているようなサイトも要注意です。

偽装のため適当にサイトを作っているのかもしれません。
ホームページを検索して、怪しいところが見つかるようであれば、そのお店には面接に行かないようにしましょう。

待遇の良すぎる求人は要注意

ソフトサービスの風俗店は「脱がない、舐めない、触られない」の3ナイと言われます。

そのためデリヘルや店舗型ヘルスに比べると、どうしても給料は低くなってしまうのです。
ソフトサービスなのにデリヘル並みの給料を提示しているお店は、女性に上手い言葉をささやいてハードサービスのデブ専などに誘導する可能性が高いと言えます。
もともと風俗の求人は「話半分に聞くべし」との噂もあります。
全てとは言えませんが、話を盛っているお店がかなり多いので、風俗店の求人情報は鵜呑みにしない方がいいかもしれません。

「話を聞くだけなら…」は相手の思うつぼ

「面接だけで5,000円支給!」といったうたい文句のお店もあります。
お金につられて「面接を受けるだけなら大丈夫だろう」と連絡を取ろうとする人もいますが、これは危険な行為です。
お店のスタッフは口のうまい人が数人がかりで説得するので、素人の女性が太刀打ちできるような相手ではありません。

あれよあれよという間にやり込められて、働きたくもないお店で仕事をするハメになってしまった、というケースもあります。
「ちょっと話を聞くだけなら…」と甘い気持ちでお店に連絡を取らないようにして下さい。

まとめ

ソフトサービスをうたってハードなデブ専に誘導する詐欺について、ダミー面接の手口やお店がダミー面接を行う理由、ダミー面接を見抜くポイントについて紹介しました。

自分がやりたいと思っていた仕事をさせず、他のお店へと誘導する手口は卑怯ですが、ポイントを知っていれば回避することができます。
安易に連絡を取ろうとせず、しっかりと自分の目で確認してから面接に行くようにして下さいね。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする