顔バレ厳禁デブ専風俗嬢が知るべきアリバイ・写真対策

昔に比べると風俗の仕事は認知されるようになりましたが、それでも「他の人にバレたくない!」と考えている女性の方が圧倒的に多いもの。
顔バレ、身バレする理由や、デブ専風俗店で身バレしないパネル写真の撮り方、身バレ対策などを紹介します。

顔バレ、身バレ…デブ専風俗バイトがバレる理由は?

「他の人には内緒ね」は信用ゼロ!

秘密風俗の仕事をしていることを隠す理由は何だと思いますか?
副業を禁止されているから、性を売り物にしていることが恥ずかしいから、借金をしていることを内緒にしているから…。
実は風俗嬢が身バレする一番の理由は「自分からバラす」からなのです。

よく「働いているお店に家族や友人が来て身バレ」という話がありますが、これはもう、交通事故に遭うような確率の低さなので、あまり考慮に入れなくても大丈夫です。
問題なのは、「あなたにだけ話すけれど…」と言って、自分から他人に秘密をバラすことで噂が広まって身バレしてしまうのです。
こう言っては身も蓋もないですが、秘密は誰かに喋った瞬間から“秘密”ではなくなります。
本当に風俗で働いていることがバレたくなければ、一番の親友でも秘密にしておきましょう。

携帯電話の履歴を見られた!

最近のスマートフォンは、ほとんどが指紋認証機能を搭載していますね。
「自分以外ではスマホを見られないから大丈夫」と油断していませんか?
例えば彼氏と一緒にいるとき、お店から電話がかかってきて、着信欄にきわどい風俗店の店名が表示されたら…。

また、仕事用の携帯電話を持っている人も要注意です。
どうして仕事用の携帯電話を持っているの?」といった無邪気な質問をされたら、上手くごまかすことは非常に難しいことですよね。
携帯電話の身バレは起こりやすいことですが、未然に防げる場合もありますので、上手に対策を取るようにしたいものです。

アクセサリーや下着で彼氏バレ

秘密お店のホームページ用にパネル写真の撮影があります。
顔にモザイクをかけたり、手で顔を隠しているからバレない…訳ではありません。
また風俗店では写メ日記の更新を義務づけているところが多いものですが、その際に特徴的なアクセサリーや下着などのアイテムで、身バレをすることが多いのです。

またタトゥーやほくろなどの身体的な特徴も、身バレの原因としてよくある事。
顔はメイクや髪型でいくらでもごまかしができますが、アクセサリーなどは言い訳が難しくなります。
写真撮影をする際は、下着やアクセサリー、ほくろなどに充分注意するようにしましょう。

仕事の備品を見られた

バックを取り落としてしまって、中からピンクローターやイソジンのボトルがこぼれ出てしまい、バレてしまった。
そういったケースで身バレすることも非常に多いものです。
風俗嬢によっては、店で使用する備品はロッカーにしまって家に持ち帰らないという人もいます。
特に家族や恋人と同居している人は、持ち物から身バレするパターンが多いので、備品を持ち帰らないようにすると身バレを防ぐことができます。

お金の使い方が派手になった

風俗の仕事はストレスが溜まりやすいもの。
手にできるお金も大きいのでパーッと遣ってストレス解消!
風俗嬢は一度に大金を手にすることができますので、金銭感覚が徐々にズレてくる仕事でもあります。

以前に比べて金遣いが荒くなった。
人におごる、高価なプレゼントを贈るなど、金離れがよくなった。
こういった行動から、「あの人風俗で働いているのでは」と疑われ、身バレすることがあります。
風俗の仕事をする人のほとんどが、お金目的のために働いています。

借金であれ開業資金であれ、目的を達成するためには無駄な出費は極力控えたいもの。
身バレ対策のためにも、「最近金遣いが荒くなっていないかな?」と自分を振り返るようにしましょう。

顔バレしない!顔出しパネル写真の撮り方

タトゥーやほくろは修正、加工

次に、顔バレしにくいパネル写真の撮り方について紹介します。
パネル写真ではほとんどと言っていいほど、修正・加工が行われています。
修正をやり過ぎると「パネマジ(パネルマジック)」と、男性客から批判の対象になってしまうのですが、顔バレにつながりやすい、ほくろやタトゥーなどは極力修正してもらうようにして下さい。

人間の目は意外といい加減で、目につきやすい特徴がなくなるだけで「よく似ているけれど、別人かな」ととらえてしまうものです。
パネル写真を加工する際は、目立つ特徴を隠してもらうようにして下さい。

派手なメイクで印象を変える

秘密普段はナチュラルメイクで身だしなみ程度の化粧しかしていないけれど、パネル写真の時はアイメイクばっちりの濃いメイクをしていれば、印象が大きく変わって身バレしにくくなります。

人物写真でまず見られる所は大体が目です。
マスカラ、アイライン、アイシャドー、カラコンなどで目の印象を大きく変えるようにしてみましょう。

アクセサリーや下着に気をつけて!

ピアスやネックレス、ブレスレットなどのアクセサリーは身バレにつながりやすいので、撮影の際は身につけないように気をつけましょう。

また下着も要注意です。
大好きな彼に「この下着、風俗店のサイトで見たことあるよ!」と問い詰められ、風俗で働いていることがバレた嬢がたくさんいるのです。
風俗店の数も風俗嬢の人数も、数え切れないほどありますが、バレるのはほんの僅かな油断からです。
仕事のオン・オフを切り替えて、「この下着は仕事用、これは普段用」と分けるようにするといいですね。

身バレしないためには○○に気をつけて!ポイントを紹介

店舗型は事前にモニターで確認

次に身バレしないためのポイントを紹介していきます。
確率が低いとは言え、店舗型デリヘルで知り合いと鉢合わせ、という方法で身バレすることもあります。

店舗型風俗店では事前にモニターでお客さんをチェックすることができますよね。
身バレを防ぐためには、毎回必ずモニターでお客さんをチェックし、万が一知り合いが来店した時は、鉢合わせをしないようにお店にNG指定をお願いするようにしましょう。

セックスでバレちゃった!?

笑っちゃいけないことですが、「セックスのテクニックがあまりにも上手すぎてバレた」という話をよく聞きます。

大好きな彼を喜ばせようと、お墨付きの腕前を披露してしまったら、彼は感激どころか「上手すぎる!これは素人ではない!」と勘づかれてしまう…。
良くも悪くも、風俗の仕事に慣れてしまうと、このような悲劇は起こりやすくなります。
かといって好きな人とのセックスに手抜きをするのもイヤですよね。
フェラは手慣れた手つきで行うのではなく、ぎこちなく少々恥ずかしいような演技で、自分から積極的に動くのではなく、男性のリードに任せるなど、受け身の態勢を取る。

素人の女性はあまりセックスに積極的な態度を見せないので、その点を忘れないようにベッドで振る舞うようにしましょう。

整形はほどほどに

風俗は見た目が大切な仕事の上、手にできるお金が大きいことから、整形をしている人がかなりいます。
始めは一重まぶたを二重にするなど、小さな整形から入ったとしても、だんだん「ここが気に入らない、あそこが変」となり、気がついたらどっぷり整形にハマっている、という人も少なくありません。

周囲も始めの内は「最近あの人、綺麗になったよね」で済んだとしても、鼻の高さが変わったり、目が極端に大きくなれば「整形しているよね」と噂になってしまいます。
整形するためのお金はどこから?と考えれば、「風俗で働いているんじゃないの?」となってしまいます。

せっかくお金を稼ぐために風俗の仕事を始めたのに、目的が「整形手術の費用を捻出するため」になってしまっては、本末転倒ですよね。
何事もほどほどにすることが大切です。

アリバイ会社で身バレ対策になる?

アリバイ会社とは?

風俗店では身バレを防止するため、「アリバイ対策を行っています!」と宣伝している所があります。
具体的には宣伝用の写真を加工・修正、店内カメラの設置もアリバイ対策ですし、デリヘルの場合、地元を送迎NGとすることもできます。
また、万が一「風俗で働いているのでは?」と疑った家族や恋人から、「働いている場所を教えて」と言われた場合でも、アリバイ用の偽会社を用意して専門の電話回線を用意しているお店もあります。

マンション賃貸契約、子どもの保育園入園…アリバイ対策、充実しています

マンション例えば家族が在籍確認のためにアリバイ会社へ電話番号に電話をかけたら、希望する業種(ソフトウェア開発、建築設計、化粧品販売など)に合わせてオペレーターが臨機応変に対応して、風俗で働いていることがバレないよう、対策を取ってくれます。
家族からの在籍確認だけではなく、マンションやアパートの賃貸目的、子どもの保育園入園のためなど、生活をする上で必要なサービスを受けるため、アリバイ会社を利用することも多いそうです。
アリバイ会社が充実しているのは、大手で全国展開をしているチェーン風俗店です。

身バレ対策や待遇面を考慮すると、やはり大手は安心感が違いますね。

まとめ

デブ専風俗嬢が知るべきアリバイ、写真対策、身バレするパターンや身バレ対策、アリバイ会社などについて紹介しました。
多くの女性は風俗で働いていることを周囲に秘密にしたいと考えています。

メイクや写真加工、アリバイ会社などを上手に利用して、内緒で高収入をゲットしちゃいましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする