風俗未経験でもハードサービス無しのデブ専でバイトできる?

デブ専門の風俗店では、一般的なコンセプトを持つ従来の風俗店と比べても客単価が低かったり、オプションの価格が低いという傾向が強く見られます。

こうしたデブ専門の風俗店でお給料をたくさん稼げるようになるためには、即即やアナル舐め、AFといったある程度ハードなプレイが必要と言われています。
しかし、太っているからといってそうしたハードなプレイを受け入れられるわけでもなく、デブ専門の風俗店で働くことを検討している多くの女性の不安要素として、この問題が残っていることがほとんどです。
実際にデブ専門の風俗店で働こうと思えば、こうしたハードプレイをあらかじめ受け入れておかなければ、たくさんお給料は稼げないのでしょうか。
また、それが風俗未経験であればなおさら、ハードプレイを受け入れなければ、お客様から選ばれることはできないのでしょうか。

この記事では、風俗業界自体は未経験だけど、デブ専門の風俗店でアルバイトとして働いてみたいと興味を持っている女性に対し、未経験でもハードプレイ無しで稼げるかどうかの実態について、ご紹介します。

未経験者は、デブ専門の風俗店で稼げない?

風俗未経験でもハードサービス無しのデブ専でバイトできる?風俗未経験者の女性にとっては、未経験が故にテクニックもそこまでないし、風俗嬢らしい立ち居振る舞いもできないし、お客様がどうすれば喜ぶかという知識もないので、お客様から相手にされないんじゃないか、自分なんか選ばれないんじゃないかと、不安に思ってしまいますよね。
出稼ぎ目的で地方から都心部の風俗店に働きに出ようかと思っている方でも、稼げなくては無駄になってしまうと、躊躇してしまう様子がよく見られます。

それでは実際に、風俗未経験のキャストは、アルバイトで稼ぐことはできないのでしょうか。
実はあなたのそんな不安とは裏腹に、「風俗業界未経験者のアルバイト」というステータスほど、お客様が指名したくなるステータスはありません。
風俗業界が未経験で、業界のシステムや特徴をまだよくわかっていない女性からすれば、未経験であることはマイナスに感じてしまうかもしれません。
しかし、風俗業界が未経験のキャストというのは非常に少なく、デブ専門に限らず風俗店で働いているほとんどのキャストが、風俗業界で働いてある程度の年数が経っている、いわばベテランになるのです。

こうしたベテランのキャストは、業界歴があるが故に高いテクニックを持っていることがほとんどですが、業界歴が長いということはプロになるので、悪い意味でプロっぽさが出てしまうというデメリットもあります。
一方の風俗業界未経験というのは、そうしたプロのような極上のテクニックなどはないにしても、風俗業界未経験ならではのぎこちなさや素人感があり、それが武器になるのです。
そうしたぎこちなさ・素人感に興奮するお客様は、あなたが思っている以上に多く存在しているのです。
実は風俗店では、プロフィールに「新人」の表記があるだけでも、お客様からどんどん指名が入ります。

ただし、その新人は「その風俗店で勤務することが初めて・もしくは日が浅い」というだけであり、ほとんどが「風俗業界ではベテランと呼ばれるほど、経験がある」風俗嬢ばかりなのです。
その中で、「新人」でありながらも、「風俗業界未経験」というステータスまであるとなれば、お客様の食いつきはさらに強くなるでしょう。
あなたがコンプレックスや不安に思っている「業界未経験」というステータスこそが、あなたの武器になるのです。

ハードプレイができなきゃ、稼げない?

お金デブ専門の風俗業界では、お客様層が少し異常な性癖を持っている方が多く、それが理由でハードプレイを求められることが多いと噂されています。
SMやアナル舐め、AFなど、風俗業界未経験の女性からすれば非常にハードルの高いようなサービスもこなしていかなきゃ稼げないのかと、懸念に思う声をよくお聞きします。
それでは実際に、本当にこうしたハードプレイをこなさなければ、デブ専門の風俗店で働く上では稼ぐことはできないのでしょうか。
確かに、より多くお給料を稼ごうと思えば、こうしたハードプレイのオプションをこなしていくことで、バックされるお給料の額はどんどん増えていきますが、ハードプレイをこなさなければ高いお給料を叶えられない、ということではありません。

そうしたハードなプレイではなく、手コキなどのハンドサービスを提供するソフトプレイの風俗店でも、多くのお給料を稼ぐことは可能なのです。
もちろん、ソフトプレイになると、ハードプレイに比べても客単価(お客様が風俗店を利用する上で支払うお金)が下がってしまうことは確かではありますが、ソフトプレイでも量をこなせば、同党に稼ぐことは可能になります。
特に現在、ソープランドやデリヘルなどの業態に比べて、ソフトサービスを提供するエステやオナクラの人気が急上昇しているところです。
男性客にとっては、本番でもフェラでもハンドサービスでも、スッキリしてしまえば得られる快感は同じではありますが、ソープランドやデリヘルを利用しようとなると、それ相応の金額を支払わなければなりません。

しかし、ハンドサービスなどソフトプレイを提供する風俗店であれば、そこまで多くのお金は必要なく、サクッとスッキリすることができるので、風俗好きのお客様からはコスパがいい!と人気が急上昇しているのです。
そのため、バック率がいいからと下手にソープランドやデリヘルなどで働くよりも、最初は大変かもしれませんが、ソフトサービスを提供するお店で数を多くこなした方が、精神的な負担を少なくしながらも稼ぐことができるのです。

未経験者が風俗業界で働きたいと思ったら、どうすればいい?

ここまでで、風俗業界未経験者がそのステータスだけで武器になるということ、またハードなプレイをしなくても稼げるということを、ご説明させていただきました。

もしかするとあなたの中でも、風俗業界未経験でも働くことに対するハードルが、少しは低くなってきたのかもしれません。
それでは実際に風俗業界で働くことを決意した後、働くためにどのような順序を辿っていけばいいのでしょうか。
まずは、あなたが希望する業態を決め、出勤できる範囲で求人を出している風俗店を、インターネット検索などで調べることから始めましょう。
風俗求人専門サイトなどもありますので、そうしたサイトを活用し、あなたが希望する条件に合った求人を見つけてくださいね。

もし求人が見つかれば、まずは体験入店を希望する旨を、風俗店に伝えましょう。
体験入店とは、そのお店で勤務を続けていけるかどうかを確かめるために、1日アルバイトという形式で実際に働くことを指します。
もちろん風俗業界が初めての方は、風俗店がしっかりバックアップしてくれるので、安心してくださいね。
こうした体験入店ではお客様を実際に相手することももちろんありますが、もしボウズ(お客様を1人も取れないこと)だった場合でも、体験入店では日給保証ということでお給料が支給されるお店が多くありますので、できれば応募の段階で、体験入店や日給保証制度が設けられている風俗店を選ぶようにしましょう。

もし体験入店を経て、風俗業界で働いてみたい、自分でもやっていけそうだと思えたのであれば、体験終了後に風俗店と条件などのすり合わせをして、入店が決定という流れになります。
もちろん、体験入店後に必ず採用されるというわけでもありませんし、体験入店したお店で必ず働かなければならないというわけでもありません。
「思っていた雰囲気と違う」「もう少し他の店も見てみたい」ということであれば、体験入店したお店には断りをいれ、他のお店を体験してみることもおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
剣風俗業界未経験で合ったとしても、そのステータス自体が武器になり、特にハードなプレイをしなくとも稼ぐことができる、ということをお伝えさせていただきました。
もし、ハードプレイが懸念だったので応募を踏みとどまっていた、ということであれば、安心して応募をしていただいてもいいかと思います。
たいていの場合、面接や体験入店の際に、プレイの許容範囲はどの程度あるかの確認がありますので、その時にできないプレイを風俗店にお伝えすれば、ハードプレイを強要されることはありません。

ぜひ安心して、興味を持っていた風俗業界でのアルバイトにチャレンジしてみてくださいね。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする