業種別デブ専風俗店の日給保証の目安を教えてください。

風俗業界では、ある程度の条件を満たしているキャストは出勤をするだけで、その日1日のお給料をある程度保証されるという「日給保証制度」というものが設けられているお店が存在します。
多くの風俗店では、給与の支給形式が「完全歩合制度」であることがほとんどであり、お客様にサービスを提供できなければどれだけ長時間風俗店に滞在していたとしても、1円もお給料をいただくことができないという、何ともじれったい思いをするキャストも少なくはありません。

そうした風俗業界で「日給保証制度」を設けている風俗店は、キャストから大きな支持を得ているのです。
もちろん、日給保証を設けているのは、デブ専門の風俗店でも同じです。
ただし、その保証されている日給額は、風俗店の業態や客単価によって変動することがほとんどです。
それでは、デブ専門の風俗店では、業種別にどれくらいの金額が日給として保証されているのでしょうか。

この記事では、そんなデブ専門の風俗店の業種別日給について、ご紹介をさせていただきます。

日給保証をもらうための条件は?

業種別デブ専風俗店の日給保証の目安を教えてください。日給保証という制度は、キャストにとっては出勤するだけで一定のお給料が保証されているという、喉から手が出るほど欲しい制度になります。
もともと完全歩合制の成果主義である風俗業界において、日給保証制度をキャストに適用させるということは、そのキャストに対して風俗店側が、日給保証を適用させるほどのメリットを感じなければ難しいでしょう。

それではキャストは、日給保証を適用されるために、どのような条件を満たさなければならないのでしょうか。
よくある条件としては、月の出勤が多く、勤務時間も1回1回が長い、というものでしょう。
風俗業界では副業として働く女性がかなり多く、出勤が週に1回や、2〜3日でも1回1回の勤務時間が短い、という方は少なくはありません。
風俗店もキャストがいなければ店を運営していくことはできませんので、頻繁に勤務してくれて、かつ長時間風俗店に滞在してくれるキャストには、その見返りとして日給保証を適用してくれるのです。

ちなみに、勤務日数は週5日以上、滞在時間は8時間以上が条件というお店がほとんどです。
一般的なOLの出勤日数・勤務時間と同じほどになりますので、その頻度で出勤できる方は、日給保証を受けられる可能性は非常に高いです。
また、出勤日数や勤務時間がそこまで多くなくても、指名の数をある程度取ることができるキャストや、風俗店でナンバー入りしているキャストに関しては、日給保証が適用されやすいです。
ナンバー入りのキャストは、出勤するだけで問い合わせ数や集客数がグンと上がりますので、風俗店としても出勤していただけるだけでも非常に助かるのです。

さらに、その風俗店で働いて日が浅い新人キャストは、日給保証が適用されるケースが多く見られます。
まだ固定のお客様がついていないため、そうしたキャストは完全歩合であればお給料を稼ぐことが少し難しいからです。
ただしそれとは反対に、新人というだけで飛びつくお客様もかなり多くいますので、固定客がいなかったとしても稼げるとも言われています。
地方から出稼ぎを目的に風俗店で働くことを考えている方も、こうした新人ならではのメリットを利用して、効率よくお給料を稼ぐことができるでしょう。

デブ専門の各業種の日給保証額目安は?

デブ専門の風俗店でも、こうした日給保証制度が設けられているお店は増えてきましたが、もちろん業種によってその金額は変動します。
それでは業態それぞれで、どれほどの日給保証額が適用されているのでしょうか。
まず、デブ専門店のデリヘルの日給保証額は、おおよそ30,000円〜50,000円ほどと言われています。

デリヘルの場合は、無店舗営業が故に24時間営業であることがほとんどで、待機する時間によって保証される金額が変わることもあります。
一般的には、待機できるキャストが少ない夜〜夜中にかけて待機できるキャストが、高い金額の保証額を支給される傾向があります。
また、オナクラやエステなどのハンドサービスが主になる業態であれば、保証金は10,000円〜30,000円ほどが相場と言われています。
デリヘルなどと違い、お客様に対して口での奉仕サービスなどのハードルの高いサービスがなく、基本的にハンドサービスのみになっていますので、保証金額の相場はデリヘルよりも下がってしまいます。

ただし、口での奉仕サービスが含まれているピンサロの場合、客単価自体が低くなっているので、オナクラやエステと保証金の相場観がそこまで変わりありません。
ちなみに、お客様に対してそうしたヌキのサービスを提供せず、キスや体へのお触りだけで終わるセクキャバでは、日給保証制度というもの自体が導入されていないというケースが非常に多く見られます。
というのも、実はセクキャバは基本的に時給+指名客分のインセンティブでお給料が換算されることがほとんどなので、出勤しているだけでもお給料が発生することが基本となっているのです。
もしそこまで出勤はできないとしても、出勤した際に給料が保証されているほうがいい、ということであれば、デリヘルやオナクラ、エステを選ぶよりも、セクキャバを選んだ方が無難でしょう。

日給保証制度で、気をつけておきたいことは?

質問日給保証制度というのは、風俗で働くキャストからすれば、非常にありがたい制度です。
必ずしも、誰でもリピート客を多く捕まえ、よくある口コミサイトで公表されている給料を稼ぐことができるわけでもなく、せっかく高収入を夢見て入店したのにも関わらず、稼げないことも珍しくはないからです。
そのため、風俗求人では「日給保証」というキーワードを入れておくだけで、多くのキャスト志望者から応募を集めることに成功しています。

ただし、応募する側は、この「日給保証」というキーワードに騙された、という声も少なくありません。
実際に日給保証ありと求人票に記載されていたのにも関わらず、何かと理由をつけて保証金を支給しない、という悪質な風俗店もあり、そうしたお店とキャストとのトラブルが相次いでいるケースも見られます。
記載されている条件を全て鵜呑みにすることは控え、日給保証に関しては、働く前に風俗店にしっかりと条件を確認しておくことが大切でしょう。
もし可能であれば、日給保証について説明された内容が記載されている文章などをいただけると、さらに安心できるかもしれません。

しかしそうしたトラブルがある一方で、こうした日給保証について面接時に深く追求することは、なるべく避けておいた方がいい、という声も上がっています。
なぜなら、もともと成果主義のお給料形態が当たり前の風俗業界において、日給保証ばかりにこだわりを見せているキャストというのは、あまり頑張って働く意欲を感じられないからです。
日給保証のことばかりを面接で聞いてしまうと、楽して稼ぎたいという思いが風俗店側に伝わってしまい、結果的に不採用となる可能性が非常に高くなってしまいます。
働くキャストからすれば、日給保証について詳しく聞きたいという気持ちが前に出てしまうかもしれませんが、そこをグッと堪えることができなければ、いつまでたっても優良風俗店で働くことは難しいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
デブ専門の風俗店でも、日給保証制度が設けられている、待遇のいい風俗店は多く存在します。
割合ただし、そうした日給保証の恩恵を受けることができるのは、風俗店に大きな貢献をしているナンバー入りキャストか、ナンバーには入っていなくとも頑張っている姿を見せられているキャスト、そして新人キャストのいずれかであることがほとんどです。

そのため、誰でも簡単に適用されるような制度ではなく、「楽して稼ぎたい」という考えが全面的に出てしまうと、そもそも風俗店で採用されることすらありません。
もちろん、あるに越したことはない制度なので、できるだけ風俗店に応募する際は、日給保証がある風俗店を選ぶことは言うまでもありません。
ただ、本気で稼ぎたいと考えながら日々の仕事に励むことで、日給保証制度がなくとも稼げるような、本当に人気のあるキャストになることができるのです。
日給保証制度がなくとも、しっかり稼ぐことができるようなキャストを目指し、仕事を頑張るという姿勢を持つことが、風俗業界でたくさん稼ぐための1番の近道になります。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする