デブ専風俗は性病検査が甘いから個人で受けた方がいい

風俗で働いていると残念ながら避けて通れないものがあります。
性感染症。
感染率も高くメジャーな病気としてはクラミジアや淋病があげられます。

粘膜同士の接触が多い風俗では、高い確率で風俗嬢もお客も何らかの性病に感染しています。
デブ専風俗ももちろん例外ではありません。
デブ専のソープではNSで本番をさせられることも多いですから、感染確率は決して低くありません。
放っておくと不妊症になる恐れもある性病は、当たり前ですができれば罹りたくないですよね。

粘膜の接触を避けるのが一番の予防法ですが職業柄難しいものがあります。
ならば定期的に性病検査をして罹っていないことを確認する、またはもし罹っていても初期で治せるようにすることが大事です。
性病検査は風俗にとって身を守る大切なものですが、風俗店では定期検査を実施しているのでしょうか。

検査を義務付けているのはごく一部の風俗店だけです

デブ専風俗は性病検査が甘いから個人で受けた方がいい風俗店に問い合わせれば「当店は定期的に検査を実施しております」や「在籍する風俗嬢には検査を義務付けています」というお客を安心させる返答が返ってくると考えられます。
HPなどにも「衛生管理は徹底しています」と謳っている風俗店もあります。
でもこの言葉、鵜呑みにしては大変危険です。
「義務付けている」と言って本当に定期的に検査を実施しているのは一部の高級ソープ店くらいです。

デブ専含めその他の風俗では風俗嬢個人に任せていることが多いです。
お店によっては検査をするようにとの話をしてくれるところもありますが、検査の周知を徹底したところで風俗嬢が検査をしていなければ、あまり意味はないものとなります。
全くのお店が風俗嬢任せで放置、話すらしないお店も中にはあります。
高級ソープなどでは本番プレイもあり粘膜同士の接触が濃厚なため感染の危険性が高いことからも、月1で検査を実施しているお店はあります。

しかしそうではないヘルスなどでは、わざわざ怖がらせて女の子が仕事しなくなるというリスクを避けるために何も情報を伝えていないお店も多いのです。
プレイ前に消毒すれば大丈夫だよと教えられるかもしれませんが、それで本当に防げるなら風俗でここまで性病が蔓延することはないと思いませんか?
性病リスクを考えている風俗嬢ならば個人で調べて定期的に検査をしていると思いますが、全く頓着しない風俗嬢だとNSで本番をしているにも関わらず1度も検査をしたことがないという人もいます。
検査をしたことがないなんて、とても怖いことではないでしょうか。

知らぬ間に感染源になっていることがあります

デブ専の風俗でも連日お茶を引くような風俗嬢でなければ1日に数人、1ヵ月で数十人~百人程を相手にしているため、性病感染の確率は非常に高いです。
ですので、検査を受けなければ感染に気付かないままお客に移してしまっていることがあります。
クラミジアや淋病は女性側では自覚症状はほとんど出てきません。

ですが男性側は排尿時などに強烈な痛みを伴う症状が出てくるため、発覚すれば「あの風俗店で移された」とネットで悪評をばらまかれ、書き込みをされた風俗嬢にお客が付かなくなるだけでなく、管理ができていないとお店自体もお客が入らなくなり潰れてしまう可能性も出てきます。
デブ専風俗では客層があまり良くないことも多いので本番強要、さらにはNSでしてくるお客も多いです。
断り切れずに、またリピートのためNSで本番を許してしまう風俗嬢も多いかもしれませんが、性病の感染率が跳ね上がってしまうことを忘れてはいけません。
またそういうお客は他でもNS本番をしていることが多いので、余計に性病をもらっている可能性が高いのです。

見た目で明らかにおかしいと分かれば良いのですが、潜伏期間だと見た目で判断は非常に困難ですので性病を持っているお客かどうか見分けがつきません。
お客だってプレイを中止させられることが確実に分かるのに、わざわざ「俺、性病持ってるんだ」なんて言いませんよね。
そうして性病かどうか分からないお客を多く相手にしているうちにいつの間にかもらってしまうことが多いのです。
なのに定期的に検査を受けていないとなると感染に気付かないまま仕事を続けることになり、風俗嬢自身も苦しむばかりでなく何十人と言うお客に移していることになってしまいます。

お客に移しているだけならまだしも、風俗嬢にもし恋人や家族がいたら…自分の大切な人達に性病が移ってしまったらそれこそ取り返しのつかない後悔になるのではないでしょうか。
自覚ないままに病気をまき散らしているとは、ゾッとする話です。

感染を知らぬまま放置すれば、取り返しのつかないことになりかねません。

検査先述した通り、性病の中には自覚症状がないままのものもあります。

症状が出ていないから大丈夫、ではありません。
自覚症状はなくても病気は進行していきます。
むしろ検査を受けずに感染に気付かないままでいると、症状が進み手遅れになってしまう可能性が高いです。
クラミジアなんてよく移る病気だし症状軽いし…と思っていても、放置をすれば子宮内膜炎や卵管炎などの症状になります。

進行すれば子宮外妊娠や不妊にまで発展する危険性だってあります。
また妊婦がクラミジアや淋病に感染していれば産まれてくる子供にも感染し、眼感染症や肺炎を引き起こしてしまう可能性があります。
産まれてくる子供が重い病気を持って産まれてきてしまったなんて、ましてやそれが自分が感染に気付かなかったからだとしたら、後悔してもしきれませんよね。
さらにはクラミジアや淋病に感染しているとHIVや梅毒に感染する確率が数倍にも跳ね上がってしまいます。

HIV・梅毒共に近年再び感染率が増加傾向にありますから、その危険性はさらに上がることになるでしょう。
性病は自覚症状がなくても、数々の恐ろしい危険に晒されることになるのです。
風俗ではよく聞く病気だから大したことはないと思っているととても危険です。
早期発見・早期完治が重要ですので、定期的な検査はとても大事だと言うことになります。

自分の体を守れるのは自分しかいません

盾今まで何も具合が悪くなったことがないから大丈夫。
そう思っている風俗嬢がいるかもしれませんが、仮に今まで性病を移されたことがないとしてもそれは余程の幸運だったというだけです。

今まで大丈夫だったからこれからも大丈夫だなんて保証はどこにもありません。
それこそ今、自覚症状がないだけで体内ではどんどん病魔に侵されている可能性だってあります。
風俗嬢を続ける以上、性病は避けて通れないリスクです。
いざというとき、お店は守ってくれません。

風俗嬢に任せているという台詞は、要は性病に関しては放置していると言っているようなものです。
例え定期的な検査を実施しているお店であっても、陽性の検査結果を陰性と偽り風俗嬢を出勤させるような悪質なことをしている場合もあります。
性病をもらうことは簡単です。
でも性病をもらわないようにするのは簡単ではありません。

もらってしまった性病をいち早く分かるために、検査はとても大切なのです。
風俗の仕事を続けるならば、是非個人で性病検査を受けて欲しいと思います。
風俗嬢の性病検査に理解ある、深く追求されず検査を受けることができる病院もあります。
病院に行かなくても自宅で匿名でできる検査キットもあります。

お客のためではありません。
自分の体のために、出来れば月1の検査を受けてください。
確かに検査の費用は自費ですのでその分お財布には負担になってしまいます。
ですが一生苦しめられるかもしれない病気に気付かない内に感染するのと月1回の検査費用負担、どちらが自分にとって辛いことか今一度考えてみて欲しいと思います。

誰のためでもない、自分のために性病検査について向き合ってみてください。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする