チャットレディに来るお客さんってキモ客ばっかり?

チャットレディはチャット画面を通して男性にサービスするお仕事です。
チャットを利用する男性は、風俗にすらいかないような女性経験の乏しい男性が多い傾向にあり、普通に対処するのが難しい場合があります。
特に、双方向性が確保されているチャットでは男性の行動さえこちらに見えてしまうのため、キモ客に悩まされるケースが多くあるのです。

ここでは、チャットレディをする際に対処が難しい男性客の特徴を紹介し、その対策について説明したいと思います。

チャットサービスの男性客がキモい訳

チャットサービスには、アダルト系と非アダルト系の2つに分かれますが、双方の利用層は共通しています。
女性経験が少なかったり出不精な男性が多く、実際に女性と会って話をするのが苦手な男性たちです。
そんな男性たちは女性に対して誤った認識を持っている場合が多いため、女性が嫌がる事を平気でしてきます。

そんなウザい客を相手にしなくてはならないので、辛い、しんどいと感じてしまうチャットレディは多いのです。

チャットの主な利用層は女性経験に乏しい

男性 絶望チャットサービスはパソコンやスマホを通して女性と会話できたり、女性のセクシーな姿を見ることができるサービスです。
このサービスの利用層は、女性経験が乏しく、女性と対面して話をするのが苦手な男性たちとなっています。
一般的にパートナーがいない男性は、キャバクラや風俗店を利用して手軽に女性と遊ぼうとします。

しかし、これらのお店で遊ぶ際には、初対面の女性と話をする必要があります。
若い頃に女性と縁がなかったり、職場で女性と話せない環境にある男性だと、キャバクラや風俗店はハードルが高く感じられてしまうのです。
そこで、キャバクラや風俗店に通えないような男性たちが、チャットサービスを利用するのです。
風俗客にもキモいお客さんはいますが、チャットの利用層は風俗客よりも更に社交性が乏しく、キモい場合が多くなっているのです。

男性客が女性を理解してないので、発言や行動がキモくなる

女性経験の乏しい男性は、総じて女性に対して無理解です。
女性が好む事と好まない事の区別ができず、チャットにおいて女性の好まない言動をしてしまいます。
たとえば、女性に彼氏の有無を尋ねたり、性的な内容の質問をしたりしてきあす。
女性が聞かれたくないプライベートな事柄を、平気な顔で尋ねてくるのです。

さらに、チャットレディにとって厄介なのが男性客が自慰行為を見せてくることです。
男性は総じて女性の裸を好み、女性がセクシーな事をしてくれるのを嬉しく感じます。
女性の裸で男性は興奮できるので、チャット相手の女性も同じだと勘違いして自分の裸や自慰行為を見せようとするのです。
そんな事をされて喜ぶ女性がいるわけありません。

しかし、その事を女性経験の乏しい男性はわからないのです。
実際、アダルト型、非アダルト型問わず、男性が自慰行為を見せてくるということに悩まされているチャットレディは多く存在しています。
チャットレディの多くが本音では、そのような男性の行為を気持ち悪い、しんどいと感じながら、我慢して働いているのです。

チャットレディがキモ客に対処するためには

チャットレディの仕事をする以上、女性に男性を選ぶ資格はありません。

お客さんを取らないと稼いでいけないため、キモ客に対してもサービスしなければならないのです。
ただ、チャットで対策をすれば男性客のキモい部分を軽減できます。
また、キモ客は絶好のターゲットともなる存在なので、積極的なサービスを心がけ、リピートしてくれるように誘導することも必要です。

キモ客の姿は見ないように工夫しよう

カーテン シルエット双方向性のチャットの場合、女性のチャット画面にも男性の姿が表示されてしまいます。

いかにも女性に縁のなさそうな男性の不細工な顔を見なければならず、場合によっては、自慰行為まで見せつけられる羽目に陥ります。
ここで、チャットサービスにはフィルタリング機能が設置されている場合があります。
これは、チャット画面にボカシやモザイクをかけるようにするもので、この機能を使用すれば男性の顔や姿を見ずに済むようになります。
キモ客の顔や姿が見えなくなるだけでも接客時の負担は大幅に軽減されるはずです。

また、フィルタリング機能が設置されていない場合には、下敷きのような覆いでモニターを隠して、男性の姿が見えないようにしましょう。
女性側のモニターの状況は男性には見えないため、男性の姿を見ている振りをしてしまえば問題ありません。
とにかく、男性客の姿が気持ち悪い場合には、それを直視しない事が重要です。
幸い、チャットサービスは遠隔で行われるもので、女性側の細かな状況は男性にはわかりません。

その状況を利用すべきなのです。

男性に乗っかって演技するのも1つの手段

アダルト系のチャットで、男性が自慰行為を見せてくるのは、男性が女性と性行為をしている感覚にあるからです。
そこで、アダルト系チャットで働くのであれば、その男性の欲求に乗ってみるのも1つの手です。
もちろん、真剣に応じる必要はありません。

演技でプレイすれば良いだけです。
幸い、チャットでは画面越しなので女性の演技は通用しやすくなっています。
さらに、女性経験に乏しい男性客は、女性の演技を見抜けません。
上手く演技することができれば、男性の興奮状態をコントロールできるようになります。

男性の興奮状態を誘導し、チャット時間を長引かせれば、効果的に稼げるようにもなります。
そして、男性の希望に応じてあげることで、次回のリピートにも繋がります。
アダルト系チャットであれば、割り切ってキモ客の要望に乗っかり、演技してしまえば、より効率的に稼げるようになるはずです。

キモ客こそリピートを掴むチャンスとなる

回転 矢印チャットサービスを利用する男性は、女性経験が乏しいのでどうしてもキモく感じられるものです。

しかし、男性の女性経験の少なさは、チャットレディにとっては絶好の稼ぐチャンスです。
と言うのも、これまでの実人生において女性と交流できなかった男性たちに優しく接すれば、いっきに心を鷲掴みにできるからです。
そこで重要となるのは、キモい男性客であっても1人の男性として誠実に対応することです。
男性がウザい質問をしてきても、嫌な顔をせずに笑顔で答えるよう努めなければなりません。

男性がプライベートな事柄について質問してくるのは、女性に興味があるからです。
男性の好意的な感情から寄せられる質問であるため、冷たくあしらってはいけません。
そうして男性に対し、真面目で誠実な態度を貫いていれば、自ずと男性の気持ちを引くことができます。
そして、リピートしてくれるようにお願いすれば良いのです。

女性経験が少ない男性は耐性に乏しく、女性からのお願いに弱いものです。
そんな男性に対して甘えてお願いすれば、得られる効果は抜群です。
キモ客こそがリピートの狙い目となる存在なので、気を引けるように誠実に対応しなければなりません。

まとめ

チャットサービスの利用客の多くは女性経験の乏しい男性たちです。

女性と触れ合った経験が少ないので、女性の望むことがわからず、プライベートな事柄を尋ねてきたり、自慰行為を見せようとしたりします。
実際、チャットレディの多くがキモ客に対してしんどい、気持ち悪いと感じており、耐えて働いている状況です。
ただ、チャットレディをする以上、キモ客は避けて通れません。
フィルタリング機能を使用してキモ客の姿を見ないようにすれば、男性客のキモさを軽減できます。

また、あえてキモ客の要望に乗って演技してあげれば、リピートの獲得に繋げられる可能性もあります。
女性経験の少ないキモ客は、女性に対する耐性に乏しく、お願いに弱い存在です。
最もリピートが期待できる存在なので、誠実に対応し、冷たくあしらうのは避けるべきなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする