添い寝リフレを辞める時に引き止められたりしない?

女の子から人気の添い寝アルバイトの実情

若い女の子から人気の添い寝リフレのアルバイトですが、今このアルバイトで辞める時の退店トラブルが問題となっているようです。

強い引き止めに合う女性や、辞めさせてもらえない女性、お給料の支払いトラブルなども起こっているそうです。
添い寝リフレ店によっては在籍数の少ない人数で営業しているお店も多いので、お店の在籍人数によっても辞める際の引き止めが強い場合があります。
お店の雰囲気に合う女性であれば誰でも添い寝店入店することは簡単ですが、人気が出れば出るほど辞めることが難しくなる傾向にあるようです。
添い寝リフレアルバイトで目標を達成した後、円満かつスムーズにお店を辞めるためにも良質な優良添い寝リフレ店へ入店することも意識してお店探しをしてみましょう。

添い寝店で退店時トラブル!?

トラブル誰でも始めやすいと人気の添い寝リフレのアルバイトですが、今この添い寝リフレアルバイトについて退店時のトラブルが問題となっているようです。
具体的にどのようなトラブルが起こっているのか一例をあげてみると、お店に「辞める」と言っても引き止められてなかなか辞めさせてもらえなかったり、退店後もお店のホームページで自分のパネル写真を使われたりと、辞める際・辞めた後もお店のことで悩む女の子が増加しているようです。

そもそも、添い寝リフレのアルバイトは一生続けるアルバイトではありません。
女の子はいつか辞める時が必ずやってきます。
退店の理由は人によって違いますが、女の子がお店を辞めることはとても自然なことなのです。
今どの業界も人手不足という現状もあり、添い寝店でも在籍数ギリギリの状態で営業をしているお店もあります。

女の子の人数がギリギリの状態で営業しているお店は女の子1人1人がとても貴重な人材となるので、辞められては困るというお店の言い分もあるようですが、お店の在籍人数に関わらず元々引き止めがきついお店もあるようです。
引き止めがきついお店に当たると、なかなか辞めることが出来ないだけでなくお給料を支払う・支払わないなどの問題も出てくるようで、スムーズに辞める事は容易ではないようです。

違法店への入店に注意しよう!

法律添い寝リフレ店の店舗数が急増して来たのはここ最近の事ですが、同時に風俗まがいの添い寝店数も一緒に増えたため、女の子の間では添い寝リフレ店への入店に対して警戒する動きもあるようです。

女の子の高収入アルバイトとして昔から存在している風俗店やキャバクラのアルバイトなどは、女の子の認知度が高く、どのようなサービス内容かも知られるところとなりましたが、添い寝リフレ店では際どいサービス内容から風俗サービスを含む違法性の高いサービスを提供している店舗もあり、その全容は計り知れません。
添い寝リフレアルバイトは本来「風俗サービスがなく、キャバクラより簡単な接客」というのが売りのアルバイトですが、お店によってはキャバクラ並みの営業と風俗店と同じようなサービスを求められることもあるのです。
中には、添い寝リフレ店に面接に行くと「風俗店を紹介された」というパターンもあるようで、添い寝リフレ店によっては風俗店の系列店であることもあります。
時には添い寝リフレ店自体が存在しない求人広告など全く嘘の求人であることもあるので、今から添い寝リフレアルバイトを検討中の方は注意が必要です。

面接に行く際は、お店のホームページや営業実績などを調べてから行くことをお勧めします。
また違法性の高い添い寝店ほど人材が集まりにくいため、一度入店するとスムーズに辞めることが出来ない場合もあるようですので、よく考えてお店を選ぶようにしましょう。

裏オプションで性病のリスクが上がる!?

細菌添い寝リフレアルバイトは一見性病とは無縁のアルバイトのように思いますが、添い寝リフレアルバイトでも風俗サービスを提供しているお店や、裏オプションを提供している女性は性病になる危険性も十分あります。
特に近年全国的に広がりを見せている「梅毒」については、いつどこで感染するかも分かりませんし、性病に感染すると時には収入以上の体のリスクを背負うこととなります。
添い寝リフレアルバイトはお店に合う女性であれば既婚未婚は問わないお店が多いのですが、特に結婚している女性の場合は、性病は一人の問題ではなくパートナーへの感染のリスクも伴いますので、安易に性的なサービスを行うべきではありません。
添い寝リフレ店の中では、健全なサービスのみで貯金を作って、お店を辞める女の子もおられます。

せっかく働くなら、辞める時に後悔のない働き方をしたいものですよね。

優良添い寝店のアルバイトを心がけよう!

添い寝リフレアルバイトは、働き方によっては3時間から4時間位で2万円位のお給料を稼ぐことも可能なアルバイトです。
「欲しいものはたくさんあるけど、長時間は働きたくない」「風俗は嫌」「水商売のようにお酒を飲みたくない」など一見高収入アルバイトのデメリット部分が解消されているようにも感じます。

添い寝リフレでバイトを始めるにあたって特別な資格などは必要ないため未経験者の女性もすぐに始めることが出来ます。
添い寝リフレ店はお昼間から営業しているお店も多いので、パートタイムでアルバイトすることが可能です。
シングルマザーの女性も働きやすい職種だと言えるかもしれません。
ほとんどのお店が日払いでお給料を受け取ることが出来るので、急な支払いに困ったときにも添い寝バイトは役に立ちます。

この時点では添い寝バイトはとても好条件のアルバイトのように感じますが、あまりにも好条件すぎるお店は少し立ち止まって考えてみましょう。
例えば、「1日10万円以上稼げる」などと書かれているお店はサービス内容を疑った方がよいと思います。
よっぽどの人気嬢であれば話は別ですが、1日10万円稼ぐことは風俗店でも難しいものがあります。
このような求人は風俗まがいのサービスか、風俗店へと誘導するダミー求人である可能性があるのです。

では悪質な添い寝リフレ店や風俗求人のダミー店に応募しないためにはどのような添い寝リフレ店を選べばいいのでしょうか?
まずはオフィシャルサイトを見た際に、求人広告以上の過激なサービスがメニューにないかを確認してください。
過剰なサービスがあるとその分お給料は上がりやすいですが、風俗サービスに近い際どいサービスになればなるほど、客層も風俗客に近い男性の利用が増えます。
そのような客層が増えると、女の子は過激なサービスを求められる回数が増えますので負担が増加しますし、性病のリスクを伴うこともあるかも知れません。

風俗営業の許可や届け出をしている添い寝店では、このような風俗サービスを提供することも可能ですが、届け出や許可をとっていない添い寝店で風俗サービスを提供することは違法です。
お店がどのような形態で営業しているのか女の子は分かりにくいと思いますが、違法なお店で働かないように、働く側もお店にことを理解しておくことは大切なことです。
辞める時の引き止めが強いかどうかはお店によりますが、優良店ならば名残惜しみつつも笑顔で見送ってくれることでしょう。
添い寝アルバイトで貯金をして辞めるもよし、遊びまくるも良し、健全な営業をしている優良添い寝店を選んで良いアルバイトライフを送りましょう!

スムーズな退店が出来るお店を探そう!

虫眼鏡添い寝店の中には、風俗サービスや裏オプションなどの性的サービスを提供している店舗もあります。
風俗サービスを提供する為には、風俗営業の届け出や許可を得なければならないので、その手続きをせずに性的なサービスを提供しているお店は違法店となります。
最近ではこの違法添い寝店に対して取り締まりが強化されていますが、違法サービスや裏オプションが消えることはありません。

これらの違法店では辞める際の引き止めが強いようで、退店時にトラブルが起こりやすい傾向があります。
違法店で働くと、性病のリスクや摘発による家族バレなどのリスクも大きくなりますので、正しく営業している優良添い寝店で働くようにしましょう。
優良添い寝店では、高額な貯金をためて辞める女の子も存在します。
無理のない働き方で、目標達成後はスムーズな退店が出来るお店を探しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする