キャバクラ業界で客入りが多い時期とかありますか?

キャバクラ業界で客入りが多い時期とかありますか?

キャバクラは時給制で働くことがほとんどなのですが、指名などが入ると指名バックとして給料とは別に手取りを稼ぐことが出来ます。
それだけに客入りの悪い閑散期になると給料が低迷しやすく、暇過ぎてお茶引き嬢となってしまうリスクがあります。

その一方で、繁忙期ともなると客入りが増え、普段は人気のないキャバクラ嬢であってもつきっぱなしになることもあるだけに、非常に稼ぎやすいです。

キャバクラ嬢が稼げる時期

お金固定給のOLであっても仕事が多い時期となると残業なりやすく、残業代が出るため、いつもよりも多めに給料が稼げるものです。

キャバクラ嬢も指名されたり、ドリンクを注文されると、指名バックやドリンクバックが追加されるため、給料が増えます。
キャバクラ嬢の給料は時給で働いた分と、さらにこのバックをプラスした金額となります。
特に売り上げバック式のキャバクラ店の場合、自分が稼いだ売り上げの内、数パーセントを給料としてもらえるため、普段から指名率が高く、つきっぱなしになることが多い人気キャバクラ嬢ともなると、月収が軽く100万円を超えることがあります。
特に12月のような繁忙期ともなると、一年で最も客入りが多く、稼げる時期となります。

12月といえば丁度会社員にボーナスが支給される時期であり、何より年末ということもあってキャバクラを利用する男性が増えます。
それだけに、この時期になると人手が足りず、高時給で求人を応募するキャバクラ店も多くなります。
まさに12月はキャバクラ嬢が最も稼げる時期と言えるでしょう。
キャバクラの高級店といえば給料が良い反面、採用の基準が高いことで有名です。

高級店によっては応募者100人に対して1人しか採用しないというケースもあるほどです。
そんな高級店ですら、繁忙期ともなると人手不足をカバーするため、採用の基準を緩くすることがあります。
もしもキャバクラの高級店で働きたいと考えているのであれば、このような繁忙期を狙うと採用されやすいかもしれません。
さらに、繁忙期などの忙しい時期となると、平時よりも時給が500円から1000円ほど高くなることがあります。

このように、応募する側にメリットの高い繁忙期ですが、いざ12月が過ぎてしまうと途端に閑散期へと突入し、客入りが悪くなり、暇過ぎてお茶を引くキャバクラ嬢が出てくるようになります。

キャバクラが稼げない時期

Coin12月の繁忙期とは一転し、1月からは閑散期となります。
特に2月と8月は一年を通じて最も暇過ぎる閑散期となるだけに、求人の数は少なく、採用の基準も自ずと高くなるため、応募しても不採用になる可能性が高いです。

このような客入りが途絶える閑散期ともなると、流石に毎日毎晩荒稼ぎすることは人気キャバクラ嬢であっても難しいでしょう。
つきっぱなしになる日は少なくなりますし、リピーターがいない不人気なキャバクラ嬢ともなるとお茶引き嬢になってしまうリスクがあります。
2月というのは年末年始の飲み会や忘年会、新年会を経た後なだけに、多くの男性がお金を使い切った状態となっていることが多く、それだけにキャバクラを避ける傾向が高くなります。
さらに、年末年始の休みを通じて家族サービスに力を注いだという男性ほど、2月はキャバクラ通いを控えるものです。

8月も同様で、世の多くの男性はお盆休みにお金を使ってしまうことが多く、キャバクラに通うだけの金銭的な余裕がないため、この時期は閑散期になりやすいです。

閑散期のリスク

キャバクラが閑散期に突入してしまうと、客入りが悪くなってしまいます。
そのため、早上がりするキャバクラ嬢が増えるようになります。

普段より早上がりするということは、その分だけ給料が減るということです。
特に高時給なキャバクラで働いている女性ほど、手取りが大きく減ってしまうことでしょう。
さらに、暇過ぎるお茶引き嬢を出勤させても無駄に人件費が嵩むため、お店としては指名率の低いキャバクラ嬢のシフトを調整するようになります。
人気のあるキャバクラ嬢であれば問題ないのですが、不人気なキャバクラ嬢だとお店側から評価されている場合、真っ先にシフトを減らされることでしょう。

客入りの悪い閑散期ともなると、お店の売り上げが落ち込んでしまいます。
そのため、お店によっては店長やスタッフからもっとお客さんを作れと圧力をかけられたり、ノルマを強要させられることがあります。
ここで営業をし、ノルマをクリアすることが出来ればお店からの評価が高くなるのですが、それが出来ず、相変わらず暇過ぎるお茶引き嬢のままだと、やがてクビになる恐れがあります。

閑散期を乗り越えるコツ

繁忙期ともなると多少サービスが下手であったとしても、指名が獲れやすく、キャバクラ嬢の手取りは増えやすいです。
しかし、閑散期ともなると、そうはいきません。
客入りの悪いこの時期を乗り越えるためには、指名数の多い人気キャバクラ嬢となる努力が不可欠となります。
では、具体的にどのような努力をしたら良いのかというと、まず閑散期を乗り越えるためには繁忙期にしっかりとお客さんを作っておくなどの下準備が必要となります。

客入りが良くなる繁忙期に一人でも多くのお客さんを相手に接客し、サービスするなどして見込み客を作っておくことで、いざ閑散期に突入しても安定した指名数を確保することが出来ます。
もちろん、ただ見込み客を作るだけでは閑散期を乗り越えられません。
お客さんと連絡先を交換したら、定期的にメールを送るなどして、連絡を取り続けましょう。
いつも連絡をし続けると、お客さんとしてもたまにはお店に行ってみようかな、という気持ちになりやすく、指名率が高くなりやすいです。

ただ、お客さんの中にはアフターを目当てに来店する男性もいるものです。
そのため、アフターは絶対にやらないと言うと、お客さんから逃げられる恐れもあります。
給料を本気で増やそうと思うのであれば、アフターも視野に入れて営業をかけましょう。

稼げるお店に移籍

回転 矢印閑散期になると最悪のケースとしてクビになることもあるのですが、そもそも閑散期に稼げないのは果たしてキャバクラ嬢個人の責任なのでしょうか?
確かにキャバクラ嬢の中には連日連夜つきっぱなしになるような人気嬢がいる一方で、暇過ぎる毎日を送っているお茶引き嬢もいます。
お茶引き嬢の中には接客やサービスが下手など、本人の資質が原因で不人気になる女性がいる一方で、お店の知名度が低く、それが原因でお茶を引くキャバクラ嬢もいます。
知名度が低くて客入りが悪かったり、面接で聞いていた内容よりも手取りが低いなどの悪質なキャバクラ店に勤務している場合、たとえ繁忙期になったとしても他のキャバクラ店よりも稼げない恐れがあります。

それならば、稼げるお店に移籍しましょう
移籍先としてオススメのキャバクラ店といえば、まず知名度の高いお店があります。
さらに昔からあるような経営年数の長いキャバクラ店ともなると、非常に知名度が高い一方で、集客のノウハウもあるだけに、客入りが良いです。
他にも、キャストが少ないキャバクラ店なども稼ぎやすくてオススメです。

というのも、女性キャストが少ないということは、シフトを調整される危険が少ないからです。
キャバクラは普通の低時給なバイトと比べると、格安のお店でもなかなかの高時給です。
シフト調整される心配がないキャバクラはまさに、安定して稼げるお店となります。
出来るだけ好待遇で、しかも面接の基準が緩いお店で働きたいと考えているのであれば、新店を選ぶと良いでしょう。

開店したばかりのキャバクラの新店は、まだ女性キャストがいないため、キャバクラ嬢を大量採用していることが多いです。
さらに、出来るだけ沢山の女性に来て欲しいということもあってか、給料やバックの条件が良いです。
さらに、オープンしたばかりの新店にはフリーのお客さんが来店しやすく、客入りが良いです。
繁忙期のキャバクラはどこも客入りが良く、いざ入店すると長時間つきっぱなしになることもあります。

その一方で、稼ぎが良く、高額の手取りを期待できます。
それだけに、少しでも多く稼ぎたいと考えているのであれば、繁忙期のお店を探しましょう。
それも、知名度が高く、閑散期であっても集客が見込めるお店などが稼ぎやすくてオススメです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする