チャットレディのアルバイトにノルマはありますか?

チャットレディのアルバイトにノルマはありますか?
チャットレディは「自分のペースで好きなだけ稼げる」として人気のアルバイトです。
特に制限が無く自由に稼げるのは魅力ではありますが、仕事である以上はノルマが気になります。
「特に指定されていないのだからノルマはない?」
「指定されてなくても客商売なのだからノルマはある?」
風俗バイトや接客バイトでは存在しているノルマ。
チャットレディではノルマはないのか?
など、チャットレディのノルマについて簡単にですが紹介します。

なぜノルマがあるの?

Whyノルマとは、企業などの雇い主が労働者に貸せる仕事の基準値の事です。
企業を動かすには様々な費用が掛かります。
研究費、材料費、光熱費、それと人件費もかかります。
企業は会社を倒産させない為に、社員が仕事をして稼いでもらわなければなりません。

会社の業績が上がることで売り上げが伸び、運営費用を稼げて尚且つ貯金が出来ればノルマを設定する必要ありません。
ですが、毎回うまくいくわけではなく、時には赤字になることもあります。
そのようなことがない為にも、「最低これだけ売れば赤字にならない」という基準を決め、それ以上を稼いでもらう為ノルマとしています。
長々しいですが、ようは「雇って挙げているのだから、せめてこれくらいは稼いでほしい」という期待を込めてノルマとしています。

風俗にもノルマは存在しており、人気が出て稼いでもらう為に出勤日数や勤務時間などにノルマを課せています。
ですが、風俗は給料保証があるとはいえ、出勤やログインして接客しなければ給料は出ず、人件費はかからないシステムです。
他の風俗嬢から運営費は徴収することが出来る為、ノルマが達成できなくても見風俗店にはあまり影響はないでしょう。
その為、風俗店にとってのノルマは「運営するために必要な金額」ではなく「指名が無い女性を雨させる目安」にノルマを設定している様子があります。

何にせよノルマは達成できなければ、罰金などの罰則があるシステムと言えるでしょう。
諺の「働かざる者食うべからず」は、まさにノルマに当てはまる如実な言葉だと思います。

チャットレディのノルマ

チャットレディのノルマはありません。

一日の放送時間が10分でも5時間でも構わず、毎日放送しても逆に1か月放送しなくても、とくに運営側から指示されたり罰則されたりなどはありません。
ただし、放送しないということはチャットする利用者もいないわけで給料はでません。
時間があるときに長く放送し、忙しい時にお休みします。
また、登録も自由ですが、辞めるのも自由で罰則や契約などもありません

チャットレディは放送内容だけではなく、放送時間や日数、果ては登録状況まで女性任せの自由な仕事であると言えでしょう。
ただ、通勤型のチャットレディは、自宅で出来る登録型のチャットレディとは少し違うようです。
ちなみに、サイトにログインしている時間の事をノルマとも言うらしいですよ。

通勤型チャットレディ

車 日本チャットレディの多くはノルマがありませんが、事務所や店に出向いてチャットする、通勤型チャットレディではノルマを課せている場合があります。
自宅で行うチャットレディでは、会社とは違い場所代や人件費などはありません。
また、光熱費や設備費用も自分で用意する為、借金でもしない限りは強制ではなく、稼がなくてもいいのならチャットレディを休んでも構いません。
何でしたら別の稼ぎ方を見つけて辞めてしまっても構わないでしょう。

ですが、通勤型のチャットレディは組織で動いている為、稼がなくては職員を養えず、事務所が潰れてしまいます。
電気代、設備費用、人件費など、それらを支払う為にもノルマ課す必要があります。
ノルマの種類は事務所によって違いますが、大体は出勤時間や勤務日数がほとんどで、厳しいところだと訪問数なんて場合もあります。
特に出勤に関しては厳しく取り締まっている場合が多いです。

風俗でもそうですが、「楽しみにしている女性がいるのに当日欠勤や遅刻などをして指名できない」なんてことだとがっかりしてしまいます。
それが1~2回ならともかく4~5回、果ては10~20回となってくると愛想が尽かされ指名されなくなるでしょう。
チャットレディでも同じことで、当日欠勤や遅刻により愛想が尽かされ利用されなくなり、稼ぐことが出来なくなっていきます。
神出鬼没やレア出勤なんて響きはいいですが、決まった時間でないと固定の客は付き難いです。

結局のところ利用してくれなければ稼ぐことはできない為、当欠や遅刻が多い女性は信用がなくなるだけではなく、稼ぎも少なくなっていきます。
当然稼ぎが少なければ組織を維持していけない為、女性にかかる費用を抑える為に解雇されてしまいます。
どの会社でも当欠や遅刻が多く、組織の決まりごとにだらしないと疎まれます。
また、稼ぎが少ないと組織にとって利益が無い為、解雇の対象になると言うことです。

このように、通勤型チャットレディは規則もノルマもあり窮屈ではありますが、決して悪い部分だけではありません。
通勤型だからこそいい部分もあります。
道具や衣装の貸し出し、より稼ぐためのアドバイス、同僚との情報共有、面倒な手続きの代理、仕事場が与えられるため集中できるなど、自宅で行う登録型では出来ない事もできるようになります。
ノルマと聞くと「達成できないとどうしよう」などと不安になると思いますが、逆に気を引き締める為に必要なことだと思います。

それと、通勤型チャットレディでもノルマが無い事務所もあります。
その為、後のトラブルを防ぐためにも求人応募の際、ノルマは罰則などを確認することをお勧めします。

ノルマが無くても自主的に行う必要がある

お金ノルマが無いということは、仕事をしなくても問題ないということです。

仕事をしなくてもいいことはうれしいことではありますが、仕事をしなければ稼ぐことが出来ません。
チャットレディを行う理由は当然「お金」の為です。
それなのに稼げないようではチャットレディを行う意味がありません。
ノルマが無いからと言って仕事をしない訳にはいかないということです。

ただし、がむしゃらにチャットレディを行えばいいというわけではありません。
稼ぐための要点を抑え実施し、休む時には休む、稼ぐ時にはよりたくさん稼げるように、話術や特徴を磨き顧客を獲得できるようにしましょう。
最終的にランカー嬢にとまではいかずとも、毎月安定した収入になる様な稼ぎ方が出来るようになればチャットレディとして一人前です。

チャットレディの稼ぎ方

チャットレディで稼ぐには、長くログインしてもらうか、チャットに大勢参加してもらうかの、どちかになります。
しかし、どちらの場合でも興味が引かれるような魅力が必要です。
チャットレディは利用者と女性が会話を行う場です。

その為、一番必要とされているのはコミュニケーション能力です。
聞き上手、話し上手、どちらでもかまいませんが得意な様ならとても有利に行えます。
そうでなくても、利用者の話に頷いてあげたり、話題を提供したりすることで利用者は話しやすくなり、ついつい長話になっていきます。
また、ライブカメラがあるチャットなら容姿も重要になります。

たとえばですが、商品を選ぶときはなるべく綺麗で見た目が良い物を選ぶと思います。
それと同じように、多くの女性の中から選ぶなら美人な女性を選びます。
「人間は内面が大切」とは言いますが、それは相手を知っているから言えることで、情報が無ければ見た目でしか判断が出来ず、見た目だけで判断されます。
新規の利用者を手に入れるためには、ぱっと見の美しさが必要であると言えるでしょう。

それに、アダルトでも非アダルトでも、会話したり見たりするのなら美人な方がいいに決まっています。
容姿は絶対とは言いませんが、容姿を気にした方が利用者は増えていきます。
それと、猥談にも慣れておいた方がいいです。
アダルトチャットはもちろん、非アダルトチャットであっても猥談になる場合があります。

あまりしつこい様なら強制退出を考えなければなりませんが、友人同士で行うような軽い猥談程度なら答えてあげた方がノリが良くなります。
猥談に対してどように対処するかは個人の自由ですが、猥談に慣れ利用者を手玉に取れるようなら、さらに稼げるようになるでしょう。
他にも、マニアな話など幅広い知識があると様々な利用者に対処できるようになります。
ただし、あまり詳しく話してしまい、個人情報が流出しないように注意しましょう。

話術、容姿、知識など売りにする魅力は人それぞれです。
ですが、いくら魅力があったとしても伝わらなければ意味がありません。
Twitterやブログなどからチャットレディを宣伝し、より多くの人に魅力を伝えましょう。
チャットレディは利用者を待つのが仕事です。

ですが、待つだけでは稼ぐことはできません。
自分の魅力を理解し、魅力を伸ばしていけるように努力をすることが、稼ぐ秘訣です。

まとめ

チャットレディは、「稼ぎたいときだけ仕事をする」という、まさに自由な稼ぎ方です。

「今日は疲れたから休み」「寝坊したから遅めの出勤」など、会社勤めではできないような怠惰な日々を送ることが出来ます。
ですが、働かなければ稼ぐことはできません。
「なぜチャットレディを始めたのか?」
休みが多くなるようなら、気持ちを原点回帰してみましょう。
たとえノルマが無くても、稼ぐために積極的にログインをしましょう。
そして、より稼ぐために大勢の利用者から支持されるランカー嬢を目指して頑張って見ましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする