手コキ専門店とオナクラの違い

「ソフト風俗」と呼んで良さそうなジャンルが確立されつつあります。
ソープランドのような本番行為はもちろん、デリバリーヘルスのような素股も、ピンクサロンのようなフェラチオも、それどころか男性客からのタッチが一切禁止(!)なんていう仕方でサービスを提供する風俗です。
こういったソフト風俗は、風俗のお仕事が初心者の女性にも始めやすい業種として最近、脚光を浴び始めて来ました。

本記事では、そんなソフト風俗の代表、手コキ専門店とオナクラの違いについてご説明したいと思います。

オナクラとは・・・?

質問オナクラとは「オナニークラブ」の略称です。
いま運営されている風俗の業種の中で最もソフトと言えるのが、このオナクラだと言えるでしょう。

そもそも風俗とは何をもって「風俗」と定義するのでしょうか。
この話で良く問われるのが「キャバクラは風俗か?」ということです。

確かに風俗求人サイトなどではキャバクラも紹介されていますし、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)にもキャバクラは含まれています。
しかしキャバクラは厳密な意味での風俗ではありません。
風営法での言葉の定義もありますが普通、私達が「風俗」と呼んでいるものは、ヌキつまり男性客を射精へと誘うサービスを提供するものです。
この類のサービスはキャバクラでは提供されていませんから、従ってキャバクラは風俗ではないわけです。

ストリップショーもこの観点から言えば「風俗」ではないことに成ります。
さて、この風俗と非風俗の境界線となるヌキの行為ですが、簡単に考えて女性から男性への肉体接触が無ければ不可能のように思えます。
典型的なのはピンサロこと「ピンクサロン」でしょう。
ピンサロは風俗です。

では、ピンサロではどうやってヌキを行うのかというとフェラチオによってです。
シャワーヘッドしかし、ピンサロにはお風呂もシャワーもありません。
そこでピンサロ嬢が、おしぼりを何枚も使って男性客のペニスを掃除してからフェラをするのです。
単純に考えて、ここ(ピンサロ)が「風俗」の底辺、つまり「これ以下のやり方ではヌキのサービスを提供することはできない」と思われるところでした。

昭和系の風俗関係者ならみんなそう答えるはずです。
しかし、もっと違うやり方で男性客のヌキを成功させる手段があるのではないか、という考えを持つひとも出て来ました。
そういったひとたちが考案した「超ソフト風俗」それが、オナクラなのです。
オナクラでは、なんと女の子は男性客を「見る」だけで良いです。

いわゆる「視姦」です。
もちろんオプションで、もっとディープな風俗的プレイも追加料金をもらってやることもありますが、基本は視姦です。
そんなことで男性客はヌキ(射精)に至ることができるのでしょうか。
ひとつ考えられる簡単なパターンは、男性客が完全なM(マゾ)気質である場合です。

この時、オナクラ嬢は女王様役に成り、自分には触らせず言葉攻めで男性客をヌキ(射精)にまで至らせることができます。
しかしオナクラが客として考えているのは、そういったタイプの男性ではありません。
M(マゾ)でも童貞でもない、普通の男性客です。
では、どうしてそんな男性でも「視姦されるだけの風俗=オナクラ」にお金を使おうと思うのでしょうか。

自分のオナニーを見られるなんていうプレイ内容だけで満足できるのでしょうか。
満足できる理由が少なくともふたつ考えらます。
理由のひとつ目は、ただ単に料金が安いということです。
安いオナクラ店だと料金は20分くらいで2,000円くらいに成ります。

個室でビデオ鑑賞なんかしながら、女の子に軽く自分の恥ずかしい姿を見てもらって「サクッとヌク」ということをしたい気分のときには男性にはあるようです。
そういった男性客ならオナクラでも十分満足ができるわけです。
もうひとつは普段会わないような純情可憐な女の子と秘め事をしたいという男性のささやかな欲望が適う、という理由が考えられます。
例えば、どロリコンでなくても女子○×みたいな娘とエッチなことをしてみたいという願望を持つ男性は少なくないでしょう。

でも実際にそういった場面に成った場合、彼らは肉体的接触に及ぶでしょうか。
マトモな男性でしたらロリータ相手に肉体的接触に及ぶのは躊躇(ちゅうちょ)するはずです。
別に法律がどうとかそういう問題ではないと思います。
単純に大人としての自分にかかるブレーキみたいなものだと思います。

そこで代わりに、相手を汚すことなく自分が快楽に至るプレイとして、視姦を選ぶわけです。
こう考えると、ロリータ系の女の子に視姦されるオナクラプレイが、男性客がオナクラで求める中心であることも了解されるはずです。

オナクラの特徴まとめ。

チェックリスト以上がオナクラと呼ばれる風俗の特徴です。
まとめると次のように成るでしょう。
・風俗だから、ヌキ(射精)はする。
・しかしヌキに男性客に誘う際、一切肉体的接触は無い。
また在籍女性については上に述べた説明により、次のような特徴があります。
・ロリータと言えるほど清純無垢でかわいい娘。
処女ならなお良い。
実際、こういった特徴をもつ女の子を集めているオナクラ店が多いです。
逆に言えば、そうでなければ男性客のほうがお店に価値を見出さなくなるという傾向にあります。

手コキ専門店とは・・・?

このような「究極」ともいえるソフト風俗の形態がオナクラです。
究極と言えるだけあって、プレイ内容のソフト度は半端ではなく女の子のほうはほとんど無傷でサービスを終了できます。

しかしその分、男性客から求められるオナクラ嬢の質というのも非常に高く、清楚華憐で処女のロリータといったのが大方オナクラ嬢としてベストな女性でしょう。
けれども、そんな娘はそうそう居ません。
居たとしてもそもそも風俗の仕事をしないでしょう。
そこでお店側が、オナクラほど清楚華憐ではない代わりに、すこし踏み込んだ風俗のサービスをするということで始めたのが「手コキ専門店」です。

手コキ専門店では女の子の質が少し落ちる代わりに、男性客のペニスをしごくという「手コキ」のテクニックをすることが求められます。
ただ、特別に「ゴッドハンド」である必要は無く路線的にはオナクラと同じまま、ぎこちない感じでやってもらって結構です。
お店側は、オナクラ店ほど初心(うぶ)な娘は要求していませんが、それなりに場慣れしていない娘を求めています。
すくなくとも若さは不可欠だと思ってください。

25歳くらいが限界でしょう。
・・・ただ実際問題としては、童顔の30越えの女性が働いていることはかなりよくあります。

バック率と給料。

男性客が支払う料金は、手コキ専門店のほうが高いです。

これはプレイ内容上、仕方が無いと言えば仕方が無いでしょう。
しかし、オナクラ店でもオプションを積み重ねれば余裕で、手コキ専門店の給料を超えます。
バック率は、手コキ専門店もオナクラ店もともに50パーセントから70パーセント。
一日の稼ぎは1万円から3万円と、普通の風俗に比べるとすこし安めになってしまいます。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
いま話題のソフト風俗の代表格、手コキ専門店とオナクラを、その違いに注目してご紹介させて頂きました。
給料面では、このふたつの業種はさほど違いがありません。

しかし、プレイ内容において、ふたつは大きな違いがあります。
風俗の入り口として、自分の好みに合わせて、このふたつの業種のいずれかを選ぶのは賢い選択だと言えるでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする