キャバクラ未経験がすんなり採用される方法

昨今問わず、風俗業界やお水業界など、いわゆる「夜の世界のお仕事」の中でも、圧倒的な人気を集めているのが、キャバクラです。
お客様の隣につき、お酒を作ったりタバコの火をつけるのにアシストしながら、お客様との談笑や疑似恋愛を通じて、癒しと楽しいひと時を提供することが、キャバクラのお仕事になります。
高級なドレスを着て、高級なシャンパンやワインなども楽しめるお仕事で、時給が3,000〜4,000円と一般のアルバイトよりも非常に高くなることから、若い女性を中心に支持を集めています。

特に女子大生やOLといった若い女性が、「学費を支払うために」「生活費の足しにしたいから」「欲しいものを買いたいから」などの理由から働くことを希望している方が多く、実際にキャバクラ店で働いている女性も、本業が終わってからの副業として働いている女性も非常に多くいるのです。
しかし、キャバクラはお水業界未経験の女性が働くには、非常に厳しい環境に感じられます。
特に、ガールズバーやスナックのような、カジュアルな業態とは違いますので、正しいマナーや敬語、そして気遣いを必要とされているのです。
そのため、業界未経験の女性が気軽に働けるような業態ではなく、働けたとしてもあまり稼げないまま、キャバクラ嬢としての旬が終わってしまう可能性もあるので、面接を担当するキャバクラ店の店長は、しっかり稼げるキャストかどうかを見極め、採用の可否を決定します。

それでは、キャバクラ未経験がすんなり採用される方法というのは、あるのでしょうか。
また、その方法を取る際には、どういうポイントに気をつければいいのでしょうか。
ここでは、キャバクラ未経験でも働きたい女性がすんなり採用されるポイントについて、ご紹介します。

採用される最短距離は、面接よりも体験入店!

面接まず、キャバクラ店で働きたいと考えた時に、求人を探すことから始まると思います。
キャバクラ店の求人は、インターネットの高収入アルバイト求人サイトであったり、キャバクラ専門の求人サイトで検索し、応募することができます。
しかし、そこから応募して面接に挑むのではなく、体験入店から採用していただくことで、不採用の可能性をグッと減らすことができます。
なぜかというと、面接であれこれと自分のことをアピールするよりも、実際に体験入店で働きぶりをお店に見ていただいた方が、お店側としても「このお店でやっていけるかどうか」という判断をつけやすいからなのです。

面接では、言ってしまえばどんなことでもよく伝えることができますので、仮にできないことであっても「できます」と言ってしまえば、それを店側は信じて印象をプラスに持っていきます。
しかし、実際にお店で働くことになった際に、「できます」と伝えたことが全くできていなければ、お店側としては採用に失敗してしまうのです。
特にこうしたキャバクラ店であれば、ガールズバーやスナックのようなカジュアルな雰囲気ではなく、ある程度の「高級」「ラグジュアリー」をコンセプトに持っていますので、接客やマナーの部分でミスマッチが起きてしまい、お客様に対して粗相をしてしまうなどが万が一あれば、お店の評判を下げ、看板に傷をつけることになります。
キャバクラ嬢自体はクビにされたら終わりかもしれませんが、看板に傷がついてしまうと、お店として受けるダメージは大きなものになります。

もちろん、体験入店で適性を見出されなければ、体験入店でも不採用になってしまうかもしれません。
しかし、「採用される」ことが目的ではなく、「採用され、働き続け、理想のお給料額を稼ぎ続ける」というところが目的なのであれば、必ず体験入店から採用の可否を判断していただくほうがいいでしょう。
体験入店から採用か、面接で採用かというのは、採用までのプロセスから、稼ぎ続けられるかどうかというポイントまで、何もかも違います。
未経験であればあるほど、体験入店からの採用ルートにチャレンジすることをおすすめします。

体験入店時に、店長からの評価を上げるポイントは?

チェックリストキャバクラ業界で働いたことのない女性が採用されやすいルートとして、体験入店から応募をすればいいというふうにお伝えしました。
ただ、体験入店時でも、そこで「この子はうちの店ではやっていけなさそうだな」と判断されてしまった場合、結果的に不採用になってしまいます。
そうした事態にならないためにも、ここでは体験入店時に評価を上げるためのポイントをいくつかお伝えします。

まず1つ目は、正しいマナーと敬語を勉強しておくということです。
少し前述させていただきましたが、キャバクラを利用されるお客様の層は、同じお水業態であっても、ガールズバーやスナックのお客様層とは異なります。
ガールズバーやスナックの場合、その庶民的な雰囲気やリーズナブルな料金体系が魅力になるので、お客様層はたいていが大学生やサラリーマンで、かつ平社員ということになります。
しかしキャバクラのお客様層というのは、それらに比べても金額も上がりますので、必然的に地位もあがります。

例えば経営者層であったり、役員であったり、何かしらの役職者であったり、地位とお金があるような方がメインの客層となるのです。
そうした方は、カジュアルでフランクな付き合いよりも、やはりある程度のマナーや礼儀をわきまえた女性に対して、いい印象を持つことがほとんどです。
高級店顔負けの正しいマナーと敬語を身につけておくことで、「若いのにこうした層に気に入られることもできるのか」とお店に評価していただければ、欲しいキャストと思っていただくことも可能です。
次に2つ目は、体験入店のためにお店を訪問する際のメイクやファッションは、トレンドを意識したものでいくということです。

キャバクラのお仕事というのは、ただお酒を飲んでお客様と談笑することでお金を稼ぎ続けられるほど甘いお仕事ではありません。
特にナンバー入りしているような人気嬢であればあるほど、美容やファッションなど、自分を綺麗に見せるための努力を怠っていないのです。
稼ぎ続けるためには、常に自分を綺麗に見せる努力が必要とされるキャバクラのお仕事では、ファッションやメイクをいつまでも前のトレンドのものを使用し続けているだけで、評価がマイナスになってしまいます。
店長や店員もそうしたトレンドには敏感ですし、こうした部分はお客様から見ても「昔、あのメイク流行ってたよね」なんていうふうに、明確ではなくても何となくで「前の流行りをまとっている」ということがバレてしまいます。

メイクやファッションのトレンドには敏感だということを、店長や店員にアピールするためにも、そうした部分でのトレンドはしっかり抑えるようにしておきましょう。
3つ目は2つ目と少し似たようなポイントになりますが、そのキャバクラ店の系統であったり、そのキャバクラ店で人気のあるキャバクラ嬢の系統に合わせて、メイクやファッションを決めて来店することです。
昔はキャバクラ店といえば繁華街や飲屋街にのみ出展されていたものの、今では小さな街でもひっそり経営されているキャバクラ店はいくつもあり、キャバクラ店が増えていくにつれて、様々なコンセプトのお店が出店されていきました。
地域によっても変わりますし、お店によっても清楚系のキャバクラ嬢が人気のお店もあれば、ギャル風のキャバクラ嬢が人気のお店もあります。

表彰台もちろん、ナンバー入りするほど人気が出るキャバクラ嬢というのは、1つ目のポイントで紹介した接客やマナーに長けているというポイントもありますが、やはりキャバクラ店なので容姿も大きなポイントの1つになります。
人気嬢には必ず共通点があると思いますので、そこを見つけ、メイクやファッションに適用することで、お店からも採用したくなる可能性をグッと引き上げられますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

キャバクラ未経験の場合、下手に面接を受けて後々ミスマッチを感じるよりも、実際に体験入店を経験して、採用の可否を決めていただくことをおすすめします。
その方がお店もそうですが、女性の方も「この店で働けるか」ということを、肌で感じることができるからです。
もしあなたがキャバクラ業界未経験で、働きたいと考えているのであれば、ぜひ体験入店にチャレンジしてみましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする