AV女優は18歳からでもデビューできる?

AV女優って何歳からデビューできるかご存知でしょうか?
結論から言ってしまうと、18歳以上で、なおかつ「高校生ではないこと」が条件です。
つまり、未成年者でも、なろうと思えば18歳になった瞬間から、AV女優になれるんです。
どうですか?

すごい、とか、驚いた!って思いましたか?
AV女優というのは、若ければ若いほど、単体デビューの可能性が高くなり、かなり高額なギャラが貰えて、なおかつ今後の可能性がどんどんと大きくなっていくものなんです。
18歳からAV女優としてデビューして、例えば40歳くらいまで、アダルトビデオのお仕事をした場合は、億単位で貯金が出来ていることだと思います。
凄いことだと思いませんか?

未成年でも、数十万~数百万というお金が稼げるのです。
でも、じゃあ逆にどうして18歳以下の女性は、AV女優としてデビューできないのでしょうか?
高校生だから?
それとも年齢的にアウトなの?

理由がわからないですよね。
今回の記事では、どうして18歳になったら、AV女優としてデビューできるのか、詳しく書いていきますので、その疑問を晴らしてしまってくださいね。

18歳以下の少女は、法律上の問題があってアウト

法律そうなんです。

成人していなければ、法律上では「少女」ですよね?
18歳になったってそうですよね。
法律上は「子供」です。
大人ではありません。

なのにどうして、18歳以上はOKで、以下はアウトなんでしょうか?
それは簡単なことです。
単に、法律が18歳未満の年齢を、「子供」として認めているからです。
逆に言えば、この法律が16歳未満を「子供」とした場合は、16歳以上なら、AV女優としてデビューできます。

日本の法律では、「青少年保護育成条例」や「風営法」で、18歳以上の男女なら、風俗店での勤務を認めているのです。
では、在学中ならどうでしょうか?
早生まれの人なら、まだ高校生なのに18歳になっている人もいますよね?
実は、法律では高校在学中だからアウト、といった規制は敷いていません。

しかし、高校在学中でも、風俗店で働いても良いということにはなっていません。
不思議ですよね。
18歳の誕生日さえ迎えてしまえば、高校在学中でも風俗店で働くことはできますし、AV女優になることだって可能と言えば可能なんです。
でも、高校生でAV女優としてデビューしている人なんて見たことがないですよね?

それはそのはずです。
なぜなら、AVプロダクションや風俗店側が、OKとしていないのです。
18歳以上だからOKなんじゃないの?
と思いますよね?

でもダメなんです。

高校在学中で18歳以上であっても、風俗店やAV女優デビューはダメ

No, 禁止法律で禁止こそされていませんが、かなりブラックに近いグレーゾーンです。
もちろん、AVプロダクションや風俗店の面接時に、年齢がいくつか聞かれます。

その時に18歳と答えれば間違いありませんが、高校生かどうか聞かれることが大半です。
高校は、中学校や小学校などと違い、義務教育ではありません。
しかし、18歳未満の男女ですから、少なくとも子供と定義されている年齢ですよね?
その子供と定義されている学生が通う学校ですから、いくら18歳だとしても、子供と同じ扱いになります。

成人していなければ、もちろん子供という扱いになるのは当然です。
18歳以上が法律上の問題を解決できていたとしても、子供と定義されている高校生を、風俗店やアダルトビデオに出演させるなど、倫理観の問題から、摘発の対象となりますし、最悪の場合は訴訟問題になることも想定できます。
また、20歳未満の男女は、成人と定義されていない以上は、保護者の同意なども必要になってきます。
仮に保護者を騙して、なおかつ風俗店やプロダクションに虚偽の申告をしていたとすれば、雇用する側の企業はもちろん、あなたの信用問題にも関わってくる話です。

風俗店やAVプロダクションが、あなたの虚偽の申告を信用するとは思えませんが、信用するに値することがあれば、その虚偽だってまかり通ってしまうことがあります。
法律に違反しなければ何でも良い、というわけではないということですね。
世間体というのはとても重要なことであると言えるでしょう。

虚偽の申告で、AVへの出演や、風俗店で働いた場合は警察行き?

手錠場合によっては、働いている側が逮捕される可能性は低いです。
雇用する側の企業は、ある程度、雇用される側の人間のことは調べますが、あくまでも働く側の申告ベースであることが多いです。
なぜなら、細かく調べる手段がないからです。
例として挙げるならば、あなたは未成年者で、17歳なのに、18歳と申告してうまくいって雇用されたとします。

免許証は持ってないし、保険証もないような状況ならば、あなたを証明する書類が無いことになります。
さすがにその状態で雇用する側にも問題はありますが、これで雇用された場合には、あなたは企業側に対し、「嘘をついていた」ということになります。
そのような状態で、万一にでものことがあれば、嘘が明るみに出ることになります。
普通の企業であれば、虚偽の罪で訴訟を起こされる可能性があり、非常に危険な状況です。

学歴についても同じで、高校在学中なのにも関わらず、中途退学や卒業などといった、嘘も訴えられてしまう要因の1つとなりえます。
未成年者を相手にすることですから、訴訟こそは起きないかもしれませんが、大きな問題になった場合は、その後の就職などに不利になってしまう可能性があります。
また、両親を相手取った裁判などに発展するかもしれません。
非常に怖いですね。

これらは一般的な企業と同じで、AV業界も風俗業界も一緒です。
普通の会社に就職するときも、わざわざ卒業もしてない大学を卒業した、なんて嘘はつかないですよね?
それと同じことで、18歳未満なのに、以上だと企業に伝えて雇用されることは罪になります。
もちろん、AVプロダクション側にも大きく返ってくることです。

年齢から見て、高校生だと思わなかったのか、ちゃんと調べなかったのか、など、企業として世間から厳しい目を向けられますし、警察のお世話になることもあります。
ですから、くれぐれも18歳以上になってから、AV女優デビューを目指してみてくださいね。

まとめ

AV女優としてデビューできる最年少は、ずばり18歳で、なおかつ高校在学中ではないことです。

もちろん、高校在学中ではないことが前提ですので、高校中退者でも問題ありません。
風俗嬢だって同じです。
未成年者、かつ18歳以上なら雇ってもらえますが、高校生ではないことが大前提ですので、アダルト業界で働くなら、高校を卒業してからです。
また、18歳からスタートするAV女優の大半は、売れっ子になっています。

仕事はどんどん舞い込んできますし、1回の撮影単価がとても高額なので、若いうちから金銭面で苦労することはないでしょう。
しかし、18歳からAV女優デビューするとなると、普通の女の子と同じような恋愛だとか、友達との遊びだとか、そういった青春を謳歌出来なくなる可能性がありますよね。
しっかりと後先を考えて、計画的にAV女優デビューを目指してみてください。
きっと、老後を迎えるまでに、かなり貯金が出来ていて、なおかつお金に困らない自由な生活が待っていることでしょう。

まだ18歳未満の方なら、もう少し辛抱して待ってみてはいかがでしょうか?

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする