AV女優のランク別月収を解説!

AV女優は何区によってお給料がガラリと変わるお仕事です。
AV女優は年収数千万もあるというような話をする人が多いので、とても稼ぎやすい業界のように感じられますが、テレビなどに出てくるのはAV女優の中でもごく一握りの超人気女優なのです。
そこでこの記事ではAV女優のランクとそれぞれの月収について解説いたします。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

AV女優の給料システムとは

お金 グラフAV女優の給料システムは風俗嬢とよく似ています。

風俗嬢の給料システムは完全歩合制になっていて、出勤してお客さんにつかなければ稼ぐことができません。
また、指名をたくさん取れる人気嬢なれば、どんどん仕事が増えていき、給料も上がっていきます。
AV女優も、普通のお仕事のように毎月決まった日時に仕事があるわけではなく、AVの撮影がない限りは働くことができません。
だから給料システムも普通の仕事のように時給や日給になっているわけではなく、お仕事をする量に従って変わる完全歩合制が大半です。

ただし、風俗嬢のように待機保証が設定されることはないので、AVの撮影がなければ月収0円になってしまうこともあるのです。
なお、AV女優の場合は、共演するAV男優がしっかりと性病予防をしているので、風俗嬢よりも性病感染するリスクが低いという特徴があります。
AV女優として働く場合、基本的にはAV事務所やプロダクションに所属することになります。
そしてAV制作メーカーから事務所に支払われた出演料から事務所のマージンを引いた金額を受け取ることになります。

事務所ごとにマージンは変わりますが、事務所が70%で女優が30%などのように、かなりの割合をとられると言われています。
またAV女優は普通の仕事の様に企業に雇われるわけではなく所属事務所と個人事業主として業務委託契約を結ぶ場合がほとんどです。
だからAV女優をする場合には雇用保険に加入することができませんし、国民年金や健康保険料は自分で支払うことになります。
さらに個人事業主なので、毎年自分で確定申告をしないといけないのです。

専属契約とは

ほとんどのAV女優はここまでご説明したとおりお給料は完全歩合制なので定まっていませんが、「専属契約」をしている人気AV女優の場合は違います。
専属契約とはAV女優が事務所ではなくAV制作メーカーと直接契約を結ぶことを指します。
AV制作メーカーはいくつもありますが、専属契約をするとそのAV女優は契約したメーカーの作品にしか出演できなくなります。
専属契約をする場合には「毎月2本撮影で2年契約」などのように契約期間と撮影本数が定められて、「1本あたり○○万円」などのようにお給料も固定されたものになります。

専属契約が出来るのは、AVを販売すれば絶対に利益が出るとメーカーが認めるような人気女優だけですが、1本あたりのギャラが高くなり撮影スケジュールもある程度定められるので、お給料が安定することになります。

AV女優のランクと月収例

お金 財源AV女優のお給料はランクによって大きく変わります。
また同ランクでも、専属契約以外のAV女優は完全歩合制なので、安定した月収というものはありません。
出演本数がゼロなら月収がゼロになってしまう代わりに、たくさん出演すればその分月収が増える世界なのです。

AV女優は主に、「企画」「企画単体」「単体」の3つのランクに分類できるので、それぞれの違いとお給料について解説します。

企画

このランクのAV女優は、AV製作者が決めた作品コンセプト(ナンパ、マッサージ、盗撮など)に従って、多くのAV女優の一人としてカメラの前でセックスをします。
このランクのAV女優は質や知名度によって、自分の名前だけで作品が売れるランクではないのでAV女優としての源氏名はなく、作品ごとに名前が変わるのが一般的です。
AVのパッケージなどに出演者として名前が出ることもなく、多くのAV女優の一人なので、知人や家族などにバレてしまうリスクは低いといえます。

一般の女性がスカウトなどによってAVに出演する場合は、よほど可愛くて人気が出そうな女の子を除き、たいていはこのランクなのでAV女優全体の80~90%程度は企画AV女優です。
お給料は一本あたり数万円から高くても25万円程度です。
この金額から事務所のマージンが引かれるので、AV女優の手取りはさらに低くなります。
例えば1本10万円で事務所のマージンが50%なら、1本あたりの手取りは5万円になります。

複数の作品に出演することも出来るので、1ヶ月の間に4本出演すれば4本×5万円=20万円が月収になります。
出演料は見た目やスタイルの質や、対応できるプレイ内容によって変わるので、可愛くてさまざまなシチュエーションに対応できるほど仕事は増えます。

企画単体

企画女優の中でも、人気があって複数の作品から出演を依頼されているAV女優は企画単体(キカタン)と呼ばれるランクになります。
企画単体の場合も出演依頼をうけると1本ごとに契約をして出演するのは企画と同じですが、多数の作品に出演することになります。

このランクのAV女優を目当てに作品を購入するお客さんも多く、AV女優として源氏名をつけて活動することになります。
だから、もともとは企画AV女優として出演していたけど、人気になってから源氏名をつける企画単体女優もいます。
AV女優全体の15~20%を占めると言われていて、1本あたりの出演料は10~80万円程度です。
出演本数に制限がないので、出演依頼さえあればその分稼げるランクです。

特に人気があった企画単体女優の例としては、朝河蘭が2年516本(月21本)、桃井望が2年160本(月6本)、上原亜衣はが月25本程度撮影をしていた実績があります。
出演料50万円で事務所のマージンが50%の場合、1本あたりの手取りは25万円になります。
例えば上原亜衣のように月に25本出演すれば、月収は25本×25万円=625万円になるので、企画単体で人気になれば高級風俗店の人気嬢よりもさらに稼げる可能性があります。
ただし、撮影本数が増えればその分肉体的な負担が増えるので、それに耐えられる体力がないと出来ない仕事ですし、出演した分露出が増えるので身バレのリスクも増します。

単体

撮影 カメラ フィルムAV女優の中でもっともランクが高いのが単体女優です。
知名度や話題性、容姿の魅力などによって、出演する作品のヒットが間違いないと見込まれる一部のAV女優しか単体女優にはなれません。
単体女優は、特定のメーカーと専属契約をしていることが多く、専属女優と呼ばれることもあります。
出演料は1本あたり80万円?

150万円程度で、元グラビアアイドルや元アイドルなどのような話題性が高い女性の場合は契約金をもらえることもあります。
単体女優のお給料は事務所との契約によって変わるので、平均月収を出すことはできません。
例えば、人気グラドルからAV女優になった高橋しょう子の出演料は1本200万円、坂口杏里は手取りで2,000万円だったと言われています。
AV業界は「出れば出るほど1本あたりのお給料が下がる」世界なので、単体女優だからといってずっとこのようなお給料を稼げる訳ではありませんが、普通のお仕事一生分のお給料を短い期間で稼ぐ可能性があるランクなのです。

まとめ

AV女優のランクとそれぞれの月収について解説しました。
AV女優のランクは、出演料が1本数万円の「企画女優」、1本数十万円の「企画単体女優」、そして1本あたり数百万を超えることもある「単体女優」に分けられます。
基本的に給料は完全歩合制なので出演本数次第で月収はかわりますが、企画単体以上のランクで複数のAVに出演すればかなりの高給を得ることが出来ます。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする