AV女優の撮影中セックスをする時に注意するポイント

カメラが回っている前で、本当にイッているのか疑問に思いませんか?
少なくとも、視聴者は、その大げさな演技に対し、疑問を持っているはずですよね。
ましてや「イクッ」と連呼していれば、大げさだと思われても仕方がありません。
少なくとも、同性である女性から見れば、一発でイッでないことがバレてしまうでしょう。

AV女優がもっとも、撮影中のセックスで気にしないといけないポイントは、ずばり演技です。
本当にイッてないのにも関わらず、演技をするのは非常に難しいですよね。
監督も「もっと熱を込めて」とか、そういう大雑把な指示をする人も居るでしょうから、本当に大変なことです。
大体の監督さんは、男性が多いですしね。

では、疑問視されない程度の演技とはいったいどのような演技でしょうか?
控えめにすれば良いのでしょうか?
でも、控えめな演技って、カメラ映えしないですし、そもそも監督からNGが出てしまうことが多いと思います。
この記事では、AV女優が抱えている、イク時の演技や、撮影中のセックスで注意しておくべきポイントをおさえて書いていきます。

現役のAV女優さんが抱える悩みを、少しでも解決できれば幸いです。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

性感が高まってない状態でのセックスは避ける

No, 禁止もちろんAV女優は仕事ですから、性感が高まっていない状態でも、しっかりと女優としての演技をしなければなりませんよね。
ここが辛いところだと思います。

実際にイッてる瞬間って、そんなに鮮明にいつまでも覚えているわけではないでしょうし、「マジイキ」の域に達したことがあるかどうかも定かではないです。
でも、性感が低い状態だからという理由で、本番プレイを避ける・・・なんて出来ないですよね?
では、どのようにすれば良いでしょうか?

普段から性感を高める訓練をする

オナニーは性感を高める、とても大切なことです。
普段からオナニーはしていますでしょうか?
オナニーをして、自分が一番感じる部分を探しておけば、撮影中の前戯でも、しっかりと感じることが出来ます。
前戯で感じることが出来れば、もちろん性感も高まりますよね。

これは当然のことですので、もしオナニーをしたことがない方であれば、しっかりとオナニーで自分の気持ち良い部分を探しておきましょう。
また、オナニーのやり方も重要です。
撮影中は本番をしますから、もちろん挿入もあります。
挿入で感じる人と、感じない人が居ます。

挿入で感じるには、これもまた、オナニーで指を入れて気持ちのよい部分(Gスポット)がどこにあるのか、探して把握しておきましょう。

プライベートでもセックスをして、イク練習をしておく

男性 女性もちろん、私生活のほうが大事なので、支障が出ない範囲で考えたほうが良いです。
仕事のためにプライベートでセックスの練習をするというのは、仕事とプライベートが逆転してしまいかねません。

ましてや、もし特定のパートナーが居るとすれば、パートナーとの不仲の原因ともなりえますよね。
でも、練習出来ると言えば、プライベートしかないでしょうから、パートナーの理解を得られるならば、パートナーとセックスの練習をするのが、一番の近道かもしれません。
撮影中の本番により近い環境、たとえばハメ撮りなどを交えるのが良いでしょう。
イク練習をするというのは、イク瞬間の感覚をしっかりと覚えておき、撮影時の演技と、本当にイッた時の様子の差を、しっかりと把握しておくことで、演技に磨きをかけられるということです。

差を理解しておかなければ、迫真の演技はいつまでたっても出来ません。

「イクッ」という言葉にバリエーションをつける

下手に大げさな「イク」という言葉で、いくら絶叫していても、それはただの演技にしか見えません。
そんな下手な演技を見ている視聴者は、いつまでたってもあなたの下手な演技を認めてくれることはないかもしれません。

もちろん、イクという絶叫があることで、喜ぶ視聴者も居ます。
しかし、艶めかしい演技が出来るのと、単に叫んでいるだけの演技では、大きな差があります。
単に叫んでいるだけの演技を、艶めかしいと思う視聴者がどれくらい居るか、という問題です。
恐らく、大半の視聴者は、「明らかに演技だ」というジャッジを下すでしょう。

しっかりとバリエーションがあって、場面によって使い分けができ、なおかつ艶めかしい演技が出来ていれば、演技なのかどうかの判断がつかず、実は演技ではなく、本当にイッているのではないかと思う視聴者のほうが多くなります。
フィクションよりも、ノンフィクションのAVのほうが、絶頂している姿を見た時の感動が段違いになることでしょう。
どうでしょうか?
あなたは、しっかりと艶めかしいと思ってもらえるような演技が出来ているでしょうか?

本当に絶頂している時は、むしろ「イク」という声は出せなくなるものです。
どちらかと言えば、唸っているような声になってしまいますよね。
でも、AV女優の辛いところは、あくまでも女優のお仕事だということです。
ですから、演技はしっかりと出来ないことには、話になりませんよね。

プライベートで演技の訓練をするしか、方法はないでしょう。
「イクイクー!」と叫ぶのは、嘘っぽい演技と思われがちなので逆効果。
演技ではなく、本当にイッてしまえば良い
監督が許すなら、絶叫する大げさな演技ではなく、敢えてホンモノっぽい演技に切り替えるのが一番良い方法かもしれません。

視聴者が大げさだな、と感じてしまえば、絶叫までに積み上げてきた演技が、すべて水の泡です。
AV女優が撮影中のセックスでもっとも気にしなければならないことは、絶頂の際の演技だということは、ここまでの話で、嫌というほどしてきました。
絶頂の演技がパフォーマンスのように見えなくするのが課題であり、永遠のテーマでもあります。
演技をするのではなく、逆に本当に絶頂してしまっても良いかもしれません。

もちろん、相手のAV男優のテクニックが物を言いますから、絶対にイけるとは限りません。
しかし、演技をしなくても良い方法を取るのであれば、これが最善の策であり、一番簡単な方法でもあります。
カメラ 撮影しかし、そもそもビデオカメラが回っている前で、セックスに集中出来るかといえば、もちろん難しい話だと思います。
カメラにどう映っているか、ある程度予測しながらセックスするわけですから、全神経をセックスに注ぐのは至難の業です。

ですので、撮影中に絶頂を迎えるには、普段からプライベートで、ある程度の訓練を積んだほうが、近道になりますので、是非とも私生活に取り入れ、カメラの前でもセックスに集中できるようにするべきだと言えるでしょう。

まとめ

AV女優が撮影中のセックスの際に注意しておくべきポイントは、ずばり「演技」です。
イクときの演技が大げさで、わざとらしく見えるようなら、演技の方法を考え直すべきですし、私生活での訓練をするべきだと言えます。

しかしながら、絶叫しなければ、作品の迫力が半減してしまうわけですし、監督がそれを許容できるかどうかにもよります。
目の肥えたファンなら、絶対に演技だと見破られることは間違いないので、やはり演技だけではなく、本当にイッてしまう瞬間を撮影出来れば一番良い方法なのでしょう。
大げさな演技が、返って作品全体の雰囲気を壊してしまう可能性は十分にありますので、普段からいつでもイけるように、オナニーやパートナーとのセックスで訓練をしておくのが無難ですし、演技だと見破られることが少ない方法だとも言えます。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする