キャバクラ嬢の服装(ドレス)はレンタル?自前?

未経験者はキャバクラで働きたいと思っても、不安なことがたくさんありますが、そのなかで一番気になることは服装になりますね。
キャバ嬢は、だいたいの女性がスレンダーでファッションには、困らない人が勤めていますが、スタイルに自信のない女性にとっては心配です。

二の腕が太いとワンピースはどうか?
足が太いとミニスカートはどうか?
と思うものです。
自己評価では、清潔感があって雰囲気はあると思うので接客には自信があり、客ウケして本指名をとれると思ってもスタイルだけは自信がない。

このように考える女性もいると思うのですが、ドレスはキャバクラ店の
ものを使わないといけないのでしょうか?
見ていきましょう。

キャバクラの服装はどうする

自前・レンタル?

質問キャバクラ店は、衣装の貸し出しが可能になっています。
しかし、スタイルはある程度絞られたサイズのものしかありません。
事前に試着はありますが無理をしてドレスを着用しないほうがいいと思います。

面接で貸し出し用のサイズを確認して、あなたに合うサイズがなかったら、自前で準備するしかありません。
また、キャバクラ店のものを試着して、スタイルによってあわないときもあると思います。
スレンダーであっても片まわりに筋肉がついていて、なんか雰囲気が違う・バストがないからイマイチ・二の腕がマズイ・足が太いのが目立つなどがありますね。
これは、あなただけではなく、女性はみんな体型のなが嫌いな部分があって、どこかなんとかしたいと考えているのです。

だから、貸出衣装がイマイチの女性は、キャバクラ店に勤めているキャバ嬢の雰囲気に合わせた服を、事前に最低1.2着は購入しておくほうがいいと思います。
事前購入でのポイントは、服装についてのルールについては確認してください。
キャバクラ店によっては、NGもあります。
例えば、二の腕を隠したいからといってショールで隠そうとしても、ショールがだめなところもあるのです。

足の太い部分を隠すといって、超ロング丈のものはキャバクラ店の雰囲気に合わないと言われることもあります。
また、キャバクラ店に着物はないと思いますが、事前に確認しておくといいでしょう。
着物となると価格は高くなるので、いきなり用意するとなるとツライことになります。
購入するお金が手元にない場合は、レンタルして事前に着用してあなた自身がしっくりくるか、出勤してスタッフの意見やお客さんからの素直な評価聞いてください。

話しのネタにもできますね。
いきなり、購入して男性の評価が悪いものだったりしたら、ムダになってしまうので、レンタル衣装で評価がよかったものを購入すれば効率がいいですね。
レンタルの相場料金は、だいたい1着7000円から10000円ぐらいするので、決して安いものではありませんが、購入するよりはいいと思います。
レンタルすることで、1日の稼ぎの目標は最低でもレンタル料金の2倍から3倍に設定して営業しないと元はとれなくなりますが、やる気にもつながるでしょう。

毎日同じドレス?

女性 ドレスキャバ嬢はお客さんの接待をする仕事になります。
ファストフードのように制服がある飲食店であれば、毎日同じ服装をしていても問題ありませんが、キャバ嬢はそうはいきませんね。
いつ行っても、キャバ嬢が着たきり雀だったらまずいでしょう。

「同じ服をたくさんもっている」とは思ってくれません。
「もしかして、洗濯してないのか」と思われるだけです。
工場勤めで、自宅と工場の往復だけで、私服はいつも同じものを着ている女性に対しては、だれも何も言いません。
キャバクラ店にくる男性は、キレイなキャバ嬢に接待してもらいたいのです。

つまり、キャバ嬢のルックスは、とても大切な要素になるので、いつも同じドレスだったら、男性はドン引きするだけになります。
一般の会社の新人でさえもスーツは2着・靴は2足を最低は回しています。
新人期間は無理しすぎる必要はありませんが、あなたに合いたいと思ってもらうための先行投資だと考えて取り組むようにしないといけません。
キャバクラ店でも、お店によってはクラスがあり、低価格路線かに高級店までがあり、高級店になるとかなり衣装代もかかるようになります。

低価格路線だったら、安価なものでも問題ないですが、毎日同じ服は原則ありえないと思います。

値段はどれぐらいするか

ネット通販で、「キャバクラ ドレス」「キャバ嬢 ドレス」で検索したら、たくさんのドレスの確認ができます。
ネットでは低価格のものもあるので、あなたの財布にあわせて購入もできます。

ただ、安物買いの銭失いにはならないように注意してください。
安いものはいいのですが、安いものでもキャバクラ店の雰囲気に合わないものは購入しても捨てることになります。
ネットでの価格は、セールしているときであれば70%OFFなどすごくリーズナブルで、3000円ぐらいから購入できます。
前述のレンタルのところでも触れましたが、ネットで購入する場合も、あなたがしっくりくる視点も大切になりますが、男性からどのように見えるかがポイントになることを忘れないようにしましょう。

同僚キャバ嬢に馬鹿にされようが、冷やかされたとしても、あなたが着ていい気分になることと、男性が好むファッションであれば問題ありません。

キャバクラ面接の服装はどう?

服装

キャバクラ店の面接は、普段着で問題ありません。

いつもカジュアルな服装をしているのであれば、そのままでメイクはばっちりしていけば、面接はしてくれます。
清潔感があるかのチェックはしてください。
身だしなみができていない、だらしない女性と判定されます。
どんなに見た目がよくても、接待する仕事になるので清潔感がない女性は採用されません。

例えば、髪の毛の手入れがされていなくて髪の間に米粒がついているとしたら、そこからどのような部屋で生活しているかというのは、簡単に想像ができてしまうのです。

面接の合否は?

Good, Bad面接では、年齢確認とその証明はありますが。
一般企業のような志望動機など聞かれることはありません。

とくに重要なのは、出勤日数になります。
あと源氏名は何にするかぐらいです。
面接の合否は、いつから出勤できるか・時給についてなどの話しがあれば合格になりますが、「後日連絡します」だったら、まず100%不合格だと考えてください。
あなたが、キャバクラ店のコンセプトにあっていないのだと思います。

キャバクラ客受けがいいキャバ嬢は指名とれる

客受けがいいキャバ嬢はどんな女性

客受けがいいキャバ嬢というのは、来店しているお客さんの年齢層によって、全く異なります。
キャバクラ店イコール若いチャラチャラしているキャバ嬢とイメージしますが、そのような女性で客ウケがいいのは、男性が20代後半までの人になります。

男性が30代になると、キャバ嬢に対するルックスや雰囲気は異なり、清楚なイメージのほうが客受けはよくなるのです。
あなたがキャバクラ店の客層に合わせるのより、勤めるキャバクラ店の客層があなたの雰囲気やファッションにあっているかどうかが大切ということになります。

指名をとるためにはどうする

キャバクラ店に来店するお客さんには、2種類あり通りすがりの男性と何度か来店してお気に入りのキャバ嬢が決まっている男性になります。

通りすがりの男性のことはフリー客で指名はありません。
何度か来店しているキャバ嬢が決まっている男性は指名客と呼びます。
フリー客で、キャバクラ店に入って、受付ボーイにだれでもいいからつけてくれと言うタイプと、受付で指名するタイプがいます。
後者を場内指名と呼びます。

キャバ嬢の稼ぎの源泉はフリー客で、このフリー客をどれだけ指名客にすることができるかによって、稼ぎの安定につながるのです。
この指名客にする行為が、キャバ嬢の仕事といっても過言はないでしょう。
これは大変難しいことなので、出勤日数を増やしてベテラン人気嬢の会話・身なり手振りを観察して真似していくことが基本になります。

まとめ

ドレスの選び方は、レンタル・購入に関わらず、あなたがしっくりくる視点も大切になりますが、男性からどのように見えるかがポイントになることを忘れないようにしましょう。
客受けは客層によって変わります。
指名がとりたい場合は、人気嬢を真似ることから始めてください。
ご参考にしてください。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする