添い寝屋に来店する臭い奴は本音を言うと無理…

今回のテーマは添い寝屋に来店する臭い奴は本音を言うと無理…と言う事についてです。
添い寝店には様々なお客が来店すると思います。

その中には当然臭い人もいるでしょう、臭い人と言うのは本音を言うと無理と言う事をメインにこれから色々と書いていきたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

無理の真意

No, 禁止添い寝屋に来店する臭い奴は本音を言うと無理…と言うのが今回のテーマになります。
添い寝系で仕事をしている女性と言うのは基本的に若い女性が多いと思います。

ゆえに臭いお客と分かると、やりたくない、無理、キモい、などと言う言葉が飛び交うのが容易に想像できます。
臭い奴が無理と言う気持ちはよくわかります、しかし1つ言える事はあくまで仕事と言う事なのです。
無理と思えば辞めれば良いですし、お金がほしいならするだけの事だと思います。
臭い人は接客しない、臭くない人は接客する、風俗嬢は遊びではないです。

お客を選ぶほどの立場があるのか、と逆に問いたくなってしまいます。
あくまで一人の従業員としての意識の問題なのではないでしょうか。
お店に立っている以上、平等に接客してこそ従業員と言えると思います。
現実的に臭くても添い寝するだけでお金がもらえている訳です、そこを忘れてはいけないと思います。

しかし、それらの事は解っていたとしても実際臭いと言ってもニオイにも色々あるとは思います。
共通して思う臭さなのか、それともその人の臭いが自分には無理なのか、あるいはその臭いで仕事に支障をきたしてしまうのか、体調を崩してしまうのか、と言った事にもなると思います。
どうしても我慢出来ない時、耐えれないときは、それはあくまで適切に対処していく必要はあると思います。
しかし、結果として仮に本気で無理で接客できなかったらその分のお金はもらえない、と言う事になるのです。

本音としてこんなに臭いぐらいならお金を貰わなくてもいい、と言う気持ちもあるかもはしれませんが、そんな事を言い出してはキリがない部分もあると思います。
別に臭いだけが無理、と言う訳ではないと思います。
臭い以外にも変なお客変わったお客はいくらでもいます。
そもそも精神的に満たされていて安定している健全な男性が添い寝系に来店するのか、と言う話にもなると思います。

日常生活が満たされていない、そして求めているからこそ来店するのだと思います。
健全でイケメンで紳士だけが来店するなど勘違いも良い所だと思います。
すべてのお店のお客事情はわかりませんが、少なくともどんな店でもジャンルでも色々なお客が来店しそしてそれを我慢していでも接客しなければ行けないときがあると思います。
綺麗毎ばかりではこの世界は渡り歩いてはいけないと思います。

問われるのは適応能力

女性 布団添い寝屋に来店する臭い奴は本当無理、と言う事について書いてきました。
風俗には色々な状態や状況のお客が来店します。
故に、働く女性に求められる事と言うのはまさに適応能力、と言う事ではないでしょうか。

言ってみればどんなお客に対してでも完璧に接客する事ができる女性、と言うのを雇う側は求めていますしそういう女性が結果として稼げるのではないかと思います。
もちろん中には食わず嫌いのスタンスでもずる賢く稼いでいける女性もいるとは思います。
しかし、そのスタンスはあくまでも長続きはしませんし添い寝系のその店では通用しても他の店、そして仕事となると脆いのです。
やはり接客者として根本にもっておくべき精神と言うのは、適応能力とお客の事を一番に考える事のできる気持ち、と言う事ではないかと思います。

仮に今回のように臭い奴が来店してキモい、臭い、不潔、無理、接客したくないと言うのは簡単で楽だと思います。
逃げれば自分は臭い思うはしなくて済みますからね。
しかし、現状臭い奴はその人だけではないと思いますし、臭いの問題以外にも次々とアクシデントならぬ自分にとって嫌な状況と言うのは起こると思います。
そういった時にどう対処していくのか、と言うのが問われるのがこの世界でもあると思います。

周りは自分より年上の大人ばかりです。
良いように使われるのがオチですし、時にはしたくないこともさせられるかもしれません。
だからこそ、適応能力が必要ですし、強い意志と覚悟がないとこの世界で稼ぎ、そして続けていく事ができないのだと思います。
つまり、臭いのを我慢するか稼ぐのを諦めるか、と言う様な次元の考えではない、と言う事だと思います。

現実としてはそうなのかもしれませんが、自分自身の気持ちのもちようとしてそれでいいのか、それでこの先もやっていけるのか、と言う事ではないかと思います。
添い寝がバイトであったり、短気のお小遣い稼ぎ感覚でしている学生も多いとは思いますが、本気の仕事、そしてプライド、ならぬ物がある人からすればそれは論外の論点でもあると言えると思います。
どうしても臭いのが嫌ならそれとなく臭いの話題に触れて清潔を促すようにしてもいいですし、自分に接客テクニックがあれば臭いを起点にそれをお客に伝えて尚かつ改善させる意志を与える事もできると思います。
すべては本人次第でどうとでも転がっていくのです。

それをやるかやらないか、そしてその実力があるかないか、と言う事だけではないでしょうか。
つまり出来る女と言うのは口を動かす前に己の実力で自分の問題を解決すると思います。
それが大人の女性であり一人前の接客者なのではないでしょうか。
そこまでのクオリティーは若い女性にはないのかもしれませんが、いずれにわかってくると思います。

適応能力と言うのは備わっていく物ではありますが、意識しないと備わってはいきませんし元から持っているもに、と言う比重が大きかったりもすると思います。
だからこそ風俗では何より経験が大事になってくるのです。
男性 女性 シルエットお客を扱う扱い方、と言うのは一人一人のお客に対してあります。
それを極めて行かなければいけないのです。

拒絶したり愚痴をこぼしたり、逃げるのは簡単です、誰にでもできます。
自分が仕事に対するプライドと熱意をどれだけ持っているか、と言うのが重要ではないでしょうか。
臭い奴がいて、でも臭い奴相手でも接客している女の子がいた場合、それはあなたが仮に臭い奴を接客しなければいその女性に負けているとも言えると思います。
仮に稼ぎで勝っていたとしても人間の器なり仕事に対する熱量や本気度で負けているのです。

悔しくはないでしょうか?
接客をしていく、とはその積み重ねでしかないと思います。

まとめ

添い寝屋に来店する臭い奴は本音を言うと無理…と言う事について色々と書いてきました。

添い寝屋に来店するお客と言うのは様々にいると思います。
自分の理想であったり想定内の客ばかりがきてくれればそれは最高でしょうが、現実はそう甘くはないと思います。
自分がしたくないお客をするのかしないのか、と言う瀬戸際に立たされたとき、初めて一人の風俗嬢としての価値が問われるのではないでしょうか。
お客を選んでも商売にはなりませんし、一時の満足や稼ぎに浸ったところでそれは自己満足でしかないのです。

自己満足で終わるぐらいなら接客をする資格はないと思います。
なぜ風俗嬢をしているのか、添い寝系を選んだのか、そしていくら稼ぎたいのか、仕事をどこまで本気で考えているのかなどそれぞれ違うとは思いますが、自分の中に持っておかなければいけないもの、と言うのは間違いなくあると思います。
周りは常識に惑わされたりすぐ流される事のない強い信念を持っていてほしいと思います。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする