手コキ店で働く女性の収入はいくら?

手コキ店で働いている女性の収入はいくらくらいでしょうか?
高収入と言われる風俗勤務ですが、実際は風俗嬢全員が収入に満足しているとは限りません。
中にはむしろ、貧困にあえいでいる風俗嬢も少なくありません。

稼いでいる人は稼いでいるし、稼げない人はむしろ、最低賃金さえ下回っていることもあります。
手コキ店で働く女性のリアルな収入と現実について、紹介をします。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

手コキ店の客入りはいい?悪い?

質問 疑問手コキ店のお給料は出来高制なので、客入りの良し悪しが出勤時間そのものよりも重要視されます。

手コキ店は料金が安いので気軽に来店しやすい、気に入ってもらえればこまめに来てもらえるということはよく言われます。
たしかにこれは事実です。
1回10万円超える高級ソープなどはいくら気に入ったとしても一介のサラリーマンがそう頻繁に通えるものではありません。
しかし、1回数千円の手コキ店ならば並の収入があれば月に数回来店することも可能です。

しかし、ここで気を付けなければならないのが、手コキ店はそれほど一般受けするジャンルではないということです。
手コキ専門店はソフトなサービスしか受けられません。
なので、あえて手コキがいいというお客さんしか来ません。
そのコアなお客さんをどれだけ常連にできるかどうかというのが収入を良くできるか、できないかの分かれ目なのです。

手コキ店は出勤時間と稼ぎが比例しない

手コキ専門店の収入は何本こなし方で変わってきます。
出勤してもお客さんが付かず、待機時間ばかりが長ければ稼げません。
保証がなく、さらに1人もお客さんが付かないならば、交通費の分だけマイナスにもなってしまいます。

手コキ店の収入は人によって大きく違います

棒グラフ手コキ店の収入は人によって大きく変わってきます。

中堅どころの専業風俗嬢ならば日給2万円から4万円。
月に15日出勤したとすれば月収は30万円から60万円、さらに年収は360万円から720万円となります。
しかし、人気嬢ならば日給は5万円以上も可能です。
一方で、昼職や学業との掛け持ちで週末だけの勤務の場合、月収は16万円から32万円、年収は384万円となります。

手コキ店で貧困から抜け出せるのか

手コキ店をはじめとする風俗は貧困に苦しむ女性のセーフティーネットという見方をされることがあります。
批判はされても、確かに、風俗店で働くことで生活や人生をたてなおしたり、救われたりしている人もいます。
一方で全く助けにならず、むしろ不幸や貧困を加速させてしまっている種類の人もいます。
自分の人生を幸せにするために本当に必要なことは、そしてするべきことは何なのかについて考えるのを辞めないことが大切です。

昼職との掛け持ちで働く場合

正社員だからと言って、貧困とは無縁とは限りません。
若い女性、特に都心部で1人暮らしをしている場合、普通の会社員のお給料では生活に余裕がないことは珍しくありません。
奨学金の返済などがあればなおさらです。
あまりハードなプレイはしたくないけれど、もう少し収入を良くしたいという人にとって手コキ店はうってつけです。

金欠の時だけ体験入店で数万円を稼ぐという方法もあります。

学業と掛け持ちで働く場合

奨学金と言っても借金には変わりなく、返済義務があります。
利子が付くものもあります。
安易に借りることで、卒業後何年にもわたって返済をしていかなければならないこともあり、結婚や転職の足枷になることもあります。

奨学金はありがたい制度ですが、安易に頼らないようにしましょう。
とはいえ、普通のアルバイトで学費や生活費を賄おうとすると通学や勉強に充分に時間が取れず、本末転倒な事態になりかねません。
手コキ専門店は時間に融通が効き、お客さんがつけば短時間で高収入を得ることができるので、学校に行ったり、勉強したりする時間を充分に確保できます。
この場合、風俗の仕事をしてでも学校に行きたかった、勉強をしたかったという気持ちを忘れずに、卒業や目標金額の達成とともに、手コキ店の卒業も目指しましょう。

そのまま昼職よりもナイトワークの世界に進んでしまってはせっかくの学業がもったいないです。

専業で働いている場合

専業で働いていて、同年代の会社員よりも多い収入を得ている女性も貧困とは無縁ではありません。
手コキ店はほかのジャンルと比べて若い女性が歓迎されやすいです。
年齢を重ねるにつれて稼ぎにくくなります。

手コキ店でしか働いていた経験がないある程度の年齢の女性が充分な収入を得ることのできる昼職を見つけるのはとても大変です。
手コキ店では人気が出にくい年齢になったとしてもヘルスやソープなどよりハードなプレイをするジャンルの風俗店ならばまだまだ歓迎されることが多いですが、それでも年齢を重ねるごとに稼ぎにくくなっていくことには変わりはありません。
また、ハードなプレイのお店はバックは良くても性病のリスクは上がりますし身心ともに消耗が激しいです。
手コキ店で稼げているうちにしっかりと貯金をしたり、就職活動をしたりなど将来貧困を招かないように準備をしましょう。

忘れがちだったり、後回しにしがちだったりしますが、年金にもしっかりと加入することをおすすめします。

手コキ店でしか働けない場合

健康上や精神上になんらかの問題を抱えていたり、小さな子供を抱えたシングルマザーだったりしてコンスタントに出勤をできない人にとって出勤の融通が利きやすい手コキ店をはじめとする風俗店はとても働きやすい環境です。
貯金しかし、それでも満足に稼げない、1日1万円以下しか稼げない、月収は家賃と光熱費を払うのがやっとの金額、全く貯金に回せないような状況の場合は働き方を見直してみましょう。
ハードなプレイに抵抗がないならば手コキ店よりも、デリヘルやソープの方が収入を上げやすいです。

また、風俗で働いているのに、貧困から抜け出せない場合は、風俗ではなく、別のものに助けを求めた方がいいこともあります。
たとえば福祉です。
小さな子どもを抱えている場合、病気がある場合、未成年である場合はとくに力になってくれることが多いです。
家賃の安い市営住宅に優先的に入れて貰えたり、職業訓練を受けられたり、就職のあっせんを受けることができたりすることができます。

場合によっては生活を立て直すまで生活保護が受けられることもあります。
事態がなるべく悪化しないうちに相談をしましょう。
役所や法律は充分ではないかもしれませんが、それでも、知っている人の味方、助けを求める人の味方です。
風俗は最後の砦ではありません。

誰もがやる気だけで稼げる類の職業ではありません。
時給制のバイトならば失敗してばかりであっても最低時給は保証されます。
しかし、出来高制の風俗はお客さんが取れなければ全く収入にならないばかりかマイナスになってしまいます。
風俗以外の道もあることを知っておきましょう。

手コキ店の収入は人それぞれ

手コキ店で働く女性の主乳は人それぞれです。
専業でレギュラー勤務の場合、月収60万円、年収720万円、あるいはもっとという人もいます。
一方で、生活費の足しにするために少しだけ働き、月収10万円代で満足だという人もいます。

自分に合った働き方と収入を目指しましょう。
注意したいのが、思うように稼げない人です。
日給が1万円以下だったり、働いてもhタラいても貧困に苦しんでいたりする場合は風俗以外の働き方の方が救われる場合があります。
風俗だけが最後の手段ではありません。

また、今、充分に稼いでいる人であっても、手コキ店はいつまでも稼げる類の仕事ではないので、将来に対する準備をしておくようにしましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする