チャットレディを辞める時は登録した個人情報はどうなる?

チャットレディの仕事を始める際には個人情報の提出が求められます。
これは、風営法の規制によって求められるもので、チャット運営会社が法律に従っていることを証明するものです。
ただ、気になるのは辞める時に提出した個人情報がどのように取り扱われるかということです。

そこで、ここではチャットレディをするのに個人情報が必要な理由と、辞める時にどのように取り扱われるかについて、説明したいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

チャットレディで個人情報が求められる理由

チャットレディはサイトに登録すればすぐに開始できますが、その際、個人情報の提出が必要となります。
風営法の規制により、個人情報を提出するよう定められているからです。

個人情報を提出するのは嫌な気持ちになるものですが、提出を求める運営会社は法律に従っている優良会社なので心配する必要はありません。

年齢確認するため

質問 年齢チャットレディの仕事にはアダルト系のものもあり、18歳以上の女性でなければできなくなっています。
そこで、18歳以上の女性であることを確認するために運転免許証のような身分証の提出を求めているのです。

この点は、風俗店における面接と同様です。
特に、在宅でチャットレディをする場合には面接もなく、登録だけですぐ開始できます。
チャットレディのお仕事は、風俗のように身体的な接触もなく性病感染の危険性もなく、手軽に始められるというメリットがあります。
そこで、18歳未満の女性が嘘の年齢を記載して働こうとする危険性も生じます。

仮に、18歳未満の女性をアダルトチャットで働かせてしまうと、警察沙汰となってしまい、チャットの運営会社が取締りの対象となってしまいます。
最悪の場合、チャットサービスの維持ができなくなります。
そのような事態を避けるために、身分証の提示を求めることで年齢確認を厳密に行うようになっているのです。

従業員名簿の作成義務が運営会社にある

アダルトチャットは風俗店と同様に、風営法という法律に規制されます。
この風営法は風俗店などに対し、従業員名簿の作成を義務付けています。
そこで、アダルトチャットの運営会社はチャットレディの名簿を作成しなければならず、この理由からも個人情報が必要とされるです。
チャットレディはバイト感覚できるものですが、1日だけしか働かない場合にも従業員名簿の作成は義務付けられています。

そこで、チャットレディの登録時、働き始める前に個人情報の記入が求められるのです。
個人情報を提出するのは誰しも気になるものですが、個人情報を求めるチャット会社は法律に従っている優良企業と判断できます。
むしろ、個人情報の提出を求めないサイトは法律に従っておらず、正しく報酬が振り込まれない等のトラブルが発生する危険性があるため、注意が必要となるのです。

給料の振込みや事務連絡のために必要

お金 通帳どのような仕事においてもそうですが、給料の振込みや事務連絡のためには個人情報が必要です。
給料の振込口座が本人名義であることを確認するためには身分証と照合しなければならず、給料明細などの書類を送付するためには住所が分からなくてはなりません。
特に、在宅で働けるチャットレディの仕事であれば、きちんと連絡を取るために個人情報が必須となります。
個人情報の提出をせずに働ける仕事は日雇いの肉体労働を除いてほとんど存在しません。

チャットレディも立派な仕事である以上、個人情報の提出が求められて当然なのです。

辞めた後の個人情報の取り扱いについて

チャットレディは在宅でもできる手軽な仕事です。
辞める際にも登録を消すだけですぐに辞められ、風俗店のように退店を許してもらえずにトラブルになる危険性もありません。

ただ、チャットレディを辞めた後に気になるのが個人情報の取り扱いについてです。
チャットの運営会社が入手した個人情報は法令に基づいて管理され、辞めた3年後に抹消されるようになっています。
チャット会社から情報漏えいする危険性はないため、過度に心配する必要はありません。

原則として辞めて3年後に消去される

風営法によって作成が義務付けられている従業員名簿は、従業員が辞めて3年間は保持しなければならないよう規定されています。
そこで、女性がチャットレディを辞めても3年間は個人情報がチャットの運営会社に残されることになります。
これについては法律に従った処置なので、女性がいくら希望しても対応を変えることはできません。
ただ、3年が経過すると多くの会社で自動的に個人情報は消去されるようになっています。

というのも、情報をストックさせておくだけでも費用がかかり、情報漏えいのリスクが発生するからです。
特に、情報漏えいさせてしまうと、チャット会社が警察沙汰や訴訟に巻き込まれる可能性も生まれ、大きな損失につながります。
そこで、法令による義務期間が過ぎれば余計なリスクを抱えないように、情報を自動的に消去してしまう会社が多くなっているのです。

個人情報を悪用されるリスクは皆無

Ok, Good個人情報保護法は、本人の同意なく情報を外部に漏らすことを禁じています。
意図的な個人情報の流用や漏洩は法令違反となって罰せられる可能性があるほか、損害賠償請求の原因ともなります。
そこで、チャット運営会社では厳重に個人情報に対する管理を行っています。
女性が所属している期間も、辞めてからの期間も、社内ネットワークに対策を施し、情報にアクセスできるスタッフの人員に制限をかけることで情報漏洩しないような対策が採られているのです。

チャットレディの個人情報を流用したり、漏洩することによってチャット会社が得られる利益はありません。
むしろ、様々な損失につながる危険性があるのでチャット会社から情報が漏れることは原則としてありえないのです。

心配すべきは女性自身の気の緩み

チャットレディの仕事で気になるのが、身元がバレてしまうことです。

結婚時など、チャットレディをしていた過去がバレてしまうとトラブルになる可能性があるので、情報が漏れないか心配になる女性がいることは十分、理解できるものです。
しかし、チャット会社は厳重に情報管理しているため、そこから情報が漏れる心配はありません。
むしろ、心配すべきは当人の口から秘密を漏らしてしまうことです。
チャットレディで成功すれば、風俗並みにお金を稼げます。

多額の貯金も可能で、お酒を飲んだ際などに貯金額を自慢し、チャットレディをしていた過去を他人に漏らしてしまうようなケースも良くあります。
風俗嬢もそうですが、チャットレディも秘密を自ら漏らしてしまうケースが実は多いのです。
身元がバレるのが怖いのであれば、自ら秘密を漏らす事は絶対に避けなければなりません。
多額の金銭が稼げていくら気持ちが大きくなっても、気を緩めず、親しい友人や家族に対しても秘密を漏らしてはならないのです。

まとめ

チャットレディの仕事をする場合には、個人情報の提出が求められます。
風営法より女性が18歳以上であることを確認しなければならず、従業員名簿を確認するためにも必要だからです。
そして、女性が辞めても3年間は個人情報はストックされます。

女性が辞めても3年間は従業員名簿を保存するよう風営法で定められているからです。
辞めて3年が経過すれば、自動的に個人情報が消去されるケースが多くなっています。
と言うのも、個人情報を保持し続けることによってチャット会社が得られる利益はなく、情報漏えいのリスクを抱えてしまうからです。
チャット会社は個人情報保護法に従って運営しているため、個人情報が会社から漏れる危険性は基本的にありません。

それよりも、チャットで成功した女性が、貯金額を自慢するなどして自ら秘密を漏らす危険性が大きいので、自ら秘密を漏らさないように注意しなければならないのです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする