手コキ風俗の待機は集団待機と個室待機どっちがストレスない?

手コキ専門店は、性感マッサージなどと並んで風俗初心者の女の子に人気のあるお仕事です。
本記事では、そんな手コキ風俗でのお仕事の一場面、待機部屋の選択について考えてみたいと思います。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

手コキ専門店のふたつの起源。

手コキ専門店自体はオナニークラブ、通称「オナクラ」を起源とするタイプと、性感マッサージ、別名「回春マッサージ」を起源とするタイプに分かれると見ることができそうです。
オナクラも性感マッサージもソフト風俗の代表で、ソープランドのような本番はもちろん、デリヘルのような素股も、ピンサロのようなフェラチオもやる必要はありません。
それどころか男性客からのタッチも許されていないのです。
M(マゾ)気質の男性客でしたら、これはこれで結構、満足が行ったりしています。

アニメ好きというか女性神聖化気質のある男性客でも、このプレイ形態で行けるでしょう。
しかし普通の性欲をもつ男性客でしたら、そんなプレイで満足できるわけがありません。
そういった彼らのために開発されたのが「手コキ」なのです。
デリヘルでは本番ができないので仕様がないから「素股」をする、ピンサロではそれもできないから仕様がないから「フェラ」をする、というのに似ています。

このようにオナクラ経由での手コキと、性感マッサージ経由の手コキの2つの起源が考えられるわけです。

手コキ専門店の高級店?

質問 疑問さて手コキ専門店でも、オナクラ起源のお店を見てみると、それがいわゆるロリータ路線であることが分かります。
黒髪清楚な制服が似合いそうな少女たちを集めて男性客に非日常的な体験をさせようというのが、その類のお店のねらいです。

それに対して、性感マッサージ起源の手コキ専門店を見てみると、在籍女性のタイプがずいぶん違うことに気づきます。
オナクラ起源の手コキ専門店と同じく、在籍女性の年齢は総じてひどく若い、具体的に言うと18歳から22歳くらいなのですが、売り出し方がずいぶん違うのです。
性感マッサージ起源の手コキ専門店のほうは、在籍女性が「若いOLさん」、「若い美人秘書さん」という売り出し方をしています。
客層を考えてのことでしょうが、こういった売り出し方をしている手コキ専門店は「高級店」と呼ばれることが多いです。

高級店での待機事情。

ただ手コキ専門店はソープランドのように「格安店・中級店・高級店」という歴(れっき)としたハイアラーキー(ヒエラルキー)があるわけではないので、高級店の手コキ専門店は「手コキのサービスを受けたいけど、ロリータはちょっと・・・」という男性の客層を意識してお店作りをしているというのが実態でしょう。
さて本記事では特に、この高級店としての手コキ専門店での待機事情に焦点を合せてみたいと思います。
まずは、待機には個室待機と集団待機があることから押さえておきましょう。

個室待機。

個室待機とは風俗嬢さんたちそれぞれにプライベートスペースが与えられて、そこでテレビを見たりだとかスマホをいじったりして自分の時間を過ごすことが許されている待機のかたちです。
ただ、お店にもお財布事情がありますから、例えばマンションの一室丸まるをそれぞれの風俗嬢さんに貸すことなどできず、実際はカーテンなんかで仕切られた一畳程度のスペースが与えられるだけの場合がほとんどというか、絶対そうです。
安っぽいマンガ喫茶みたいなものをイメージしてもらえばよろしいでしょう。

集団待機。

個室待機に対して集団待機とは、すべての風俗嬢さんたちが一室に詰め込まれる(?)タイプの待機方法のことです。
お店としても、ただマンションの一室を借りれば良いだけですから、集団待機の方法を取ったほうが安上がりですみます。

集団待機のメリット・デメリット。

Good, Bad手コキ専門店は、どこのお店も大概ホテヘル形式かデリヘル形式です。
デリヘル形式では、マンションの一室に事務所を構え、そこで24時間すきな分だけお店の運営ができるという方式に成ります。
これは風営法上認められたことです。

ホテヘル形式とは「案内所」なるものが設けられ、そこを男性客がまず訪れ女の子を選んでからホテルに行って待つことに成ります。
このホテヘル形式の場合、お店は夜中の12時で閉めなければなりません。
これも風営法で定められたことです。
ホテヘル形式で回しているお店でも深夜帯デリヘルで営業していることが多いです。

いずれにせよ、手コキ専門店での待機方式はデリヘルと同じ状況に成ると考えればよいでしょう。
これを集団待機でまず、考えてみたいと思います。
デリヘルだと、集団待機部屋は事務所のあるところと同じマンションに「ただの一室」としてあることが多いです。
その「ただの一室」に出勤したデリヘル嬢さんたちがタコ部屋状態で待機することに成ります。

これだけでストレスを感じるひとも居ると思います。
しかも気苦労に成ってしまうのは、同じ部屋にはいろいろな年代の風俗嬢さんが居ることが多いからです。
手コキ専門店はデリヘルなんかと比べて在籍女性の年齢の幅が狭いと言われています。
これは手コキ専門店自体、若い娘を中心としていることが多いからです。

しかし高級店系の手コキ専門店の場合、ロリータ系の手コキ専門店とは違って比較的在籍女性に幅が出てしまいます。
30代までその幅は伸びて行くかも知れません。
そうすると難しい人間関係に消耗してしまう可能性もあるわけです。
その人間関係のトラブルに望まないかたちで巻き込まれてしまうことだってあります。

こう考えると「ぜったい個室待機がいい!」と思う女性が出て来るかも知れません。
しかし集団待機はデメリットばかりでしょうか。
もうすこし考えてみてください。
お金に困って、止む無くソフト風俗として手コキ専門店で働き始めたとします。

お仕事は謎のちょっとM傾向のある男性と、ホテルかレンタルルームで秘めごとをするばかり。
携帯そしてお店に帰ったら次の指名まで孤独に個室部屋でスマホをいじくっている・・・。
どうでしょうか。
ちょっとイヤじゃないでしょうか。

確かに、個室待機でも男性スタッフなんかと話すことができるでしょう。
しかしながら、できれば同業者の女性と話してみたいと思わないでしょうか。
個室待機のデメリットはズバリ、友達ができないところにあります。
確かに「風俗でプライベートなことを同僚に絶対話しちゃダメ」ということはよく耳にします。

でも、だったらプライベートなことは抜きにして手コキ専門店の同僚と話せば良いのではないでしょうか。
人間の付き合いというものは案外そういったものであることが多いです。
相手のことを何も知らなくても話題はたくさんあります。
天気のこと、社会のこと、そして男性客の悪口とか・・・。

たぶん、上手く行っている手コキ専門店の集団待機部屋だったら「お互いのプライベートは探り合わない」という暗黙の了解ができているはずです。
そういうところなら、むしろ浸ってみたいと思いませんか。
誰も孤独は好きではないはずです。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
手コキ風俗の待機は集団待機と個室待機どっちがストレスない?」というタイトルで記事を書かせて頂きました。
以上の話を踏まえて言うなら、だれしも好みそうな個室待機は案外ストレスが溜まるものだということが分かります。

情報収集のためにも、そして上辺だけでも友達は心地よいものなので、ここは是非、思い切って集団待機を選んでみてはいかがでしょうか。
思ったより集団待機にはメリットがあるというのが本記事でお伝えしたいことなのです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする