風俗未経験でいきなりAV女優で働くのはハードルが高い?

風俗での経験もないけど、それでもAV女優として働きたいと思っている女性もいるのではないでしょうか。
ですが、風俗での経験さえない場合、やはりAV女優として働くのは難しいのではないか…そのような不安がある人もいるでしょう。
そこで、風俗未経験でもAV女優として働くことは出来るのか。
模索してみましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

結論からいえば、「関係ない」

Ok結論から言えば、風俗経験ははっきり言ってしまえば「関係ない」です。
風俗経験があった方が良い訳ではありませんし、かといって風俗で働いた経験があるからAV女優としては無理ということもありません。
風俗で働いていた方が、免疫はつくでしょう。

人前で裸になることに対しての免疫、恋人ではなく、その日初めて顔を合わせた男性との絡み。
風俗経験がなければそれらの性的なシチュエーションの免疫がないので、緊張して体が思うように動かなかったり、笑顔がぎこちなかったりといったことはあるかもしれません。
ですが、それらはあくまでも「免疫」程度のものであって、「なければならない」ものではありません。
風俗未経験であっても、人気AV女優としてガンガン働いている女性とて多々いますので、ほとんど関係ないでしょう。

リスクはないのか

風俗未経験からのAV。
このルートは特に珍しいものではないので、稼げる・稼げないはほとんど影響しません。
風俗未経験であっても稼げる子もいますし、風俗経験者であっても稼げるとは断言出来ません。

すべては本人次第です。
むしろ、風俗の場合はどうしても性病の問題があります。
どれだけ女の子や風俗店側が気を使ったとしても、お客が性病であればすべてが台無しになってしまいます。
お客に移されてしまい、自分でも分からないうちに性病にかかっていたので、結局は他のお客に性病を移してしまう可能性とてあるでしょう。

その点AVではコンドームの着用は徹底していますし、撮影現場はとても綺麗です。
AV女優のことをとても大切に扱ってくれますので、気持ちが上手く整理できない時には撮影を一旦中止することもあります。
撮影中に悩みが出てきたような場合、スタッフや監督が相談に乗ってくれることもあるでしょう。
これは風俗ではなかなかありません。

お客との絡み中に急に気落ちしたとしても、その時間は頑張ってお客に奉仕しなければならないのです。
AV女優と風俗嬢。
どちらの方が大切にされているのかなど、わざわざ説明するまでもないのではないでしょうか。

それぞれのメリット

もちろん風俗で働くにしてもAV女優で働くにせよ、メリットとデメリットがあるものです。
まず、風俗で働くメリットはやはりバレにくい点です。
基本的には一対一で個室でお客を相手にすることになりますので、お客以外には顔を見られることはありません。
ホームページに掲載される自分の写真も顔出しNGにしておけば、実際の顔はお客以外には見られることはないので不特定多数の人に自分の顔を知られるようなことはありません。

逆にAV女優の場合、どうしても多くの人に顔を見られることになってしまいますので、風俗と比べれば自分のお仕事がバレやすいでしょう。
だからこそ、AV女優の方がギャラが良いという考え方も出来ます。
単純に拘束時間に伴うギャラを考えたらAV女優の方が圧倒的に良いでしょう。
時計但し、これはあくまでも「拘束時間」に対してのギャラです。

風俗の場合、いつでも働けます。
自分自身が希望すれば、それこそ毎日でも稼げるでしょう。
体は疲れますが、それでも頑張ればガンガンお金が稼げます。
一方のAV女優の場合、契約形式によっては何日も撮影が無かったり、あるいは人気がなかなか出ないので結局は作品をリリースすることが出来なかったり、単体女優になりたかったものの、そこまでの人気にならないので企画女優にならざるを得ないケースもあるでしょう。

AV女優もまた、完全な人気稼業になりますので、人気次第です。
風俗も人気稼業ではありますが、お店が人気であれば女の子目当てではなく、お店目当てでやってきた男性から指名されるかもしれません。
さらには働きやすさ。
こちらに関しても風俗の方が気楽でしょう。

なぜなら、風俗では面接で落とされるようなことはまずないと考えてよいでしょう。
一方のAV女優にはそれなりのレベルが求められています。

どこまでの「妥協」なのか

このように、風俗で働くにせよAV女優として働くにせよ、どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあることが分かります。

稼げるのか稼げないのかも含めて、それぞれ一長一短なのですが、極論すれば自分自身がどこまで妥協出来るのかにかかっていると言っても過言ではありません。
多くの人に顔をさらしても良いから稼ぎたいと思うのであれば、AVの方が断然良いでしょう。
逆に、出来る限り誰にもバレたくないと思っているのであれば、当たり前ですが風俗の方が良いでしょう。
処女だけど、でも稼げるお仕事が良いということで風俗でと思うのはありですが、処女だけどAVにとなれば、当然ですが初体験をAVで行うことになります。

その場合、ギャラは高いでしょう。
風俗では処女はそこまで価値がありません。
ソープ以外では、手か口での奉仕になりますので、処女であることに対して驚かれるとしても、男性客はそこまでメリットを感じないのです。
処女相手でも熟練者でも、手や口ではそれらを感じることは出来ないのです。

一方、AVであれば処女ということで大々的にデビュー出来るでしょう。
その後もある程度は「AVで処女を失った女優」として、ある程度の作品のリリースが保証されますので、ギャラも安定するでしょう。
ですが、これらを決めるのはすべて自分です。
とにかく処女なんてどうでも良いからお金を稼ぎたいと思ったらAVの方が、このように言っては失礼ですが「処女」による収入は増えるでしょう。

一方、風俗では処女でもそこまで所得に反映されません。
但し、初体験に発展するようなケースもありませんので、「その日であった見知らぬ男性と初体験」ということはないでしょう。
また、それならソープなら価値があるかもしれないと考えるかもしれませんが、ソープでも「処女」として売り込めるのは一度だけです。
二度目からは処女ではなくなってしまいますし、何よりソープの場合、処女でも積極的に雇ってくれるところがあるかは不明です。

石鹸ソープがどのようなお仕事なのかを分かった上で、それでも処女だけど稼ぎたいと思う女性など古今東西聞いたことがありませんので、自分自身の処女をより高額なお金に変えたいのであれば、AV女優の方が良いでしょう。

まとめ

このように、風俗とAV女優にはそれぞれ特徴があります。
良い悪いや優劣の問題ではなく、自分がどちらの方が良いのかを考えるべきでしょう。

それらを考えた時、自分自身はどちらで働く方が良いのか答えが見えるのではないでしょうか。
どちらも性的なサービスのように思いますが、客観的に考えると同じではありません。
取り巻く環境、ギャラ、自分の負担、報酬の継続性。
どれも全く違いますが、自分自身の体を武器にするということだけは共通しています。

そのため比較されやすいのですが、実際にはそこまで共通している訳ではないので、もしも本気で働くつもりがあるならば、自分はどちらの方が向いているのかや、どちらの方が稼げるのかを様々な条件を照らし合わせて考えてみると良いでしょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする