AV女優デビューするまでの流れを解説

男性に夢を与えるお仕事、AV女優。
昨今ではAV女優になりたいと言う女性もたくさんいます。
AVに出たい気持ちはあるけど、そもそもどうすればAV女優になれるのか分からない、と言う女性も多くいるでしょう。

どのような流れを経て念願のAVデビューを果たせるのか、説明していきます。

まずは面接を受けてみる

面接AV女優になるにあたり、まずはプロダクションに所属する必要があります。
そのためには面接で採用されなければなりません。

求人の探し方は、「AV 求人」「AV 面接」「AV なるには」などのワードで検索すると良いです。
昨今はAV女優に志願する女性が多いので、各社とも人材を求めているのです。
応募先を決めたら、後は実際に面接に赴くだけです。
履歴書が必要な場合もありますが、特に用意する物はありません。

AV女優の面接と言っても、一般的な企業のそれと変わりません。
人事担当者と話をするだけです。
どう言うジャンルが希望なのか、NGプレイはあるかなどを聞かれるほか、プロフィール作成として経験人数や好きな体位、オナニーの頻度、性癖などを事細かに答える事を求められます。
この質問事項は出演作のジャンルや内容などに大いに影響しますから、しっかりと回答しましょう。

面接では何ら怖い事はありません。
担当者も女性の緊張をほぐすために世間話など他愛ない会話をしてくれるなど気づかってくれますので、過度に緊張する必要はありません。
自然体でいきましょう。

企画とか単体とかは何で決まるの?

AV女優は単体、企画単体、単体と3つに分類されます。
単体女優はその女優だけで1本の作品が作れるだけのブランドを持ち、ギャラが最も高いのが特徴。
1社との専属契約を結ぶので、契約期間中は他社の作品に出演する事は出来ません。
企画女優は、単体のよう専属契約をしているわけでは無いので自由度が高く、出演本数も本人の希望次第でいくつでも増やせるメリットがあります。

ギャラは単体よりも一気に下がりますが、多く出演すれば単体以上に稼ぐことが十分可能です。
企画女優は、10人以上など複数で出演する女優です。
素人ものやエキストラとして出演する事になり、名前だけで売れる事はまずありません。
ギャラは3万~10万程と大きく稼げるわけでは無いので、OLや学生などが副業程度に出演するケースがほとんどです。

これら3つのうち、どの女優になるのか疑問に思うでしょう。
女性 シルエットプロダクションによって求める女優像はそれぞれです。
ルックスやプロポーション、集客力など全てにおいて高いクオリティを求める会社であれば単体、そこそこのレベルで集客を行うのであれば企画単体、容姿等はあまり重視せず、とにかく人数を多く集めたいのであれば企画単体と、各社ごとに求めるものが違います。
ですから、自分が応募するプロダクションがどの女優を求めているかを知っておかないと、その後のAV人生狂いが生じる恐れがあります。

容姿に自信がないけど単体女優でデビューしたいと思うのであれば、とりあえず面接を受けてみると良いです。
高いレベルを求められるのは間違いありませんが、採用担当者の判断によるところもあるのでダメ元で受けてみるのも方法と言えます。

メーカーや関係各所への営業

晴れて採用され、AV女優の肩書を貰ったところで、残念ながら仕事が来る事はありません。

その前にメーカーや出版社などへの売り込み活動が必要です。
これら地道な活動を重ねる事で、仕事のオファーが来るようになるからです。
仮にデビュー作への出演が決まっても、その後何の仕事もないと言う事態は十分あり得ます。
デビュー作1本限りで消えていく女優がいるのも事実。

そうならないために、プロデュースは必須事項なのです。
特にメーカーへの営業活動は大事です。
プロダクションに新規に登録された女優をメーカーが知る手段がないためです。
プロダクションに所属しているだけではデビューは望めないので、始めのうちは必死に営業活動して顔を知って貰う事が必要なのは言うまでもありません。

宣材撮影

撮影 カメラ採用されてから最初の仕事は宣材写真の撮影です。
これはメーカーに配布するための写真であり、出演オファーを貰うためは必須のもの。
なのでプロのカメラマンやメイクに依頼して撮影する本格的な写真となるのです。

そもそも「デビューする」っていつを指すの?

デビューするとは言いますが、そもそもどの段階をもってデビューしたと言えるのでしょうか。
女優からすれば、採用されて写真撮影をして、メーカー訪問などしてとさまざまな活動をする訳ですが、厳密に言えばデビューしたとは言えません。
一般的にデビューしたと認知されるには、最初の作品が発売されて流通する事が必要です。

つまり初の出演作が店頭に並んだ日が「デビューした日」なのです。
消費者がその作品を手にする事が出来た日=デビュー日と言う事。
業界内部でのみ仕事をしても、デビューしたとは言えないのです。
やはり一般消費者に知って貰ってこその仕事なので、デビューできるかどうかは女優の明暗を分ける特別な事なのです。

デビュー=初出演作の発売日、と言う認識でいましょう。

スカウトされてデビューする例もある

プロダクションの求人を見て応募する女性が多いですが、スカウトされてプロダクションに所属する女性もいます。
昔はスカウトが主流でした。

募集してもなかなか応募者が集まらなかったのが最大の原因。
中には強引にスカウトしてまでプロダクションに所属させる例も多かったそうです。
ですが、現在はAVに対するイメージもかなりクリーンになり、女性自ら志願すると言った流れにシフトしてきました。
プロダクションによる募集で人を集める事が出来るのなら、もはやスカウトは必要ありません。

とは言え、今もスカウトは存在しています。
有名な単体女優でもスカウトされてデビューした例はいくらでもあります。
スカウトが未だ存在するのは企画単体、もしくは単体女優の2つ。
街中で「売れる!」と目をつけた女性を手当たり次第に声がけする手法は昔と変わらず残っているのです。

ただし、おおっぴらにスカウト行為をすると警察の目に触れるリスクが高まるので、スカウトマンは場所を気にしながら活動しています。
条例によってスカウト行為などの迷惑行為を取り締まる世の中の流れが加速しているため、AVスカウトは以前ほど盛んではなくなっているのが現状です

ぶっちゃけ、AV女優になるのは簡単ですか?

究極的な問い、と言っても良いかも知れませんが、AV女優になるのはそこまでハードルの高い事でしょうか。

単体とか企画単体とかにこだわらなければ、実はそこまでAV女優の敷居は高くありません。
単体を目指すのであれば、やはり誰が見ても(もちろん、同性も含む)高いレベルのルックスや容姿が必要なのは言うまでもありませんし、嫌でも分かる事です。
しかし、企画単体、或いは企画女優であれば、「並み」か「並み以上」であれば女優になれる可能性は決して低くありません。
NGプレイの多寡も多いに関係しますが、まずは顔や容姿と言った第一印象で決まるものは、ハッキリ言って単体以外であればそこまでハイレベルでは無いのです。

企画女優でもデビューできるなら良いや、と言うのであれば、ほぼ間違いなく採用でしょう。
プロダクションによっては面接に来た女性はほぼ例外なく採用すると公言しているところもあります。
どんなプレイでも対応可、顔出ししてもしなくてもどちらでも良いのであれば、ほぼすんなりと採用されると言って良いでしょう(ただ、デビューできるかどうかは別です)。

まとめ

AV女優としてデビューするには、さまざまな道のりが待っています。
メーカーなどへの営業活動、宣材写真撮影など、一般人の知らない所で地道に仕事をしていかなければなりません。
採用されただけでは、作品に出演すると言う、本来の意味でのお仕事は回ってきませんから、自分を売り込む活動はとても重要です。
華々しく見えるお仕事ですが、デビューするには相応の大変さがあるのです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする