キャバクラ未経験の人には研修とかあるの?

どんな職業でも、未経験の状態だと、「働き始めた後にはどんなことが待ち受けているのか」、「自分に勤まるものなのか」など、不安が先に立ってしまうものです。
それが、事務職やコンビニなど、ある程度内容がわかるものならともかく、風俗だったりキャバクラだったりすると、まったく体験したことのない方であれば、一般職と比較して、未知の領域としての「見えない不安」は非常に大きくなることが想定されます。
そういった未経験者でも、敷居を低くするために、キャバクラには体験入店などの制度もあるのですが、体験入店を経たあとは、通常の職業でよくみられるような研修や講習というものは、あるのでしょうか。

キャバクラの研修ってどんなもの?

質問一般職の研修の位置付け

一般企業においての研修制度は、ごくごく普通に存在しているもので、その内容も多種多様です。
一般職や総合職での研修制度は、マネジメント研修や自己啓発研修など、社会人経験のある方向けの上昇志向の高い研修から、専門分野に特化したような特殊な研修まで、非常に幅広い種類があります。

企業に入ってすぐに体験するような研修の代表的なものとしては、新人研修があります。
新人研修は、社会人としてのマナーや礼儀作法、その会社のルール、基本的な社風などを身につけることができるものです。
就業経験がなく、社会人としての心得をよく理解していなかったり、その会社の社風や、社歴に長い人の考え方などがわからなかったりする中で、新人研修は、非常に意義のあるものとして機能していることが多いものです。

キャバ嬢としての心得を知る

キャバクラの新人研修も、基本的には一般企業の新人研修と、意義は同じであると考えてよいでしょう。
製造業であれば、製造現場に出向いて、実際に仕事をしているところを見学したり、製造を実演したりすることもあるかと思いますが、キャバクラの研修においても、お店の店長から、基本的なお店の方針を聞けたり、スタッフによる時間割や制度の説明があったり、一般企業と同じような「社会人としてのマナー」を教えてもらったりもできます。
キャバクラの場合、「社会人としてのマナー」に加えて、水商売系の接客業としての心得、いわば「キャバ嬢の心得」的なものも、研修で教えてもらえます。
お店からすると、初めて従事する方の不安要素を取り除いて、利益に貢献してもらえるようになってもらう教育の一環ですから、いい加減なものではない、と考えられます(もちろんお店によりけり、というところはあります)。

どのタイミングで研修があるのか

キャバクラの新人研修のタイミングはいつなのか、といいますと、これはさまざまです。
社会人マナー的なものは、面接のときに説明を受けることもありますし、入店した後、いわゆる「研修期間」という、いってみれば「見習い期間」のような期間を設けているところもあります。
長いところでは、三か月~半年くらいの期間を、「研修期間」として設置しているようです。

このあたりは一般企業と同じで、あくまでもお店や会社の方針に左右されるところです。
また、入店したあと新人としての研修期間を経て、ある程度慣れてきた後も、場合によっては追加研修(これは「講習」と呼ばれている場合もあります)があったりもしますが、運転免許更新時の講習や、一般企業における自己啓発研修やスキルアップ研修のように、「(キャバ嬢として)ワンランク上を目指すための研修」、といったイメージです。

キャバクラ研修の具体的な中身

タバコや灰皿、ドリンクのさばき方

灰皿キャバクラに限らず、接客型の飲み屋さんでは、映画やドラマなどでおなじみの、「お水(水商売系)の女性のふるまい方」的なものも、教えてもらえます。
たとえば簡単なところでは「お客さんのタバコの火のつけ方(水商売系では、お客さんがタバコを吸う際に、両手を使って火をつけることが一般的です)」や「灰皿交換のしかた(よく見かけるのは「灰皿にあるタバコの吸い殻が2つ以上になったら、灰皿を交換する」といったものです)」などです。
それから、水割りなどのドリンクをテーブルで作って、お客さんに渡す際には、ハンカチなどでグラスをぬぐうというアクションも一般的(というか常識的)なアクションです。
これらのアクションは、映画やテレビで見るのと、実際にやってみるのでは大きく異なることは、キャバクラに限らず、スポーツや料理にもいえることなのですが、このあたりのアクションをおこなう際の具体的な手順や、お客さんの行動をあわせた「呼吸」のようなものも、研修で学ぶことができます。

まったくのキャバクラ未経験者であれば、「研修に数か月を要する」というのも、理解できるところかと思います。

気配りの重要性

また、「社会人マナー」や「キャバ嬢としての心得」というところにも直結してくるのですが、居酒屋や酒屋などと比較して、料金が高くなりがちなキャバクラでは、「気配りの重要性」といったところも、研修で教え込まれたりもします。
お客さんからすると、同じ「ウィスキーを飲む」という行為であっても、かかる料金がそれなりに異なってくるので、費用対効果といいますか、それなりの「付加価値」は当然のように要求されるわけです。

この「付加価値」を、キャバ嬢の容姿や「気配り」で充てんするのですが、こういった「基本的な考え方」も、研修時に教え込まれることの代表的なもののひとつです。

別のお店で研修する場合もある

お酒 バーさらに、キャバクラ研修の「あるある」として、「系列店での研修」を課せられる場合もある、ということを覚えておきましょう。
これは、とあるお店を希望して面接に行き、「水商売が初めて」だったり、「キャバクラが初めて」だったり、といった話をした場合に、別のお店での研修を指示されることがある、ということです。

これは、キャバクラは系列化が進んでいて、その中でもお店のランクが設けられていることが多く、上のランクのお店を希望して面接を受けて、なおかつまったくの未経験であったときに、基本的なルールやマナーを身につけるため、いわば勉強のために、下のランクのお店で研修をおこなう、というものです。
上のランクのお店とは、つまり「高級店」であり、お客さん単価もそれなりに高いわけで、そうすると、お客さんの要求レベルも高くなり、嬢の容姿だけではなく、キャバクラならではの付加価値である「(先にお話しした)気配り度」も要求される頻度が高くなるのです。
高級店としては、お客さんへの接客におけるミスやトラブルが起きるリスクをなるべく軽減して、ステータスを維持する、といった面もありますので、下のランクのお店できちんと「教育=研修」を施す、という狙いとなるわけです。

まとめ

キャバクラでは、一般企業と同じように、新人研修があったり、お店の売上や利益を伸ばすための講習が設けられていることが一般的です。
研修は、社会人の基本的なマナーから始まって、キャバ嬢としての心得、居酒屋や焼き鳥屋さんよりも高い飲み屋としての「気配り」のしかた、それに、タバコの火のつけ方や、灰皿やグラスのさばき方など、水商売としての基本的なアクションを含めて、非常に多岐にわたります。
このため、場合によっては研修期間が長期間に及ぶこともありますが、逆にいえば、キャバクラ未経験の方でも、キャバクラで働くことができるようになる「教育制度」が充実している、ということもできそうです。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする