AV女優の中にはコンドームなしの人もいるけど給料変わるの?

風俗業界に入るならAV女優になってみたいと思う女性も少なくありませんね。
普通の女優さんやタレントさんとは世界がちょっと違うけれど、CS番組などではAV女優の露出の場も多く存在しています。
ただ作品を見ているとコンドームなしでのプレイを平気でしているものもある。
ここでは多くの女性が疑問に思っているAV女優の仕事はプレイ内容の違いによって報酬が違うのか?

について紹介します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

AV女優の種類を知る

カメラ 撮影近年では沢山の女性がAV作品に出演をしています。
従来のパッケージ作品ばかりではなく、インターネットのみで有料ですが閲覧することができるようなサービスも誕生しています。

この手の作品の多くは「素人系」をコンセプトにしていることが多く、そこら辺にいる女子大生やOLさんといったような「普通の容姿」の持ち主の需要が高いわけです。
このためこれらの作品に出演している女の子を素人系AV女優と呼んで差別化しています。
とはいうものの従来のAV女優でも基本的にはランク分けされているのをご存知でしょうか。
それぞれのランクによって支払われる給料も違ってきますから覚えておきましょう。

単体女優

まずは単体女優です。
単体女優というのはプロダクションや事務所に所属していたり、メーカーなどと契約している「女優名」があるAV女優になります。
契約しているメーカーの作品以外には出演することが不可能になり、月に1度ペースでの撮影が義務付けられるというのが一般的です。

名前だけで作品が売れたり、AVマニアのみならず一般に周知されているほどに人気が高い女優でありAV女優女優の中の最上位ランクになります。
1本あたりの給料は50万円から150万円が相場になります。
ルックスやプロポーション、プレイへのポテンシャルなども重要視されますから、ほんの星の数ほどいるAV女優の中でほんの一握りしかいないとされています。

企画単体女優

次に企画単体女優です。
略して「キカタン」などと呼ばれるランクですが、単体女優ほどに認知度が高くないAV女優です。
ルックスなどは単体女優レベルに高いものを要求されますが、メーカーと専属契約を結ぶことがないため複数のメーカーの作品に自由に出演することが出来ます。
このため撮影本数に制限がされないため1本当たりの給料は15万円から50万円と単体女優よりも単価が低いです。

その代わりといっては何ですが声が掛かりスケジュールが空いていてやる気があれば本数をこなすことが出来ますから、トータルで単体女優よりも月収が上回ることも当たり前にあるのです。
またキカタン女優でも話題になり人気が爆発すれば、1本当たりの給料も単体女優を上回ることも可能です。
一番フットワークが軽く稼ぎやすい女優と言えるでしょう。

企画女優

最後に企画女優です。
企画女優はまず企画ありきでその企画にマッチした時に呼ばれるAV女優です。
例えば素人ナンパものに出演している素人系AV女優などは企画女優に分類されます。
一つの作品中に複数人で出演したりします。

海の家でナンパした女の子をワゴン車などの車内でセックスするなんて作品が代表的ですね。
プレイの幅が広いのが特徴であり、手コキやフェラだけで終わるケースもあったり、数時間という短めの撮影時間のため3万円程度の報酬というのが一般的です。

プレイ内容で給料が変わるのか?

お金 財布プレイ内容によって給料は違ってくるのか?

という疑問ですが、プロダクションに所属しているAV女優であればマネージャーなどが当然ついていたり、事前に出演する作品でどのようなプレイが行われるかの事前の打ち合わせがあるのが一般的です。
中には非常に適当なプロダクションも存在していて、そういったやるべきことを行わないような劣悪プロダクションもあり、どんなプレイを行う撮影でも一律給料は一緒なんてところもあります。
しかしながら特に単体女優などになれば、「生中出し遂に解禁!」なんてタイトルをつければバカ売れすることもありますから、報酬がアップすることが多いようです。
コンドームを使わなければ、性病などに感染してしまうリスクを抱えますし、最悪の場合にはエイズに掛かってしまうリスクもあります。

中出しすれば妊娠のリスクも抱えることになります。
ハイリスクを抱えるのであれば、報酬を高くして欲しいと交渉するのは当然のことではないでしょうか。
むしろそれを行ってくれないプロダクションであれば、あまり所属するのは勧められないといえますね。
ただし妊娠のリスクについてはピルの常用やアフターピルを使用することで対処することが出来ますから、その点を考慮して報酬が変わらないというケースもあるようです。

性病に関してもコンドームを使わない生ハメ作品の場合には、AV女優とAV男優の両方に性病検査やエイズ検査を義務付けて事前に検査に行ってもらい、安全を確保してから撮影に入るというのが一般的なメーカーが行っている対策になります。
リスクヘッジをメーカー側でしっかりとするから給料に関しては据え置きでなんて交渉をするのも普通にありますから、その場合には報酬が高くなるなんてことはないでしょう。

リアルさを追求しなくても大丈夫

風俗の世界でもそうですがAV作品の中では、リアルさよりも「それらしく見える」ことが重要であり、撮影テクニックでカバーできるプレイも多いです。

例えば生中出しなんてタイトルの作品でも、コンドームを着用してセックスをし、疑似精液を仕込んで中だししたように見せかけるなんてことは当たり前に行われています。
母乳ものなどでも擬似バストを作成してそこに疑似母乳を仕込み、吹き出すように仕掛けを作ったりなど、結局はそれらしく見せて男性が興奮できれば良いと考えているわけです。
ずるいと思われるかもしれませんが、風俗の世界でも人妻店の中にどれだけリアルな現役の人妻が在籍しているのか?
という話です。

女子大生などの素人専門なんて風俗店でも風俗業界に足を踏み入れた時点で最早素人ではありませんよね。
見た目や態度など要は見せ方によってそれらしく見せれば良いわけですから実際に中だしモノの作品に出演するからといって、事前の打ち合わせなどでゴム着用で擬似精液での演出を依頼すれば十分に受け入れてもらえます。
そもそもレイプものの作品なんて撮影していること自体が違法行為であり犯罪ですから、世の中に出回るのは一部のアンダーグランドな世界でだけということになりかねません。
このように無修正(モザイク無し)のAV作品に出演でもしない限り、もちろんメーカーや監督などの意向にもよりますが、そこまでコンドームなしの作品だからといって、リアルにコンドームなしで中だしを追求するなんてことは義務付けられていないということを覚えておくべきでしょう。

報酬は基本的には変わらない

棒グラフ素人系のAV作品にでてコンドームなしで中出しされたのに10万円なんて給料だったなんて書き込みなどが見られますが、AV女優として作品に出るなら、プロダクションに所属をして事前に作品の打ち合わせをするのが一般的な方法です。
それ以外のアプローチなら素人が勝手にハメ動画を撮影しインターネット上に公開してアクセス数を稼いだり、個人的に販売するのを目的としている場合が多いもの。
しっかりとしたメーカーの作品の場合には、事前にリスクヘッジを行うものですし、その代わりに給料は変わらないというのが一般的。

リアルさを追求されるのであれば、プロダクションとメーカーの間でギャラ交渉が行われるのがスタンダードです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする