AV女優は性病に意外とならない!?撮影現場の安全性

AV女優になるのは別に嫌ではないものの、性病など、安全性に関して不安があるので躊躇しているという人も多いのではないでしょうか。
バレるよりも性病にかかって将来の自分に影響が出るようになっては後悔してもしきれない。
そのような女性も多いのではないでしょうか。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

AV撮影現場は安全を徹底しています

撮影 カメラAVを見たことがある男性であれAVの撮影現場が安全なものだということくらいは分かっているでしょうね。
なぜなら、AVの撮影現場は基本的に環境が整えられています。
風俗よりも安全とさえ言われているほど。
ですが事情をよく知らない女性からすれば、「AVは安全だ」と言われてもピンと来ないのではないでしょうか。

一体なぜAVが安全なのか。
まず、男優は性病チェックをしています。
もしもですが、男優が性病にかかっているとすれば女優に性病を感染させてしまいます。
そのような男優など、どの監督も使いたいとは思わないでしょう。

AVといえば「ただヤっているだけ」と思っている女性が多いかと思いますが、撮影の前には男優とAV女優を二人にしてコミュニケーションをとってもらい、よりナチュラルな雰囲気を生み出してもらったり、喋ることによってAV女優にリラックスしてもらうなど、現場環境はとにかくAV女優のことを気遣っているのです。
そのため、性病にかかっている男優など使うわけがないのです。
性病にかかっている男優など使われないことが分かっていますので男優としても気を使っているのです。
極論ですが、AV女優は代わりがいません。

ですがAV男優に関しては代えはいくらでもいるのです。
代わりの存在になったとしても、AVを楽しんでいる男性は男優にこだわりなどないのです。
もしもですが、パッケージとは違うAV女優が出ていたら男性視聴者は落胆でするでしょう。
ですが男優のことなどほとんどだれも見ていないのです。

それでも絡みでは必要な存在のため、使われているのですがよほどの有名な男優で、さらにはAV女優も有名で有名女優と有名男優の絡みが作品のテーマとなっていれば話は別ですが、基本的に男優はそこまで大切にされていないのです。
そのような立場の人間が性病にかかっているとでも営業に支障をきたすのは言うまでもありません。
男優にとっては、撮影現場はただ撮影するだけではなく、次に呼んでもらえるのかどうかの営業的な側面もありますので、「呼ばれない」は致命傷なのです。

絡んでいるのに安全なの?

質問これもまた、男性であれば既に安全なのはご存知でしょう。
ですが普段AVを見たことがない女性にとっては、いくら性病検査を行っている男優であっても、検査から何本から撮影したその間に性病にかかってしまっているリスクもあるのではないかと思うのではないでしょうか。
それでも尚、「AVの撮影現場は安全」だと言い切れるでしょう。
なぜなら、AVの撮影ではゴムを着用するケースが多いです。

これは当たり前です。
作品をよく見てみると分かるのですが、男優が最後に発射する際、耳を澄ませてみるとゴムを外す音が聞こえるものです。
さも生で行い、最後に発射するかのような体であっても実際にはゴムを着用しているのです。
これは実は中出し作品にも言えます。

中出しするということは、性病のみならず妊娠のリスクもあります。
AV女優としてはそれらは一種の職業病のようなもので、なってしまったら仕方ないと諦めるしかない…と思うかもしれませんが、そのようなリスクはほとんどないと言っても良いでしょう。
なぜなら、ゴムを着用するのは当たり前として、実は中出しと銘打たれている作品でも男優が実際にゴムを着用しているのです。
「?」と思う女性は多いでしょう。
AVを頻繁に見ている男性にとってはそのくらいは常識なのですが、実は中出しをしているように見せかけているだけで、実際にはゴムを着用し、女性にはダミーの液体を入れているのです。
そして、絡みが終われば男優は女優の体から離れます。
すると、ダミーが出てくる。

その際、モザイク越しなので何が起きているのかは分かりませんが、取り敢えず「中出ししたかのような映像」にはなるのです。
これらの話からも分かるように、AVの撮影現場ではAV女優に体の負担を掛けないよう、様々な工夫が凝らされているのです。
「風俗よりもAVの方が安全という声は、強ち間違いではないのです。

0%と断言は難しいのですが…

もちろん性病リスクが0%だと断言することは出来ません。
これだけ気を使っていても、例えばAV女優側がついつい誰かと遊んだ時に性病を移されている可能性も決してゼロではありません。
AV女優もまた、事務所側から性病検査を行うよう言われている所が多いのですが、撮影直前に行うケースもあれば、スケジュール的な問題から少々間が空いてしまうケースもあります。
そのタイミングで遊んでいたら、どうしてもそこで性病リスクが発生するのは仕方ないのですが、これはいわば自己責任です。

細菌AVの撮影現場にて性病を移される可能性は限りなく低いです。
この背景に、AVの歴史の長さが挙げられます。
AV業界は歴史が長いです。
更には昨今は衛生面にも気を使うようにもなっていますし、女優に気を使っているところも増えています。

AV女優に対しての気遣いは半端ないのです。

そのため、撮影してから性病にかかってしまうようなことがあった場合、新しいAV女優をスカウトするのが難しくなるでしょう。
AV女優になりたい女の子としても、AV女優のことはあれこれ調べるのではないでしょうか。
インターネットのおかげで口コミなど誰もが簡単に確認出来る時代になりました。

そのため、撮影現場で性病を移されたという風評が生まれてしまうようなところでは、AV女優希望者としても「やっぱり辞めよう」になるのではないでしょうか。
女の子を守るという意味合いもあるのですが、それ以上におかしな評判になってしまったら今後に支障をきたすことになってしまいます。
そのようなことにならないためにも、AVの撮影現場では女優に対して失礼の無いよう徹底しているのです。
機嫌を取るスタッフとていますし、AV女優の好きなものを予め集めて置いたり、あるいは撮影が終了したらクランクアップと称してまるで映画の撮影が終わったかのような大きな花束を用意したり。

AVの撮影現場で大切なのはAV女優の存在そのものなのです。
そのAV女優が性病にでもなってしまって「もうAVなんて勘弁」と思われてしまわないよう、細かい部分でまでいろいろと気を使っているのです。

まとめ

このことからも分かるように、AV女優は性病はもちろんですが、その他の事に関しても安心して撮影に取り組むことが出来るでしょう。

それだけ撮影スタッフがいろいろなことを考えているからこそです。
特にAVの撮影現場は、AV女優は文字通り「体当たり」で挑まなければなりませんので、体だけではなく、精神的な面までケアをと考えているスタッフが多いのです。
AV女優の機嫌次第だったり、あるいは気持ちが揺れ動いている場合は撮影を中断するケースとて珍しくありません。
そのような環境なだけに、性病に関してのリスクヘッジもまた、しっかりとしているのです。

「撮影したら性病になった」ともなれば、AV女優からすればそのような撮影スタッフのいるところでの撮影はNGにするのは目に見えています。
そのようなことにならないよう、気を使っているのです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする