手コキ専門店に来て本強する客の対処方法

風俗で本番ができるのは本来ならばソープだけの筈ですが、それ以外の風俗店で本番を強要する客、いわゆる本強客は後を絶ちません。
ソフトなサービスを提供しているはずの手コキ専門店にさえも来ることが多いです。
本強客に当たり続けると病んでしまい、手コキで働くのが辛くなってしまいます。

とはいえ、風俗業界にいる以上、本強客をあしらうのも仕事のうちです。
一々怒ったり、病むようなことをしたりせず、上手に断る対策やテクニックを身につけるようにしましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

本強客は何処にでもいる

手コキ専門店は名前の通り、手コキでお客さんを抜くのを専門にしている風俗店です。
風俗嬢は舐めないし、舐められないし、触られないし、脱ぎません。

もちろん、本番なんてもってのほかです。
風俗の中では一番ソフトなサービスのジャンルです。
料金も比較的安めです。
しかし、そのようなお店であったとしても本強を要求してくるお客さんはいます。

基本サービスがソフトかハードかはあまり関係がありません。

無店舗型の方が多い傾向があります

本強客は何処にでもいますが、とくに、無店舗型の風俗店に多く出没します。
お店のスタッフが近くにいないので、バレにくいと考えているお客さんが多いからです。
無店舗型では本強客を始め、様々な困ったことやトラブルを1人で対処しなければなりません。

押しに弱い人や風俗勤務の経験が少ない人は無店舗型よりも多少バックは安くても店舗型の方が安心して働けるでしょう。

手コキ専門店で本番はメリットなし

手コキ専門店で本強されたからといって、本番をするメリットは全くありません。

お給料に見合わない

Coin手コキ風俗のお給料で本番をするのは勿体なさすぎです。
本番をするくらいならば最初からソープで働きましょう。

バレたらクビ。バレたあとも大変なことも

本番をしていることがバレたらクビになるでしょう。
そして、次のお店でも本番をした風俗嬢という噂が付きまとうことになるかもしれません。
お店からは敬遠され、同僚の風俗嬢から軽蔑され、お客さんからは舐められてさらに本強客にあたりやすくなります。

あいさつ代わりの本強は軽く流して

手コキ風俗で本番をしたいと言って来るお客さんの大半は本気ではありません。
あいさつ代わり、もしくはあわよくば本番ができたらラッキー程度の気持ちです。
いちいち怒ったり、悲しんだり、困ったりするようなことはせず、こちらも軽く流すテクニックを身につけましょう。

病む前にできる本強客対策

本強客にはいくつかパターンがあります。

それに対するテクニックや対策を紹介します。
しつこい客やウザイ客には以下のように切り返しましょう。

笑顔で頑張ることを強調

本強客に対しての1番の正攻法対策とも言えます。
「本番はできませんが、お店のルールの範囲内で精一杯頑張りますね」と笑顔でいい、そして、一生懸命に手コキに励む姿を見せましょう。

大抵のお客さんはこれで、それ以上何も言えなくなるでしょう。

ダメより無理が効果的

本番をさせて欲しいと言われたとき、「ダメ」と言いたくなってしまいますが、「ダメ」だと「できるけれどしたくない」という風にお客さんに受け取られてしまいかねません。
そうするとお客さんは怒ったり、あるいはもっと食い下がってきたりします。
しかし、「無理」だと「本当に出来ない」「こんなこと言われてしまって困っている」というふうに受け取ってもらえます。

お客さんの良心に訴えかける方法です。
手コキしかしない、真面目でスレていない初心な女の子というイメージさえ持ってもらえるかもしれません。

バレたら働けなくなってしまうことを強調

本番をしてしまったことばバレてしまったらお店をクビになってしまうことを強調しましょう。
ある程度リピートしてくれて、気心しれた常連になってから本番を持ちかけられた時にとくにおすすめです。

「本番をしたのがバレたらお店をクビになってしまう。
そうなったら〇〇さんとももう会えなくなっちゃう」と言いましょう。
「〇〇さんともう会えないなんて寂しい」ということを強調することで、お客さんは満足してくれることが多いです。

口が軽いことを匂わせる

吹き出し本強客の中には「黙っていれば分からない」と言って来るお客さんがいます。

まったく風俗嬢にとってメリットの無い台詞です。
「黙っていれば分からない」に対しては「私、口が軽いから」「〇〇さんと本番しちゃったら嬉しくって自慢しちゃいそう」などと冗談めかして言ってみましょう。

みんなやっている、〇〇ちゃんはやらせてくれた、などに動揺しない

本強客の中には「黙っていれば分からない」と言う一方で「みんなやっている」や「〇〇ちゃんはやらせてくれた」などと言って、本番に応じないほうが悪いといった態度の人もいます。
しかし、そんな台詞で動揺してはいけません。

「私のことも他所でそんな風に言われてしまっては困るから無理です」と返しましょう。
また、〇〇ちゃんが同僚であったとしても本当に本番をしているのかどうかは分からないので、働いているお店に告げ口するのはおすすめしません。
余計なトラブルを招くことになりかねません。

目先の利益に飛びつかない

本番させてくれたら指名をする、〇万円をあげる、などと言って来るお客さんもいますが、長い目で見て風俗嬢が得になることは無いでしょう。

手コキ専門店で風俗嬢に本強するようなお客さんは如何に安く風俗嬢と本番をするかにかけています。
1度本番に応じてしまえばすぐに飽きてしまうか、次からも当たり前のように本番を強要してくるかです。
お金を払ってくれるのも精々最初の1回だけでしょう。
それもなんやかんやと理由をつけて減額してくることもありえます。

目先の利益に飛びつけば、足元を見られます。
本番してまで稼がなければならない程困っていないと言う余裕を見せましょう。

クレームには先手必勝

本番に応じないことで本強客が怒ったまま帰ってしまった場合、理不尽なクレームをいれられてしまうことがあります。
アンケートがある手コキ専門店なたら特にその傾向が強いです。

そのようなことが心配な場合は先手必勝です。
さきにお店のスタッフに「本強してきたので断ったら怒ってしまわれてしまいました。
ご迷惑をかけします」と一言言っておきましょう。

手コキのテクニックを磨くことも立派な対策

手コキ専門店での本強はもちろん、お客さんが悪いです。

しかし、本番をしたいなどと言わせない手コキのテクニックを身につけることも大切です。
手コキのテクニックが下手だとお客さんも満足できずに本番をしたいなどと言ってきます。

どうしても嫌ならばNG客に指定を

No, 禁止何をどう言っても食い下がってくるしつこくてウザイ本強客に病みそうになったらNG客指定にしましょう。
プレイの途中で身の危険を感じたら逃げ出してしまってかまいません。

手コキ専門店の本強客は怖くない

手コキ専門店というソフトなジャンルの風俗であっても本強客はきます。
しかし、恐れることはありません。
大半はあわよくばできたらラッキーという程度の本強です。

しつこかったりウザイかったりするお客さんに対しても、応じる必要はありません。
ダメだと怒りだすよりも無理だと困って見せる方が効果的です。
あとは、お店のルールだから、の一点張りで、手コキ専門店でできる範囲のサービスを精一杯提供しましょう。
病むほどの本強客ならばNG客に指定します。

本番に応じるメリットは何もありません。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする