キャバクラでNG客に当てはまる条件

キャバクラで働いていると、迷惑なお客さんにあたってしまいストレスを感じるのは日常茶飯事です。
風俗とは違って性的なサービスがないかわりに、そういう迷惑なお客さんにも我慢して接客するのがキャバクラで働く上でのコツでもあります。
キャバクラでお客さんからされる嫌な行為を知らずに働き始めるとショックを受けてストレスになってしまうこともあります。
この記事では、キャバクラでNGに客にあてはまる条件を紹介しますので、心の準備をしてうまく受け流せるようにしておきましょう。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

キャバクラでも嫌な客をNGに出来る?

No, 禁止風俗の場合、接客したくないと感じたお客さんは、お店に言えばすぐにNGにしてくれます。
風俗に来るお客さんの中には本番強要やガジマン、足舐めなどの気持ち悪いプレイをしてくる人も少なくないので、嫌だと感じたらさくっとNG客にしてしまう風俗嬢も多いのです。
風俗の場合は個室でのサービスなので、「今日は○○ちゃんはお休みです」などと言ってお客さんにバレずにお店がサービスを断ることができます。
しかしキャバクラの場合は、同じフロアでお客さんも嬢も一緒に過ごすので、上記のような言い訳が通用しません。

だからキャバクラでは、風俗のように簡単にNGにすることはできないのです。
そういうお客さんに対してキャバクラ嬢とお店が出来るのは二つの対抗手段しかありません。
一つは、出来るだけキャバクラ嬢がNGにしたい客につかなくていいように調整することです。
指名客じゃなければ、キャバクラ嬢がヘルプでそのNG客のいる席につかないようにすればいいので簡単です。

しかし、本指名や場内指名が入ってしまったら席につかないわけにはいきません。
そういう場合は、出来るだけ「他のお客さんから指名が入ったので」などと言って接客する時間を短くするしかないのです。
もう一つの手段は、お店自体を出禁にしてしまうことです。
しかし、風俗の場合はNGの客にしても他の風俗嬢につければ良いのでお店にとって損失はありませんが、キャバクラでお店自体を出禁にしてしまうと、お店にとってはお客さんを失うことになるので損失になってしまいます。

だからキャバクラでお店自体を出禁にしてしまうことはほとんどありません。
よほどヒドイお客さんでない限りは、キャバクラ嬢が我慢するように言われることが多いのです。
なお、どちらの手段ではあっても、売上に貢献している人気嬢ならお店に協力してもらえる可能性がありますが、指名がとれない不人気嬢の場合は何の対応もしてもらえない可能性が高いということは覚えておきましょう。
キャバクラは完全実力主義の世界なので、稼いでくれる嬢はお店にとって大切な存在ですが、そうではない子はお店の対応が冷たくなってしまうのです。

このようにキャバクラでは、風俗のように気軽にお客さんをNGにすることはできません。
どんな嫌なお客さんでも我慢して接客しないといけない場面が多いのがキャバクラなのです。

キャバクラのNG客ってどんな人?

キャバクラでは、あまりNG客の指定が出来ませんし、お店が対応してくれることもありません。
それでも嫌なことをされて接客したくないことをお店に伝えておけば、極力同席しないで済むようにスタッフが気を使ってくれます。

また、お客さんがあまりにもひどいことをすれば、お店自体を出禁にしてNG客にしてくれることもあります。
ここでは、キャバクラでNG客にできる可能性があるお客さんの特徴を紹介します。

酒癖が悪い

酒キャバクラでは、当然お酒を飲むことになります。
しかし、お酒を飲んで粗相を働く人もとても多いのです。

キャバクラでNG客になるような迷惑な人が多いのは、酔っ払って気が多くなってしまう人が多いというのも大きな理由です。
しかし、お店にとってもキャバクラ嬢にとっても、基本的にはお客さんにはたくさんお酒を飲んでほしいというジレンマもあります。
たくさん飲んでくれればその分お店は儲かりますし、キャバクラ嬢はバックでお給料があがるからです。
たいていの男性はお酒に酔うと気が大きくなり、迷惑なことをしてしまうものだと思っておきましょう。

とはいえお酒を飲んで、以下で紹介するような迷惑行為をする人はNG客になる可能性もあります。

セクハラがひどい

キャバクラ嬢に対してセクハラをするお客さんは大量にいます。
そもそもセクハラやおさわりをするためにキャバクラに来る男性も非常に多いのです。
本来キャバクラはおさわり禁止ですが、キャバクラ嬢がお客さんに触れたり、お客さんがキャバクラ嬢の手や肩、頭などに触る程度のサービスは当たり前のように行われています。

お酒を飲んで少しだけ女の子とスキンシップを取ることで、お客さんが気分良くなりまた指名してくれることも多いので、これくらいのスキンシップではNG客に出来ません。
また、お尻や胸に少し触るくらいなら黙認しているお店もたくさんあります。
おさわり以外にも、言葉でのセクハラがあります。
「おっぱいは何カップ?」とか「濡れやすい?」というようなキモイ言葉は、キャバクラで働く以上は避けられないものだと思っておきましょう。
むしろそういう話題に乗ってあげるとお客さんは気分が良くなるので、嫌な顔をせずに聞いてあげる精神力が必要です。
キャバクラ嬢として稼げるようになりたければ、お客さんからセクハラをされたとしても場の空気を壊さずに受け流すスキルが必要になるのです。

暴言を吐く

吹き出しキャバクラ嬢に対して説教や暴言を言ってくるお客さんもいます。
特に仕事や家庭などのプライベートでストレスを抱えていて、それをキャバクラ嬢にぶつけてくる人はよくいます。
そういう人は、自分がまわりから認めてもらえないことにイライラしています。
だから、何を言われても言い返さず、お客さんを立てて認めてあげるような言葉をかけましょう。

普段は誰からも褒めてもらえないような人なので、うまくおだててあげると自分のことを気に入ってくれる可能性もあります。
逆に、お客さんが言うことに反論したり、不機嫌な表情になったりすると、さらにしつこく絡まれる可能性があるので気をつけましょう。

暴力をふるう

お酒によっぱらうとキャバクラ嬢を強めに叩いたり、テーブルを叩いたりするお客さんもいます。
このような行為にはお店はとても厳しく対処するので、相談すれば出禁にしてもらえる可能性があります。

実際に暴力をふるってこなかったとしても、キャバクラ嬢を脅したりすれば、NGの対象です。
残念ながらお酒を飲んで暴力的になる男性は多いので、危険を感じたらすぐにスタッフに相談しましょう。

予約を飛ばす

予約や同伴の予定を入れたのに来店せずバックレるお客さんは、一発でNG客になる場合もあります。
本来は指名が一本取れていたはずなのに、スケジュールに穴を空けられてしまうのですからキャバクラ嬢にとっても、とても迷惑な存在です。

お店としてもお客さんが一人減ってキャバクラ嬢のスケジュールが空いてしまうことになるので、出禁にしてくれる場合もあります。

まとめ

キャバクラでNGに客にあてはまる条件を紹介しました。
残念ながらキャバクラでは風俗のように簡単にNG客にすることはできません。
それでもこの記事で紹介したような迷惑なお客さんは、お店に相談すればNG客にしてもらえる可能性もあります。

あまりにもお客さんの言動がひどくて、接客するのがどうしても嫌だと感じたらお店の人に相談してみましょう。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする