キャバクラ一本で生活するには週何回出勤すればいい?

近年、日本では女性の貧困が問題になっています。
学費に苦しむ大学生や、就職がうまく行かずにその日暮らしをしている女性もいます。
また、一人で子育てをしているシングルマザーの増加も問題になっています。
どうしても自分の力で稼いで生きていくことが出来ない場合は、生活保護を受給するという手段もありますが、最近は不正受給問題などによって社会の目も厳しくなっています。

そういう女性たちにとって、学歴や職歴と関係なく高収入を得られる可能性があるキャバクラは、短時間で効率的に稼げる魅力的なお仕事です。
たしかにキャバクラは普通のお仕事よりも時給が高いのは間違いありませんが、キャバクラ一本で生活していけるほど稼ぐのは大変です。
そこでこの記事では、キャバクラ一本で生活するために週何回くらい出勤すればよいのか説明します。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

キャバクラ一本で安定した収入を得られる?

お金 金近年、日本ではキャバクラで働いている女性、もしくは働いたことがある女性は決して珍しい存在ではありません。
普通のアルバイトなら時給1,000円前後が一般的ですが、キャバクラならその2倍以上の時給を稼げるので、たくさん稼ぐためにキャバクラなどの夜の世界に踏み入れる女性はとても多いのです。
女性が学歴や職歴がなくても稼ぎやすいお仕事には、風俗もあります。
風俗嬢ならキャバクラ上よりも、もっと稼げる可能性があります。

しかし風俗嬢は性的なサービスをしなくてはいけないので、それに抵抗がある女性の場合はなかなか働きはじめることは難しいでしょう。
それにくらべれば、キャバクラはエッチなことをしなくても十分稼げるお仕事です。
キャバクラ一本で生活できるのかどうかを知るためには、まずは女性が一人暮らしで生きていくのにどれくらいのお金がかかるのか知る必要があります。
例えば東京で一人暮らしをする場合、概算で以下の費用が発生します。

家賃:8万円
光熱費:1万円
食費:3万円
スマホ代とインターネット回線費用」1万5千円
衣類や日用品など:1万円
これらの費用だけでも14万5千円かかります。
しかもこれ以外にも、趣味のお金や化粧品代、いざというときの医療費、税金などを考えれば20万円程度は必要になるということです。
もちろん東京よりも家賃が低い地方なら、もう少し安くなりますが、それでも15~20万円程度は稼がないといけません。

たとえば、時給1,000円のバイトで毎月20万円を稼ぐためには、月に200時間働かないといけません。
例えば一日8時間働いた場合でも、200÷8=25日間バイトをしないといけないのです。
現実的には、毎月フルタイムで25日間も働くのはとても大変です。
だからもっと稼げるキャバクラなどで働く女性が増えているのです。

ただし、キャバクラ嬢は実力主義の世界なので、思ったより稼げない可能性はあります。
また、あまりにもお客さんの指名を取れないでいると、クビになってしまう可能性もあります。
だからキャバクラ一本で生活して生きたいのであれば、ツライことがあっても頑張って稼ぐという覚悟が必要です。
とはいえ、キャバクラで稼げるようになるために特別な才能などが必要なわけではありません。

容姿も美人である必要はなく、実際にキャバクラに行けば普通程度の顔で人気嬢になっている女性もたくさんいます。
また、見た目はメイクや衣装でごまかせるので、最低限の清潔感があればよいと考えておきましょう。
それよりもお店のスタッフやお客さんと普通に会話が出来て、失礼なことをしない常識力が必要になります。
普通のコミュニケーションさえとれれば、キャバクラで働くことは難しくないので、たくさん稼がなくてはいけない事情がある方は、まずは気軽に面接に行ってみましょう。

キャバクラの給料システムを知っておこう

お金 金キャバクラは、普通のアルバイトよりも稼げるお仕事ではありますが、給料システムが独特です。
働き始めた時点の時給が、それ以降もずっと保証されるわけではなく、実力次第で上下するということを覚えておきましょう。
キャバクラの給料は、時給+バックで計算されます。

時給は、普通のアルバイトと同じように働いた時間に応じてもらえるお給料です。
最初に入店したときは求人広告に書かれている時給で働くことになります。
この時給は、女の子をたくさん集めるためにやや高めに設定されている事が多く、東京なら3,000円~、地方なら2,500円~が相場です。
そして、働き始めてから1ヶ月~3ヶ月程度立つと、実力に応じて時給が変わります。

キャバクラの世界での実力というのは、指名本数と売上のことです。
指名がたくさんとれて、お店の売上に貢献している女の子は時給があがります。
逆に、指名がまったくとれずに他のキャバクラ嬢のヘルプしか出来ない子は時給が下がってしまうのです。
人気嬢になれば時給5,000円を超えることもありますが、不人気なら2,000円以下になってしまう場合もあります。

もちろん時給2,000円でも普通のアルバイトよりも高時給ですが、あまりにも不人気過ぎるとクビになってしまう可能性もあるのです。
また、キャバクラのお給料には「バック」というものもあります。
バックとは、本指名料金や場内指名料金、延長料金、ドリンクなどにお客さんが支払った金額の中から一定の割合でキャバクラ嬢に還元されるお給料のことです。
バックのシステムや割合はお店によって変わりますが、やはりたくさん指名をとって売り上げるとお給料が増えるということです。

キャバクラ嬢に還元される割合のことをバック率と呼び、お店によってその率は違うので、面接の時などにかならず確認しておきましょう。
このようにキャバクラのお給料は、実力次第で大きく変わるので、普通のアルバイトのように「今月は○時間働いたから絶対に○万円稼げる」というような事はないと考えておきましょう。

キャバクラ一本で生活するのに必要な出勤数

カレンダーキャバクラの場合、平均的な時給は東京なら2,500円程度です。

時給2,500円で、生活するために必要な20万円を稼ぐためには、20万円÷2,500円=80時間です。
キャバクラの場合、一日の勤務時間は自分で自由に決められますが、平均すると6時間程度になります。
キャバクラは時給が高い分、ストレスがたまりやすく肉体的負担も大きいお仕事なので、普通のアルバイトのように1日8時間も働くのはとても大変です。
1日6時間の勤務で月に20万円以上稼ぐためには、80時間÷6時間=約14日出勤しないといけません。

1ヶ月間で14日間なので、週3~4日出勤すればよいということです。
時給が高い分、普通のアルバイトよりも少ない日数で良いということがわかります。
これらな無理なく働いてキャバクラ一本で生きていけますし、もっと稼ぎたければ勤務日数や勤務時間を増やすことも出来ます。
また、時給以外にもバックがありますし、人気嬢になれればもっと少ない勤務日数でも生きていけます。

上記は一応の目安ではありますが、キャバクラ一本で生きていくにはだいたい週3~4日程度の出勤が必要になるということです。
あとは自分の実力次第でもっと稼ぐことも出来ますし、勤務日数を減らすこともできます。

まとめ

キャバクラ一本で生活するために週何回くらい出勤すればよいのか説明しました。

キャバクラのお給料は、指名本数や売上によって大きく変わる、完全実力主義の世界です。
それでも、平均程度の時給を稼げるようになれば、週3~4回程度の出勤でも十分キャバクラ一本で生活できます。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする