キャバクラのノルマって何?達成できないとどうなる?

キャバクラといえばノルマが厳しいイメージがありますが、全てのキャバクラ嬢に厳しいノルマを課されているわけではありません。

中にはノルマがないキャバクラもあるのですが、そういったお店は基本的に時給が低く、稼ぎ辛い傾向があります。
その一方でノルマが厳しいキャバクラ店は時給が高くなる傾向が高く、接客上手な女性ともなると高収入も期待できることでしょう。

キャバクラのノルマ

棒グラフキャバクラの世界では、時給の高い求人ほどノルマが厳しく、もしもお店が指定するノルマを達成できないと罰金を課したり、時給を減らしたり、最悪のケースとしてクビにすることもあります。

ただ、ノルマといっても色々と種類があります。
キャバクラのノルマといえば同伴ノルマや指名ノルマなどが有名なのですが、他にもイベントノルマや売り上げノルマといったものもあります。
これらのノルマの目標は週ベース、もしくは月ベースで設定されることが多く、ノルマの量はお店によってそれぞれ異なります。
なぜキャバクラの世界にノルマが存在するのかというと、お店の売り上げをアップするためです。

キャバクラもお店である以上、キャバクラ嬢には真面目に働いてもらう必要があります。
いくら容姿が整っている美女であっても、やる気がなければお客は獲れません。
たとえ接客が下手であっても、やる気のある態度で接してくれればお客さんもその女性のことを気に入ることでしょう。
しかし、接客中にやる気のない態度でいられたり、愛想が悪かったり、話しかけられても返事をしないような女性ともなると、流石にお客さんの評判が悪くなるばかりか、お店の評判まで悪化しかねません。

そういったやる気のない女性を作らないようにするためにも、キャバクラ嬢にノルマを与えることで奮起させているのです。
あくまでキャバクラ嬢のやる気を奮起させることがノルマの目的であり、いたずらにプレッシャーを与えるためではありません。
それだけに、キャバクラではノルマを課す一方で、人気の高いキャバクラ嬢をランキング形式で発表したり、他のキャバクラ嬢と比べてランカー嬢を優遇するなどの措置を講じることもあります。
キャバクラ嬢がランカー嬢になると、指名される確率が高くなり、給料もアップしやすいです。

それだけに、向上心の高いキャバクラ嬢ともなるとノルマの達成だけでは満足せず、ランカー嬢を目指して積極的に営業をするものです。

ノルマとペナルティ

コストたとえノルマが未達成だったとしても、特にお咎めなしでは意味がありません。
それではキャバクラ嬢へのプレッシャーにはなりませんし、やる気も上がらないでしょう。

それだけに、キャバクラ店ではノルマを達成できなかったキャバクラ嬢に対してペナルティを課すことがあります。
ペナルティといってもお店それぞれで内容が異なります。
ただ、時給が高いキャバクラ店ほど、ペナルティもキツいものになりやすいので、ノルマは必ず達成するように努力した方が賢明でしょう。
では、具体的にどのようなペナルティがあるのかというと、罰金があります。

これは中堅以下のキャバクラに多く見られる特徴で、もしもノルマが未達成だとキャバクラ嬢は罰金を課されるため、給料がかなり減ってしまいます。
ちなみに、大手のキャバクラともなると罰金を課さないことが多いため、できるだけ罰金のないキャバクラで働きたいのであれば大手の求人を探した方が良いでしょう。
なぜ大手は罰金がないのかというと、そもそも罰金というのは過度にプレッシャーを与えてしまう行為なだけに、女性の中には罰金を恐れるあまり、冷静に接客できなくなってしまうこともあるからです。
それではやる気を上げて接客してもらうという本来の目的に適いませんし、罰金があるなら辞めようと考える女性もいるでしょう。

他にも、達成するのが困難なノルマなども、キャバクラ嬢のやる気を失わせてしまう恐れがあるため、意味がありません。
キャバクラ店が売り上げをアップさせるためには、ランカー嬢のみならず、どんなキャバクラ嬢でも努力次第で簡単にノルマが達成できると思えるような、ほどほどのゴール設定が求められます。

罰金のあるキャバクラ

罰金基本的にどこのキャバクラにもノルマは存在します。

ただ、罰金などのペナルティの有無についてはお店によって異なります。
そのため、出来るだけプレッシャーのない環境で働きたいのであれば、罰金のないキャバクラなどがオススメなのですが、どうやって見つければ良いのでしょう?
まず、罰金なしと求人に書かれているからといって、必ずしも鵜呑みにしないようにしましょう。
キャバクラ店には罰金こそないものの、別の手段でキャバクラ嬢からお金を徴収しようとするお店もあります。

それだけに、求人内容をよく読み、罰金以外にも給料を天引きする要素がないか、入念にチェックしておきましょう。
さらに、ネットの評判などをチェックし、できるだけ好評価なキャバクラや大手のキャバクラを選びましょう。
優良な大手のキャバクラは罰金を課さないことが多いですし、何より求人で虚偽の内容を書くことが滅多にないため、安心して求人に応募できます。
反対に、悪評の多いキャバクラともなると、求人に嘘の内容を書かれる恐れもあるだけに、出来るだけ避けた方が賢明でしょう。

罰金が発生する理由

キャバクラ嬢に罰金が発生する理由は何もノルマを達成できなかった時だけではありません。
他にも、遅刻や当欠、無断欠勤などをすると罰金が発生することがあります。
ちなみに、たとえお店から許可のある当欠や遅刻だったとしても、罰金が発生することがあります。

例えば、許可のある当欠なら罰金2万円、許可なしの当欠なら罰金3万円といった具合で、許可の有無によって罰金の金額が異なることがあるため、注意しましょう。
ただし、罰金といっても法律によって上限が定まっています。
労働基準法第91条によれば、罰金は1日の賃金の半分を超えてはならず、さらに賃金総額の10分の1を超えてはならないと書かれているため、罰金だけで給料が全額なくなることは本来ありません。
ただ、中には労働基準法を守っていないキャバクラ店もありますので、明らかに罰金の金額が高額すぎるという時は弁護士か警察に相談しましょう。

同伴出勤する場合の遅刻

男性 女性人気のあるランカー嬢ともなると、頻繁にお客さんと同伴出勤することがあります。
キャバクラ店はキャストに同伴ノルマを課すこともあるだけに、同伴出勤すること自体は別に咎めるようなことではありません。
それどころか、同伴を推奨しているくらいです。

にも関わらず、同伴出勤をしたせいで遅刻し、それで罰金を取られたのでは身も蓋もないでしょう。
キャバクラ店は遅刻した女性に対して罰金を課すことが多いのですが、同伴出勤に関しては例外で、お店に同伴出勤すると事前に告げておけば遅刻は許されるものです。
ただし、同伴出勤を理由に遅刻をする場合、必ず同伴をする必要性が生じます。
もしも同伴せずに出勤した場合、お店に嘘の申告をしたということで、やはり罰金を取られる恐れがあります。

接客が苦手な女性の場合

キャバクラのノルマは同伴ノルマや指名ノルマといった、接客上手な女性でないと達成が困難なものばかりです。
たとえ初対面の男性が相手でもすぐに親しくなれるような女性であれば、指名率が高く、同伴出勤も難なくこなせることでしょう。
しかし、接客が苦手な女性の場合、ノルマを達成できないばかりか、ノルマ未達成を理由に罰金を課される可能性が高く、せっかくキャバクラ嬢になったにもかからず全く稼げない恐れがあります。

では、接客が苦手な女性はキャバクラ嬢で働けないのかというと、そんなことはありません。
別に会話が下手であっても稼いでいるキャバクラ嬢は多くいます。
それどころか、ランカー嬢の中には会話は基本的に受け身で、聞き役に徹しているという女性もいるほどです。
ただ、男性と一緒にいること自体が苦手という女性の場合、受け身になって話しを聞くことも難しいでしょう。

そういった女性は罰金制度がないキャバクラの求人に応募してみましょう。
そもそも高時給なキャバクラというのは、罰金制度があることを前提に給料を高くしていることが多いです。
その一方で、時給が低いキャバクラは給料が安い分、罰金制度を設けていないことが多いため、接客が苦手な女性であっても働きやすい環境があります。
もちろん、罰金制度がないからといってノルマもないとは限りません。

ただ、ペナルティがない分、ノルマに対するプレッシャーもなくなることでしょう。
ノルマというとキツイ印象があるかもしれませんが、あくまでキャバクラ嬢をやる気にさせるための措置です。
もしもペナルティがキツくて仕事が出来ないと感じるのであれば、ペナルティがないキャバクラで働きましょう。
反対に、接客上手な女性の場合、ノルマがキツいキャバクラでもやっていけるでしょうし、かえってそういったお店で働くことで普通のOLの倍以上の給料を稼げるようになることでしょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする