AV女優になって後悔した出来事とは?

AV女優になって後悔することがない…という人はいないでしょう。
大なり小なり、何かしらの後悔があるようですが、AV女優になって後悔してしまったことをピックアップしてみましょう。

やはり一番は「バレた」こと

やはり一番の後悔は「バレた」です。

もちろんそのリスクがあるからこその高収入なのは言うまでもないのですが、家族や友人に自分がAV女優として活動していることがバレるのは、やはり「仕方ない」では済まされない気持ちになるようです。
AV女優として働いていることがバレてしまったがために、それまでの友達との交流が一切なくなってしまい、後悔することになってしまったというケースもあるようです。
また、バレるタイミングの問題もあります。
AV女優として働くということは、いわば映像作品を残すことになります。

そのため、現役の最中はバレなかったものの、AV女優を辞めてから発覚するパターンもあります。
とりあえず契約の本数をこなしてAV女優は向いていないと悟って辞めたものの、映像作品はいつまでも残ることになりますので、自分自身でさえAV女優として活動していたことが遠い記憶になってから、急にバレてしまう可能性もあるのです。
さすがに過去を変えることは出来ません。
カメラ 女性シビアな言い方ですが、AV女優として活動した事実は消えません。

特に今はインターネットでも簡単に動画を見れる時代になっています。
一昔前であればレンタルが主流でしたので、レンタル店のAVフロアに足を運ばなければバレなかったものです。
つまり、いわばそこに足を踏み入れる男性の目にしか留まりませんでした。
ですが今ではインターネットがありますので、一度情報が拡散すると、別にAVに興味のない人までもが目に触れるようになるのです。

インターネットで話題になって人気AV女優となってしまったがために、皮肉にも知名度が高まって同級生や友達、家族にバレてしまうパターンもあります。
自分のことをAV女優と知らない彼氏が出来て結婚したものの、急にAV女優であることがバレてしまって離婚に発展するケースもあります。
最近では有名人でも、売れていない時にバイト感覚でAV女優として活動していたことがインターネットのおかげで露呈してしまうケースもあります。
こうなると、さすがに過去のこととは言え、どうすることも出来ません。

声優やアイドルのように、清純で売っていたのに実は過去にAV女優だった…では、さすがにファンも付いてこれないでしょう。
結果、事務所を回顧されるケースもあります。
このように、バレてしまったことを後悔している元AV女優はとても多いですし、現実問題バレてしまったのでAV女優を辞める子もとても多いです。

ライフタイルの変化

この点を後悔している元AV女優も多いです。
AV女優のお給料は、普通に働いている人とは比べ物になりません。
時給効率という点では、資格も経験もない女性が稼げるような額ではない額を、簡単に稼げてしまうのです。
そのため、金銭感覚がマヒするAV女優はとても多いです。

かつてであればお金はとても大切なもので、どうやって残すのかを考えていたものの、AV女優として活動するようになってから、それまででは考えられないような額が入ります。
しかも一度のみならず、作品に出演する度にもらえるのです。
結果、浪費癖がついてしまったり、少し歩けばよいような距離でもタクシーを使うようになったり、足を運ぶお店のグレードが上がってしまう。
AV女優の最中は良いものの、辞めても一度上げたライフスタイルのランクは戻らず、結局は借金を作ってしまうなどして人生がメチャメチャなものになってしまう元AV女優は多いです。

AV女優として活動している最中に貯金をして辞めたものの、結局はライフスタイルは戻らず、収支バランスが戻らず、借金体質になってしまうような女の子も多いのです。
そして、借金を作ってしまったので、その借金を返済するためには普通に働いても埒が明かないので、結局は再びAV女優になる女の子もいます。

自分への体の問題

細菌基本的に、今のAV業界は女の子の管理をしっかりしていますが、それでも性病になるリスクは0とは言い切れません。

大手であれば安心感もありますが、中小の映像制作会社だと、性病チェックが徹底されていないケースもありますので、どれだけ気を使っていたとしても、結局は性病になってしまったり、あるいは病気になってしまうケースもあります。
この点を後悔しているAV女優も多いです。
性病や病気になってしまったことで、ただ単に後悔するだけではなく、ともすれば自分自身の体に一生癒えない傷として残ってしまう可能性もあるのです。
病気を繰り返したことによって、妊娠出来ない体になってしまったAV女優もいます。

AV女優として働いている時には何も思っていないとしても、AV女優を辞めて普通の女の子になった時に、AV時代の自分の「傷」に後悔するケースも多いようです。
自分自身普通の生活に戻りたいとしても、性病や病気によって、どうしても普通の生活に戻れず、AV女優だった自分を後悔する子も多いです。

単純に、セックス観

男性 女性こういった形だけではなく、単純にセックスに関して後悔のある子も多いです。

まず、AV女優になるということは人前でセックスをすることになりますし、それが記録として残されることになります。
自分自身は仕事として取り組んだものの、見ている人にとっては「AV女優」「誰にでもヤラせてくれる」といったように軽い存在に思われてしまい、本当の自分とのイメージに悩む子は多いです。
さらには恋人が出来た時のセックスに対して、AV女優だったことを後悔する子も多いです。
というのも、AVの撮影現場では男優が女優をもてなすかのように接してくれるのです。

それにより、セックスがいわば「自分をもてなしてくれるもの」にもなれば、快感のためにこれでもかと言わんばかりに尽くしてくれるのです。
そのため、普通の男性とのセックスが物足りないと感じるケースも出てくるのです。
普通の男性がAV男優のように、相手の細かい部分まで配慮してくれることは珍しいですし、どうしても男性側も自分本位なものになりがちです。
それもそのはず、誰かに見られているものではなく、あくまでも自分達だけの空間なのです。

第三者など意識していないのです。
それに比べてAVでのセックスは見られることを前提にした演出ですので、AV女優にとってはセックスはまさに極上空間そのものなのです。
結果、普通のセックスに満足出来なくなってしまい、AV女優だったことを後悔する女の子もいるのです。

まとめ

このように、AV女優として活動していたことに対して後悔している女性は多いです。
特にバレてしまったがために人間関係に影響が出た、あるいは出ている点がとても多いです。
そういった人間関係と引き換えに高収入を得ていると言えるのですが、普通の女の子に戻りたいと思っても映像が残っているので戻ることがなかなか出来なかったり、AV女優時代に染みついてしまった金銭感覚やセックスに対して後悔している女性も多いです。
もちろん後悔している女性だけではなく、何も感じていない女性もいますが、どちらになるのかは自分次第です。

AV女優になる前に、こういったことを冷静に考えてみましょう。
「後悔先に立たず」という言葉もあるように、後から気付くことが多いのですから。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする