チャットレディのお仕事にも身分証の提示が必要?その理由は?

チャットレディは風俗嬢同様に、仕事をするにあたって身分証の提示が求められます。

チャットレディが身分証を求められる理由とは、年齢と性別を確認するためです。
たとえ日本人以外の外国人でも、在留カードや特別永住者証明書などの身分証があればチャットレディの仕事を始められます。

チャットレディの仕事に身分証が必要な理由

パスポート風俗嬢が風俗店で働くためには、本籍記載の身分証が必要となります。

なぜ本籍記載である必要があるのかというと、外国人の不法就労や不法滞在を防ぐためであり、それだけに有効期限が切れている身分証明書や学生証、健康保険証、キャッシュカード、公共料金の領収書などは身分証としては基本的に使えません。
ただ、風俗店の中には風俗嬢が本当に高校を卒業した女性であるかどうかを確認するために、面接時に卒業アルバムを持ってこさせることもあります。
なぜここまで年齢確認を徹底させるのかといえば、それは18歳未満の女性や高校生を風俗嬢として採用し、働かせることは違法だからです。
もしも18歳未満の女性を働かせた場合、その風俗店は摘発されることでしょう。

そのような事情があってか、風俗店と同じようにライブチャットも18歳以上の女性しか採用していないものです。
さらに、ライブチャットでは応募者が女性であるかどうかを判断するためにも、身分証の提示を求めることがあります。
なにしろライブチャットの中には面接なしでチャットレディになれるサイトがあるほどです。
もしも身分証の提示を不要にすると、男性が女性だと偽ってチャットレディの仕事をする恐れもあります。

さらに、応募者が本人かどうかを確認するためにも、やはり身分証の提示は求められることでしょう。
チャットレディは基本的に自宅で作業をすることになるため、ライブチャットのスタッフが現場まで見に行くことはほとんどありません。
それだけに、登録した本人以外の女性がチャットレディに成りすまして働くという詐欺的な行為もやろうと思えば可能です。
そういった悪質な行為を防ぐためにも、チャットレディの仕事をするにあたって身分証が必要となります。

それだけに、もしも身分証がないというのであれば、事前に取得しておいた方が良いでしょう。

使える身分証

チェックリストチャットレディとして登録するにあたり、有効期限内の身分証が必要となります。
例えば、免許証や保険証、パスポート、住民基本台帳カード、顔写真付の学生証、そして発行から6ヶ月以内の住民票などが身分証としては適切となります。

最近はマイナンバーカードも身分証として使えるようになったのですが、女性によってはあまりマイナンバーを外部に教えたくないという人もいることでしょう。
そういった女性の場合、マイナンバーの取得を行っていないライブチャットなどがオススメです。
というのも、マイナンバーの取得を行わないライブチャットであれば、確認は表面だけとなるため、マイナンバーを教えずに済むからです。
チャットレディは18歳以上であれば働けるのですが、ただ18歳の女性に限って顔写真付の身分証が必須となることがあるので、持っていない人はやはり事前に取得しておいた方が良いです。

さらに日本人以外の外国人の場合、在留カードか特別永住者証明書が必要となります。

身分証を提示するまでの流れ

チャットレディは風俗嬢と違い、風俗店まで出向いて面接を行うということがほとんどありません。
応募の手続きはインターネットを通じて行うことがほとんどのため、直接身分証を手渡しするということはまずやっていないです。

では、チャットレディになる際に、どのような手順で身分証を提示することになるのでしょう?
女性がチャットレディになるためにはまずライブチャットのサイトに応募します。
この時、連絡先としてメールアドレスを登録することになります。
氏名やメールアドレスの登録が終了すると、次にメールアドレス宛にライブチャットからメール連絡が来ます。

そのメールに記載されているURLから応募者用のサイトへとアクセスすると、次に身分証をWEB上よりアップロードすることになります。
身分証をアップロードし、確認の作業が終了すれば、晴れてチャットレディとしての登録が完了し、仕事を始められます。
ライブチャットのサイトによってはWEBカメラが使用できる環境があるかどうかを確認すべく、カメラを使って面接をすることもありますが、大まかな流れは以上のようになります。
基本的にWEB上に身分証をアップロードするという形で身分証を提示することになるため、ライブチャットをするにあたり最低限、インターネットを利用できる環境は必須となります。

さらに、身分証を自分で撮影し、画像をアップロードすることになるため、ピンボケしていたり、光が反射して見えづらかったり、写真から身分証がフレームアウトして全体が写っていなかったり、身分証を持ちながら撮影したため指で情報が隠れてしまっていたりすると、不備扱いとなり、再度身分証をアップロードすることになります。
そのため、身分証を撮影する際にはちゃんと見えるように注意しましょう。
さらに、引っ越しなどで住所などが変更されている場合は、免許証の裏面までしっかりと撮影し、アップロードすることになります。

通勤登録で仕事をする場合

車 日本チャットレディだからといって必ずしも在宅で働くとは限りません。
中にはライブチャットの運営元が用意した場所でライブチャットの仕事をする女性もいます。
このような通勤登録している女性の場合、身分証をWEB上にアップロードせずとも、事務所に来た際に直に身分証を提示することで本人確認の作業を完了させることが可能です。
ただ、通勤登録をする場合、身分証とは別に、通帳かカード、そして印鑑が必要となるため、忘れないように注意しましょう。

チャットレディはライブチャット次第では日払いで給料がもらえます。
日払いの場合、働いた当日に現金をそのまま渡してもらえますが、月払いだと支払い方法は銀行振込となります。
日払いだろうと印鑑がないと給料の支払いができないため、必ず印鑑は忘れないように気を付けましょう。

情報漏えいのリスク

ライブチャットで働くためには応募にあたり、身分証をアップロードする必要に迫られます。
それだけに、女性の中には身分証を悪用されないか心配になる人もいることでしょう。
まず、基本的にライブチャットが頂いた身分証を悪用することはありません。
もしも悪用すれば、警察に摘発されることになるため、そこは安心できます。

ただ、それでも情報漏えいのリスクが心配であれば、運営歴が長い大手のライブチャットを利用しましょう。
特にチャットレディや利用者からの評価が高いライブチャットほど、安心して身分証を預けられることでしょう。

チャットレディの面接

チャットレディは普通の風俗嬢と違い、在宅の勤務が一般的です。

しかし、だからといって面接が絶対にないかというと、そんなことはありません。
一部のライブチャットの中には面接をするケースがあります。
例えば、事務所のブースを借りて働くような通勤性のチャットレディはやはり面接をすることになります。
さらに、在宅勤務の女性であっても、カメラテストの一環として面接をすることになります。

この場合、女性はカメラを通じてスタッフと会話をし、面接をすることになります。
カメラテストであろうとも、女性に問題があれば不採用になることもあります。
では、どんな女性が面接に合格しやすいのでしょう?
まず、チャットレディといえど清潔感は大事です。

さらに、部屋の綺麗さも重要なため、面接をするにあたり部屋を掃除しておきましょう。
他にも過去に問題を起こしたことがないか、人格に問題がないかを面接されます。
そしてこれが最も重要なのですが、ライブチャットの仕事が可能なだけのネット環境があるかどうかもチェックされます。
居住地によってはインターネットの接続環境が不安定で、ライブチャットが出来ないこともあります。

それだけに、チャットレディになるのであれば安定したネット環境が必須となります。
チャットレディはネットさえ接続できる環境であれば、海外でもお金を稼げる仕事です。
海外にいる日本人でも、一度登録が完了してしまえばチャットレディにはなれるでしょう。
ただ、ネットの接続環境が不安定ですとライブチャットの仕事はまず不可能ですし、そもそも身分証がないと登録もままなりません。

チャットレディになるにあたり、まずはネット環境と、身分証を取得しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする