AV女優のプロダクション移籍はデメリットが多い

風俗嬢が稼げない場合やコンセプトに合っていないと感じた場合は別の風俗店に移籍しますが、AV女優の場合は簡単に移籍すると逆に給料が下がったり待遇が悪化する可能性があるので慎重に考える必要があります。
また、自分に合ったプロダクションを見つけることができても契約の途中で移籍すると、違約金などの罰金を支払うことになる可能性もあるので注意が必要です。
所属当初から移籍を考えている人はいないので確認し忘れがちですが、面接時に移籍した場合のことについての話を聞いておくのも大切です。

AV女優がプロダクションを移籍するとどのようなデメリットがあるのでしょうか。
最初から相性の良いプロダクションに所属するには何を基準に選べばよいのでしょうか。
後悔しないように正しい知識を得てから行動しましょう。

移籍のデメリット

No, BadAV女優は移籍をしても給料や待遇が変わらない場合が多い事を知っておく必要があります。
単体女優として働いている場合はギャラや仕事の内容を決めているのはプロダクションではなくメーカーなので、プロダクションを変えたところで同じメーカーと契約をしてしまえば改善されません。
企画女優の場合は出演作品を積み重ねるごとにAV女優としての価値が落ちていくので移籍ごとに待遇が悪くなる可能性さえあるのです。
単体女優が移籍をする場合には契約をしているメーカーとプロダクション間の問題にまで発展することがあります。

契約途中でAV女優がプロダクションを辞めてしまうと、メーカーはプロダクションに違約金を請求します。
最悪の場合はAV女優をきちんと管理できないプロダクションと判断され、別のAV女優でも契約を結んでもらえなくなる可能性もあります。
契約途中の移籍はプロダクション側にとって大きな打撃になるので、AV女優に対して多額の損害賠償を請求することになります。
その額は1000万円以上になる可能性もあるので、例え他のプロダクションに移籍してギャラが上がったとしても損害賠償金の支払いがあると損をしてしまうかもしれません。

企画単体女優の場合はメーカーと契約をしているわけではないので、所属中のプロダクション側に承諾を得られれば移籍することができます。
しかし、プロダクションとしても単体女優並みの人気があるAV女優を他に渡したくないと考えるので滅多に双方が納得して円満に移籍できる事はありません。
また、AV女優は基本的に芸名で売り出していますが大概の場合はプロダクション側が芸名を商標登録しているので、新しいプロダクションでも同じ芸名を使用し続ける事はできません。
どうしても使用したい場合は元のプロダクションに承諾を得る必要がありますが、大体の場合は断られるかお金を請求されることになります。

AV業界は狭いので、仕事量や不人気をプロダクションのせいにして様々なプロダクションを転々とするAV女優は「転々虫」と呼ばれ、どこのプロダクションでも採用されなくなってしまいます。
AV業界で干されるとギャラの安い企画物の仕事さえ回ってこない状態になるので、移籍をする際は自分の働き方とマッチしているのか細かく確認してから決める事が大切です。

プロダクションの個性

撮影 フィルムAV女優の求人の書かれている条件や待遇はどれも似ているように感じますが、実際にはプロダクションによって多様な個性があります。

同じAV女優でも所属するプロダクションによって単体女優になったり企画女優になったりする可能性があるのです。
重要な判断基準はAV女優としての価値をどれくらい自分に見出してくれているかと、今後どのような方向性で売り出すのかについてです。
プロダクションとしても質のいい女優を低い歩合で契約したいと考えているので、口でいくら褒めたとしても自分の希望するギャラや働き方と合っていない場合は適切なプロダクションとは言えません。
面接時には遠慮せずに給与や禁止事項や売り出し方(単体女優か企画女優なのか)についても必ず確認するようにしてください。

最も自分に合ったプロダクションを見つけるためには複数の面接を受ける必要があります。
興味のあるプロダクションを3カ月以内に受け、条件や印象をメモしておくと比べやすいです。
一つでも受かったプロダクションがあれば面接時にもいいアピールになりますよ。
最低でも3種類のプロダクションを受けておくと比較できます。

プロダクションの選び方

AV女優を取り扱うプロダクションには人気女優が一人も在籍していない小さなものや詐欺に近しい怪しいプロダクションが多数存在します。
プロダクションの力でAV女優の人気度合いが左右されると言っても過言ではないので、「すぐに仕事がある」「お祝い金が出る」などの甘い言葉に惑わされずに判断しましょう。
まず、面接場所に喫茶店などプロダクション以外の場所を指定した場合は注意して下さい。

しっかりしたプロダクションであればビルの中などに事務所を構えているはずなのです。
ホームページに書いてある住所が実在しない場合や怪しげな雑居ビルである場合は所属を見送った方がいいでしょう。
面接の段階で質問を濁したり、具体的な仕事内容を説明してくれない場合も疑いを持って下さい。
プロダクションには強いジャンルがあり、在籍している風俗嬢がどのような作品に多く出ているか調べる必要があります。

年齢層の高い女性が多く在籍しているプロダクションは熟女やSMに強い傾向があります。
得意なプレイや憧れのAV女優が在籍しているプロダクションを選ぶと相性がいいです。
また、単体女優を目指している人はプロダクションに所属している単体女優のジャンルにも注目して下さい。
クールな美人系統の女性がキャピキャピしたアイドルタイプの単体女優が多数在籍しているプロダクションに所属したばかりに企画女優として採用されてしまうこともあるのです。

移籍をする前に

相談AV女優が移籍を考える時は「プロダクションに不満がある」「仕事がツライ」などの理由があります。
しかし、新しいプロダクションに移籍したからと言って不満が解消されるとは限らないので、まずは所属中のプロダクションと相談してみる事が大切です。
プロダクションと女優は仕事の悩みや待遇についての相談を対等にできる関係でないと良い仕事ができません。

AV女優はプロダクションにとって大切な商品なので、女性が気分良く仕事できるよう対策を考えてくれる可能性が高いですよ。

まとめ

AV女優のプロダクション移籍はリスクが大きい傾向があります。
企画女優の場合出演作品が増えれば増えるほどAV女優としての価値が下がりますし、単体女優は契約期間中に移籍数と損害賠償金を請求される可能性もあります。

また、度々移籍を繰り返すAV女優は転々虫と呼ばれ、どのプロダクションにも所属できなくなってしまうので注意が必要です。
プロダクションには怪しいものも多くあるので、所属女優や住所を確認してから面接を受けると安心です。
AV女優の人気は所属プロダクションの力によって決まるので、できるだけ人気AV女優を多く売り出している実績のあるところを選びましょう。
移籍を考えるのは最終手段です。

待遇や仕事内容に不服がある場合は、まずプロダクションに相談をしてみましょう。
AV女優はプロダクションの大切な商品なので、基本的にはAV女優が気持ちよく仕事ができるよう改善策を考えてくれるはずですよ。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする