チャットレディの税金・確定申告のまとめ

自宅にいながらも、パソコンやスマートフォンなどでビデオ環境やインターネット環境さえ整っていれば、誰でもいつでも好きな時間に手軽に稼ぐことができるチャットレディのアルバイト。
もともと学校があるためにたくさんの稼ぎを手に入れられない女子大生や、生活するだけで手一杯というほど収入が少ないOLのなかで、「誰でも気軽に稼げるアルバイト」として、その噂は広まっていきました。
国民の所得全体が低下しているなかで、こうした気軽に始められる副業に注目が集まっていますが、特にチャットレディであれば友人や勤務先にバレる心配も少なく、安心して働くことができるのです。

こうしたチャットレディのアルバイトをしているということは、所得が増えているということになりますので、しっかりと確定申告を行い、税金を申請する必要があります。
もちろん、扶養内で働いていたり、収入によっては課税対象にならないケースもあるのですが、もし課税対象になるほどの所得を得ているのにも関わらず確定申告をせず、税金を支払っていないのであれば、収入の差異で副業での収入がバレてしまい、税金だけではなく脱税として罰金を支払わなければならないのです。
ただ、こうした税金関係や確定申告について、まだまだ知識がない現役チャットレディもあるかと思います。
この記事では、税金と確定申告の基礎知識として、税金とはどういう仕組みになっているのか、またどれくらいの収入があれば、確定申告を行わなければならないのかなどの情報について、簡単にお伝えします。

チャットレディの税金って、収入いくらから取られるの?

お金 金チャットレディのアルバイトをしていると、当たり前ですが収入が発生しますよね。
こうした収入が発生した場合は、その金額に応じた税金を支払わなければならないという決まりがあります。
しかし、どれくらいの収入を得れば、税金を支払わなければならないのでしょうか。

それについては、実はチャットレディ自身が「チャットレディのお仕事のみをしている」のか、もしくは「OLなど別の本業があり、副業としてチャットレディのお仕事をしているのか」というところによって、変わってきます。
「チャットレディのお仕事のみをしている」という方の場合は、年間で38万円以上をチャットレディのお仕事で稼いでいるのであれば、そこから税金がかかるようになっています。
反対に、「OLなど別の本業があり、副業としてチャットレディのお仕事をしている」という方であれば、20万円以上を稼いでいるのであれば、税金がかかってくるようになります。
反対にいうと、それ以下の収入であれば、確定申告は必要ありませんので、この範囲内で調整をすることも可能になります。

この数字を見て「あまり稼げないな」と思う方もいるでしょうし、「アルバイトは103万円まで稼いでも税金はかからないんじゃないの?」と思う方もいるでしょう。
実は風俗嬢やチャットレディといったお仕事の間には、雇用契約というのは存在しません。
週に20時間以上を働いたとしても、支給されるお給料から雇用保険が差し引かれないのは、この両者間に雇用関係が結ばれていないからです。

103万円までであれば税金が控除されるというのは、基礎控除38万円+給与所得控除65万円という内訳で税金が控除されるのですが、チャットレディが運営会社からいただくお給料は、厳密にいうと「報酬」であって「お給料」ではありませんので、給与所得控除の65万円分は控除対象外になってしまうのです。
支払わなければならない税金にも、「所得税」と「住民税」という、名称だけは聞き慣れた2つの種類があります。
所得税というのは、稼いだ所得の○%という形で、収入によって変動がある税金になりますので、その収入が確定するまではパーセンテージがどうなるかはわかりません。
195万円以下であれば5%、そこから330万以下であれば10%など、ある程度の基準はできていますが、これは収入から経費を差し引かれた最終の所得から計算されるものになりますので、収入が確定するまではいくらになるかはわかりません。

住民税というのは所得税と違い、一律収入の10%と決められていますので、こちらは単純に確定した収入の10%を支払うという計算になります。

確定申告ってそもそも何?いつ、どうやってやるの?

書類ご説明した税金がどれくらいかかるのかという情報は、確定申告をして、ようやく初めて知れる情報になります。

そのため、脱税などの違反をすることなく、健全にチャットレディのお仕事をしていくためには、この確定申告をする必要があります。
それではまず、確定申告とはどういったもので、いつどうやってやるものなのかということをご説明します。
まず確定申告とは、簡単に説明をすると「1月1日から12月31日まで、その1年間に得た収入から交通費などのお仕事上でかかった必要経費を差し引いた、その人の本来の収入を確定させる」というものになります。
例えば、チャットレディのお仕事の報酬として10万円をいただいたとしても、その10万円をいただくまでの中で、ウェブカメラがなかったので購入をしたり、ビデオチャットで使うためのコスプレ衣装を購入したり、チャットセンターに通うために電車に乗ったなどをして1万円使用したとすると、収入は9万円になります。

先ほど説明した税金というのは、ここでいう経費を差し引いた後の9万円にかかるものになっていますので、少しでも税金を安くするためには、こうしてかかった経費を全て集計し、きっちり管理しておく必要があるのです。
また、確定申告には実施期間というのが毎年2月16日〜3月15日と決められておりますので、その期間に間に合うよう、確定申告を済まさなければなりません。
だいたいの傾向としては、3月10日以降は特に税務署のほうが大変混み合いますので、もし初めての確定申告でわからないところがたくさんあり、質問をしながら作成して提出したいということであれば、2月中に済ませておくことをおすすめします。

確定申告で税金を安くするためには、どうすればいいの?

電卓こうした確定申告によって、その1年の収入を把握することができ、そしてそれに応じた税金を支払うことで、健全にチャットレディのお仕事を続けることができます。
しかし、日本は税金大国なので、こうした細かい税金が重なり、多くのお金がどんどん流れていき、それによってどんどん自分で使えるお金が減っていきます。
こうした確定申告によって流れてしまう税金を、安くするためにはどうすれば良いでしょうか。
まず、もしあなたがチャットレディのお仕事のみを本業としてされているのであれば、個人事業主として申請を行い、青色申告を利用することをおすすめします。

確定申告には、「青色申告」と「白色申告」の2つがあり、青色申告は白色申告に比べても非常に手間がかかる申告にはなるのですが、特別控除として65万円の控除を受けることができます。
面倒な手間は確かにかかるかもしれませんが、それによって65万円の控除を受けることができるというのは、非常に大きなメリットになるはずです。
ただし、これは個人事業主として申請を出している方のみになりますので、OLや女子大生といった本業がある方に関しては、受けることができません。
また、確定申告に対しての知識があまりないような方であれば、税理士にお願いをして確定申告をしていただくというのも、ひとつの手になります。

税理士はもちろん、税金の専門家になりますので、長年確定申告をされているような方でも見落としてしまいそうになる控除の隙間を縫って、より多くの経費を換算してくれるかもしれません。
経費で申請できないと思っていたものができると判明することもありますし、反対にできると思っていたものができない場合もありますので、一番簡単なのはやはり、プロにお願いすることですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、確定申告や税金についての基本事項や情報について、ご紹介をしました。
非常にややこしく、面倒な作業ではありますが、確定申告を行わなければ脱税になってしまい、それによって副業として働いているチャットレディは、会社にバレることにもなってしまいます。
もし健全に稼ぎ続けたいということであれば、しっかり確定申告を行い、税金を収めましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする