60代のデブは風俗で働くのは諦めた方が良い?デブ専でも無理?

風俗の世界は本当に幅が広く、たとえ60代の女性であっても風俗嬢として働くことは出来ます。

このような超熟などと呼ばれる女性の場合、余程の巨漢でもない限り、デブ専風俗店でなくとも働けるお店はあります。
なにしろ60代以上の熟女系の風俗店の場合、容姿や外見よりも、内面が重視されやすいからです。

60代以上のぽっちゃり女性の求人

パソコン熟女系、人妻系と呼ばれる風俗店の場合、そこに勤務しているキャストの年齢は30代から40代、もしくは50代くらいでしょう。

流石に60代を超える女性は滅多にいません。
しかし、人間の欲望は底なしなようで、男性の中には50代よりもさらに上の60代の女性を求めることがあります。
このような超熟と呼ばれる女性のための風俗店がある限り、たとえ還暦を迎えたとしても女性は風俗嬢として働き続けることが可能なのですが、果たしてデブの女性であってもこういったお店は採用してくれるのでしょうか?
幸いなことに、60代以上の風俗求人の場合、あまりスレンダーな女性が求められることはそれほど多くはないようです。

というのも、人間の身体は60代を超えると流石に20代のような身体は維持できません。
余程お金をかけてアンチエイジングでもなしない限り、難しいでしょう。
それだけに、ちょっとぽっちゃりしている程度の女性であれば、必ずしもデブ専風俗店の求人だけを対象に絞る必要はないでしょう。
むしろ、60代でも歓迎している人妻系、熟女系の風俗店の求人もチェックしておいた方が良いです。

なにしろ、60代を歓迎してくれる求人ともなると、たとえ東京都のような風俗店の多いエリアであっても数は少ないです。
デブ専風俗店だけにターゲットを絞ると、なかなかお店が見つからないでしょう。
それならば、熟女系や人妻系の風俗店も対象にし、その中でデブやぽっちゃり系の女性でも受け入れてくれる風俗店を探した方が良さそうです。
もちろん、デブ専風俗店を探しても良いでしょう。

デブ専風俗店は、熟女系や人妻系と違い、デブ専の男性を客層としているお店になります。
そのため、デブ専風俗店に勤務すれば、ぽっちゃりな体型好きな男性が集まりやすく、指名が貰いやすいでしょう。
ただし、デブ専風俗店というのは基本的にキャストが全員デブになりますので、ただでさえ少ない男性客をキャスト同士で奪い合う形になってしまいます。
それでしたら、まだ男性客が多そうな熟女系や人妻系の風俗店の方が稼げる確率も高まるかもしれません。

これらの理由から、60代のデブだからといって風俗嬢になることを諦める必要はありませんし、選択肢もデブ専一本に絞ることもないでしょう。
インターネットが発達している今の時代、昔と違って自分の条件に合致した求人を探すことは簡単です。
パソコン特に東京都の求人は非常に多く、デブ専風俗店以外にも熟女系や人妻系のお店も探してみることで、60代からでも風俗嬢になれるでしょう。

60代女性の需要

風俗嬢といえばエッチなサービスをするお仕事です。
そのため、一般的にはより性的な魅力のある女性ほど需要があると思われがちであり、実際その通りです。
しかし、全ての風俗嬢が必ずしも性的魅力に溢れているわけではありません。
例えば60代の女性をエッチな眼差しで見る男性はあまりいないでしょう。

にも関わらず、60代の女性でも採用する風俗店があるということは、それ相応のニーズがあるということです。
では、それはどのような需要なのでしょう?
いくら風俗の仕事とはいえ、60代の女性に性的なニーズはあまり求められません。
確かに60代でも綺麗な女性はいますが、若い女性にはどうしても負けるでしょう。

60代の女性の需要とは、いってみればその経験豊富な内面です。
外見よりも、中身が重視される傾向があります。
特に高齢化社会である現在に日本において、60代70代の男性は非常に多いです。
そして、そういった高齢の男性の場合、エッチなサービスよりも内面的な癒しを求める傾向があります。

そもそもこの年齢になると、男性といえど性欲はほとんどありません。
それならば話が合わない若い女性よりも、むしろ同じ年代の60代の女性と一緒にいる方が癒しにもなります。
60代の風俗嬢はこういった癒しを求めている男性からのニーズが高いだけに、面接では外見よりも内面が重視されやすいです。
それだけに、太っている事やぽっちゃり体型であることをそれほどコンプレックスに感じる必要はないでしょう。

条件に適う求人を見つけたら、早速応募してみましょう。
お店側が良いと判断すれば、採用して貰えます。

採用までの流れ

いざ60代のデブやぽっちゃり系の女性でも歓迎してくれる風俗店の求人が見つかった場合、どのような流れで採用に至るのでしょう?
まず求人先に連絡をし、面接の予約を取ることから手続きはスタートします。
連絡する際に面接の日時を決めることになるのですが、その際に不安点や疑問点があったら質問し、わからない点を解消しましょう。
お店によっては面接時に店内を見学させてくれることもありますので、連絡時に見学が可能かどうかも聞いておいた方が良いでしょう。

いざ面接になりましたら、あまり失礼な態度にはならないように、礼儀正しく振る舞いましょう。
なにしろ相手は60代以上の女性を雇うようなお店です。
見た目はともかくとして、人格に問題がある女性は雇ってもらえない可能性があります。
面接中は礼儀正しく振る舞い、評価が上がるように努めましょう。

お金面接の際に給料の仕組みや働き方など、聞けることはしっかり聞いておきましょう。
やがて面接が終わり、採用される場合、そのまま入店となります。
お店によっては体験入店からスタートします。
このように、採用される場合は面接後にすぐに仕事が始まるので、いつでも働けるように準備は万全にしておきましょう。

60代女性の風俗の職種

風俗の仕事というとソフト系からハード系まで職種の種類は豊富です。
しかし、60代以上の女性ともなると、選べる職種の数は少ないでしょう。
どちらかといえば仕事はハード系になりやすく、主にデリヘルやホテヘル、ソープなどの仕事になります。

デリヘルやホテヘル、そしてソープなどの仕事はハード系なだけあって、一回あたりの仕事内容はとても大変で、体力がいります。
その一方で、一回あたりの料金が高額であるため、短時間で高収入を稼げます。
60代の女性ともなると、そもそも風俗以外の職種においても、あまり贅沢は言えません。
というのも、60代の女性になるとたとえ職歴や資格、学歴があってもあまり重視されず、企業の正社員として雇ってもらえる可能性はかなり低いです。

もしも働けるとするならば、誰にでも出来るような低賃金のバイトくらいでしょう。
このような時給の低いバイトの場合、まとまったお金を稼ごうと思ったら長時間勤務になりやすく、60代の女性にはなかなか体力的に厳しいものがあります。
その点、体力的に厳しいといっても短時間で仕事が終わるソープやデリヘル、ホテヘルのバイトならば、たとえ体力の劣っている60代の女性であっても働けるでしょうし、何より少ない時間でまとまったお金を稼げるようになります。
ちなみに、風俗といっても全ての職種がソープやデリヘル、ホテヘルのように一回あたりの料金が高額なわけではありません。

中にはピンサロのように、長時間働かないとあまり稼げない仕事もあります。
それだけに、求人を探す際には応募条件のみならず、職種も確認しておいた方が良いでしょう。

稼げる給料

東京たとえ60代であっても、そこは風俗嬢です。

確かに20代の女性と比べて稼げる金額は遥かに安くなりますが、それでも低時給なバイトと比べると多めに稼げるものです。
一回あたりの接客によって稼げる金額は若い女性と比べると安くなりますが、1日3人以上接客すれば日給で2万円以上は十分に稼げるでしょう。
人気のある風俗嬢ともなると日給で3万円から4万円は稼げるようになり、月単位で30万円以上の給料は稼げるようになります。
30万円以上の給料ともなると、正社員として働くOLでないとまず稼げないでしょう。

そして、60代の職歴のない女性ともなると、正社員の仕事はまず望めません。
働けるとしても月10万円稼げれば良い方のバイトくらいです。
たとえ60代でぽっちゃり体型な女性であっても、東京都のような求人数の多いエリアで風俗の仕事を探せば、採用してくれる風俗店は見つかります。
デブ専に限らず、熟女系や人妻系の風俗店でも採用されるでしょう。

さらに、本人の努力次第では普通の仕事よりも稼げる可能性はあるだけに、年齢や体型を理由に風俗の仕事を諦める必要はありません。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする