知人に内緒でキャバクラで働く女の子の為の身バレ防止対策

風俗やキャバクラには、知人や身内に内緒で働いている嬢が少なくない、といいます。
なぜ内緒なのか、その理由については、人それぞれに事情があることが考えられますが、まあわかりやすくいえば、人に知られた場合に、「普通の職種ではない」と思われてしまうのではないか、という自分自身の感覚がはたらくからなのではないか、と思われます。
「何が普通で何が普通でないか」という境界線は、かつてに比べるとかないあいまいになってきているものの、いわゆる「水商売」的な職種には、まだまだこういった感覚を持った嬢がたくさん存在している、と思われます。

そこでここでは、知人や家族に内緒でキャバクラで働く女の子の為の、身バレ防止対策を考えていきます。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

キャバクラは風俗?

風営法の存在

法律一般的な感覚からいえば、ひとくちに「水商売」とはいうものの、そこにはかなり大きな幅があります。

風俗の王様といわれているソープから、喫茶店のウエイトレスなどの軽めの職種まで、水商売の範疇でくくられる職種はさまざまです。
そんな中でも、風営法、つまり正式には「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」の対象とされる職種は、(少なくとも法律上は)風俗という業種として指定されています。
風俗といえば、前述のソープやヘルスが真っ先に浮かびますが、風営法では、性的サービスを取り扱うお店以外にも、パチンコ店やビリヤード店、それにキャバクラやセクキャバも含まれています。
キャバクラも法律上は立派な風俗なわけです。

そうなってくると、そこで働こうとする女性にも、家族や彼氏のバレを気にしたり、実際にバレ防止策をとるなどして気を付ける、という心理が生まれてきます。
風営法の存在が、キャバクラを風俗としてくくっているのです。

キャバクラとガールズバーは異なる

キャバクラは、ドレスやスーツを着た女の子(お店によっては水着だったり下着だったり、コスプレ系の衣装だったりする場合もあります)が接客して、お酒を飲むところなのですが、「女の子が接客してお酒を飲む」という意味では、ガールズバーやスナックなども、一見同じ職種に見えます。

しかし、風営法の取り扱いの中では、両者は明確に違うものとして捉えられています。
その差は何かといいますと、「接待」というキーワードが浮かび上がってきます。
風営法上は、「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」という条件に、業務内容が合致すれば、たとえそれがキャバクラやセクキャバなどの「お酒を飲む店」であっても、「接待」しているとして風営法上「ガールズバーとは異なるジャンルの業態(つまり風俗の一種)」の対象になる、とのことです。
ちなみにガールズバーの場合には、あくまでも女性は「カウンター越しのバーテンダー」という位置付けとされ、風営法の対象ではなくなるそうです。

カウンター越しでは、風営法が定めている「歓楽的雰囲気」を醸し出したり、「接待」ができない、と解釈されるのです。
ということはつまり「接待」とは、実態としては、スキンシップだったり、色恋営業だったりすることがうかがえます。

本人以外から見たキャバクラとは

お酒ともあれ、キャバクラと比較すると、ガールズバーは法律的にも「ややソフトな領域」に分類されていて、キャバクラはくくりとしてはピンサロやセクキャバあたりと同列なジャンルとして定義されています。

こういった事実を背景に、キャバクラで働くということは、いわゆる「風俗」で働くこととは実態としての線引きは異なるものの、働いている本人以外の目線、つまり家族や彼氏、友達などから見た場合、(人によって感じ方は違うものの)それほど印象に差がない、と思われている可能性があります。
風俗とキャバクラの間に横たわる、働き手本人が感じる「職業選択上のハードル」は、第三者からすると、それほど大きくない、ということです。

具体的な身バレ防止対策とは?

身バレによるデメリット

そもそも働き手である女性が「身バレを防止したい理由」を、もう少し掘り下げてみましょう。
家族や彼氏、友達に身バレした場合、どんなデメリットが起こるのでしょうか。
つきつめてみれば、「自分自身が非常に嫌な思いをする」、ということです、その「嫌なこと」とは、彼氏が離れていったり、家族に説教を食らったり、実家から追い出されたり、友達からまるで「反社会的な存在」のように取り扱われる可能性がある、と自分自身が考えて、それらが起こることによる「自分自身に起こる嫌な気持ち」を防止したい、というところが大きいのではないでしょうか。
職業選択の中に、風俗やキャバクラが入ってくる時点で、働き手本人としての「働く動機」は十二分に存在していることがうかがえますので、やはり実際にアクションした時の「周囲の反応による自身への中傷」が、身バレの際に起こる最大のデメリットである、と位置づけてよいでしょう(もちろん、こうした感情の先には、「知らぬが仏」ではないけれど、周囲に無用な心配をかけたくない、という意識もはたらくことと思われます)。

こうして考えてみると、身バレ防止策を講じることは、自分自身にとって非常に意義があること、ということがわかります。

具体的にどうすればバレないか

チェックリストそれでは、「どうすれば身バレリスクを小さくできるか」ということについて、具体的に考えていきましょう。
まず考えられることは、「エリア対策」です。

単純に、家族や彼氏、友人の行動範囲からはずれたエリアで働けば、身バレしてしまうリスクを大幅に軽減することができます。
生活導線となっている鉄道やバスの沿線を避けるだけでも、かなりの効果が見込めそうです。
それから次には、「顔写真の加工」という方法があります。
まともなお店であれば、いまどきほぼすべてのキャバクラがホームページを擁しているかと思いますが、知っている人間が見れば、誰でも本人とわかるような素の顔写真をそのまま晒せば、キャバクラの店舗が鉄道の沿線から外れていたとしても、身バレリスクは大きくなってしまいます。

なので、化粧や写真加工で、ぱっと見は本人とは気づかれないようにすることも重要です。
キャバクラの場合、ホームページでの顔出しはほぼ必須なのですが、中には顔出し自体を一部実施していないキャスト掲載を許容している場合も、あるにはあります。
顔出しによる身バレのリスクを考えた場合、顔出しなしという方針のお店があれば、選択肢のひとつに入れておくのも良いでしょう。
さらに、「アリバイ工作」という手を絡めれば、(出会い頭=偶然直接的にはちあわせてしまうことを除いて)身バレ対策を万全にすることもできます。

まとめ

キャバクラで働く場合、周囲の家族や彼氏、友達などに、職業や勤務先を知られたくない、できれば身バレしたくないという気持ちは、多くの働き手が抱いている思いでしょう。
その感情は、周囲に迷惑や心配をかけたくない、という気持ちをはじめとして、最終的には、自分自身にふりかかってくるであろう「重苦しい気持ちや恐怖する感情」を、できることなら避けたい、なるべく軽減したい、ということもあるかと思います。
そこで、有効な身バレ対策を打っていく必要性が出てくるのですが、今どきのキャバクラでは、顔出しNGのところもありますし、アイドルと見間違えるくらいのところまで写真を加工するような技術を持つスタジオで顔写真撮影をおこなっているところや、さらにはアリバイ工作を積極的におこなっているようなお店も存在しています。

身バレ対策に有効な方策を取り入れているお店を探して、自分自身のハードルの高さに見合うかどうかを判断基準としていけば、踏み間違えてしまうことはなさそうです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする