AV女優が引退する理由

AV女優が引退するには、いくつかの理由があります。
リアルでの事情や、会社の方針、大人の事情など色々な理由でAVの世界を引退します。
AV女優という仕事は、高収入と引き換えにたくさんのデメリットがあり、この世界で長年に渡り仕事を続けている女性は全体的に見てもごくわずかです。

この記事では、AV女優が引退する理由についてまとめてみました。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

人気がなくなり、DVDを発売しても売れなくなった

DVD撮影したDVDが発売されても売上が思うように伸びなければ、次回からのAV女優に支払われるギャラも下がったり、その女優を使った企画そのものが無くなったりします。
AVでは「単体」「企画単体」というものがあり、単体で出演する時には1本100万円が支払われることもありますが、売れなければ単体女優から企画単体女優に落とされギャラも少なくなります。

これはAV女優にとっては屈辱的なことであり、本人のモチベーション低下にも繋がりうることです。
ここが引退の線引とも言われ、単体女優から企画に転落したのをきっかけに引退するAV女優は多いです。

出演報酬のギャラが低くなった

無名のAV女優や、企画女優としてAVに出演した時のギャラは1本3万円〜という、超低価格だったりします。

映像としてSEXシーンが一生残るのに対して、その報酬はあまりにも低いようにも思えます。
しかし、企画女優として人気が出れば、単体女優としての道が開けることもあり、そうなれば一気に出演時のギャラも跳ね上がります。
単体女優になれば事務所との専属契約になり、3ヶ月〜24ヶ月以上の仕事が約束されるので収入面ではかなり裕福になります。
AV撮影以外にも、写真撮影、テレビ出演といったAV以外の仕事も増えるのでさらに収入も増えていきます。

単体女優としての撮影は数日程度で終わるので、時間的なゆとりが出るのも魅力的です。
自分も努力をしたり、事務所のプロモーションが上手ければ稼げる期間も長く続きますが、やがて時間が経つにつれ人気も徐々に落ちていき、出演時のギャラも低下していったりします。
出演時のギャラが低くなったことが理由で、AV女優の仕事を辞めることもあります。

元々辞めるタイミングを探っていた

カレンダーAVに出演するきっかけというのは、女性によって様々です。
街でスカウトされたことがきっかけだったり、自分から事務所に面接してAV女優になったりする人もいます。
AV女優になるきっかけとして一番多いのはやはりスカウトがきっかけでデビューすることが多いように見受けられます。
最初はAVと聞いて断ることが多いですが、スカウトマンの言葉巧みな話術で気持ちが変わり、ちょっとしたお小遣い稼ぎの感覚で出演する女性は多いです。

最初は企画物として、その他大勢の素人女性と出演し、それがきっかけで人気が出ると2本目、3本目と出演交渉がきたりもします。
あれよこれよという間に、AVではすっかり人気女優になってしまい、辞めるタイミングを見失ってしまうこともあります。
こうした、「ちょっとしたお小遣い稼ぎ」感覚でAV女優をはじめてしまうと、ズルズルと長期間に渡り仕事を続けてしまうことがあり、常に辞めるタイミングを伺っていたりします。

撮影の内容に付いていけなくなった

AV女優としてデビューした当初の撮影内容は比較的にイージーなものが多いですが、仕事を続けていくにつれて内容も過激になっていき、元々はNGだったプレイも解禁していきます。
NGプレイを解禁していかないとAV女優としての仕事は減り、収入も少なくなるので、仕事を続けるためにはこうしたことも必要になってくる訳です。
つまり、長年に渡りAV女優を続けていくと撮影の内容はより過激になり、“肉体的、体力的”にも限界がきてしまい、引退を決意するようになります。

ソープへ転向

AV女優が仕事を辞めて、風俗嬢として働くことがよくあります。
AV女優としての活躍で、一定の人気がでたりするとソープといった風俗で働けば通常の女性よりもたくさんの収入を得ることができます。
元々人気のあった人気AV女優であれば、1回のプレイで数十万円を稼ぐこともできます。
風俗店にとっても、元AV女優が在籍しているというだけでも宣伝効果があるので需要もかなりあるはずです。

AVの世界を引退した後でもこうして稼ぐことができるので、AV女優としての経歴を最大限に活かすことができます。

結婚や子供ができた

結婚AV女優が引退する理由の一つに、実生活での事情があります。
その中には、結婚をきっかけに引退をしたり、子供が出来た理由で引退をすることがあります。

AV女優と結婚する男性は彼女の事情も熟知している訳ですが、自分の妻がAV女優として仕事を続け、他の男性に抱かれるのは正直いい気分ではありません。
中には、旦那がAV監督で、結婚後もAV女優として働くことを許してくれることもありますが、一般の男性だと中々難しいようです。
ましてや、子供ができたとあれば引退を強く決心してしまう女性が多いようです。
子供の将来のことを考えれば当然の決断かもしれません。

子供が生まれて成長した後も、AV女優として仕事を続けれると周囲にバレてしまい、周りとの温度差でツライ思いをしてしまいます。

目標を達成出来なかった。

特にやりたい仕事もなく、なんとなくで適当な仕事に就く女性は多いと思います。
しかし、AV女優として中途半端な気持ちで稼げる仕事ではありません。

何かしらの目標を立てておかないと、この世界で生き残ることは難しいです。
演技であったり、テクニックといったことも必要なので、それなりに努力も必要です。
その努力の結果として単体女優として活躍の場を広げることができたり、AV女優以外の仕事ももらえるようになります。
AV女優として働く女性の中には、こうした目標を立てて頑張っている女性は多いですが、その全ての女性が期待しているような結果が出せる訳ではありません。

頑張っても結果が付いてこずに、やむなくAVの世界を引退してしまう女性も多いです。
AV女優としての“旬”の期間は個人によって変わり、長年に渡り愛され続ける女性もいれば、1本2本の出演で「飽きられてしまう」女優もいるシビアな世界です。
AV女優として働く場合には、事務所やプロダクションとの話し合いで目標を決めてトライを続けますが、泣かず飛ばずの結果で終わってしまうこともあり、それがきっかけでAV女優を引退してしまうこともあります。

AVが稼げないと気がついた

Coin単体女優よりも、企画女優の数が圧倒的に多く、そのギャラも単体に比べるとかなり低い金額になっています。
場合によっては風俗で働く方が遥かに稼げることもあり、AV女優として働くことで高額収入を期待していた女性にとっては片スカシを喰らうことも多いのではないでしょうか。
AVに出れば絶対に高収入を得られるという話は過去のもので、今はAV業界も低迷しており、AV女優よりも男優の数が圧倒的に足りない状況が続いています。
いかに、人気が出て稼げるかに着目しているので、AV女優として採用する事務所やメーカーも女優選びは慎重になってきています。

芸能人やよほどの人材でない限りは、企画女優としてデビューすることがほとんどなので、その収入もあまり期待する額ではないというのが実情です。

まとめ

AV女優として人気が出れば、そのギャラも比例して高額になっていきます。
しかし、人気が出なかったり、低迷すれば話は別です。

AV女優として稼ぎ続けるのは難しく、どこかのタイミングで引退することを決断しないといけません。
AV女優が引退する理由には色々ありますが、一番多い理由として「稼げない」「稼げなくなった」という事情があるようです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする