キャバクラの仕事内容と一日の流れを紹介

今も昔も変わらず、若い女性を中心に絶大な人気を誇るキャバクラ。
ガールズバーやスナックといったようなお水のお店も若い女性からは人気がありますが、やはりドレスを着るからこその華やかさがあって、またお給料に関してもガールズバーやスナックに比べても高めであることから、女子大生やOLも含め、キャバクラで働くことを希望する女性はたくさんいます。
キャバクラの求人も非常に豊富で、今では有名な飲屋街だけではなく、小さな街でもキャバクラがあるほど普及しているので、キャバクラで働きたいと思った時に、求人で困るようなことがないということも、魅力のひとつです。

ただ、キャバクラで働きたいと思っているとしても、キャバクラのお仕事の内容が「お客様に対してお酒を作って渡して、一緒に話しながら飲む」といったぐらいにしか理解していないという女性も少なくはありません。
例えばキャバクラの中でのNG行為であったり、接客時間はどれくらいあるのか、またバック率はどの程度あるのかといったような情報は、キャバクラで働く前には知っておいたほうがいいでしょう。
では、キャバクラの仕事内容とは、一体どういったものなのでしょうか。
また、1日の大まかなお仕事の流れというのは、どういったものなのでしょうか。

今回の記事では、キャバクラで働くことに興味はあるけど、仕事内容は詳しく知らないという女性に向けて、キャバクラのお仕事に関する基本的な情報をお伝えします。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

キャバクラの仕事内容って?

ソファキラキラと輝く照明や高級そうなソファー、そしてドレスを纏った綺麗なキャストたちが高級なシャンパンやお酒をお客様と嗜みながら、楽しいひとときを過ごすキャバクラ。
キャバクラも以前ほどは敷居が高いお仕事ではなく、今ではドレスなどは着ることがあっても、実際のシステムはガールズバーやスナックのようにカジュアルなお店も増えてきました。

ただ、それでもキャバクラのお仕事について、上辺だけの情報しか知らず、結局どういった仕事があるのか、といったことまで把握している女性は、少なくはありません。
では、キャバクラではどういったお仕事をするのでしょうか。
まず、大まかに言うと、多くの女性の中にある「お客様に対してお酒を作って渡して、一緒に話しながら飲む」というイメージ通りのお仕事をします。
お客様の隣の席に座って、オーダーを受けたお酒を作ったり、お客様が喫煙者の方であればタバコをつけてあげたり、お客様のお話を聞いて楽しいひとときを過ごしていただくことがお仕事です。

また、自分がメインで指名をいただいたり、フリーで来られたお客様のお相手をすることもあれば、例えば他のキャバクラ嬢を指名してくれたお客様が何名か来られていたとき、他のキャバクラ嬢が1人のお客様に付いている間に、相手できないお客様の席につき、その場を繋げる役目を担うヘルプとして、お客様の相手をすることもあります。
ただし、キャバクラ嬢はただお客様が注文したお酒をそのまま作り、一緒に飲みながら談笑するというだけでは勤まりません。
様々なテクニックを活かし、また指名をしていただけるようにしっかりとサービスを提供することが必要です。
キャバクラというのは、当然ですがお客様が支払ってくださった売り上げで経営が成り立っています。

その売り上げを作ってくれるお客様を、何度もリピートして来店させ、単価の高いお酒を頼んでいただいたり、お誕生日イベントなどがあれば必ず来てくれるような上顧客に育てることが、キャバクラ嬢の重要なお仕事となってくるのです。
そのためにキャバクラ嬢は、たくさんの努力が必要になりますので、「華やかで綺麗なお仕事」というイメージを持たれて期待しているのであれば、考えを改める必要があるでしょう。
実際には、キャバクラ嬢のお仕事とは、営業職のように非常に泥臭いお仕事なのです。

1日の大まかな流れは、どんなの?(オープン前〜オープン)

質問華やかで綺麗、そしてたくさん稼ぐことができるお仕事というイメージが浸透して、女性大西やOLといった若い女性を中心に人気が出ているキャバクラのお仕事。
内容はその機体とは裏腹に泥臭いもので、まるで営業職のように、お客様にどうすればまた会いたいと思われて来店してくれるかということを考えながら、常にお客樣へのフォローや営業に努めなければなりません。
そんな意外にも大変なキャバクラのお仕事ですが、1日の大まかなお仕事の流れというのは、どういったものになるのでしょうか。

まずキャバクラ嬢は、お店がオープンする前に出勤をし、身なりを整えるところから始まります。
ドレスを着た状態で出勤するキャバクラ嬢も多くはなく、たいていが私服で出勤するので、出勤してドレスに着替えて準備をします。
また、ヘアセットサロンで髪型をセットするキャバクラ嬢もいれば、出勤してからお店の中でセットするキャバクラ嬢もいるので、もしお店でセットする場合は、オープンよりも数時間早く出勤して、髪をセットする必要があります。
キャバクラがオープンしたら、まずキャバクラ嬢は待機します。

待機というのは、お客様がテーブルにつき、お客様のお相手をするまでの間の時間のことを指しているもので、どこか待機室のようなところで座って待機をするお店もあれば、お店のなかで立って待機をさせるという方針のお店もあります。
例えばこの時、お客様へ来店を促すための営業メールやラインを送る場合であれば構わないのですが、携帯のゲームをしていたり、ネットで何かのサイトを見たりして遊んでいる様子が見つかった場合は、給料カットなどの対象になるので、NG行為とされています。

1日の大まかな流れは、どんなの?
(接客スタート〜終わり)

日程お客様が来店されれば、お客様の席について接客がスタートします。
キャバクラに来られるお客様は「指名客」と「フリー客」の2種類がいて、「指名客」とは誰か特定のキャバクラ嬢に会いにきた、いわばキャバクラ嬢のファンのお客様で、「フリー客」とはネットや看板を見て、たまたまそのキャバクラに来られたお客様のことを指します。
キャバクラで働いてある程度たち、経験を積んできたキャバクラ嬢であればたくさんの指名客が頻繁に来店されることがありますが、まだキャバクラで働いて日が浅いキャバクラ嬢は、このフリー客の相手をするか、もしくは先輩キャバクラ嬢の指名客のヘルプ対応をすることがほとんどです。
そんなお客様に対し、お酒のオーダーを伺ったり、たばこを吸う方であれば火をつけてアシストしてあげるなどのサービスを提供して、お客様に心地よい時間を提供することが大切です。

また、フリーのお客樣には、場内指名というその場で自分を指名をしてもらうことを促すことで、指名料を獲得することができますので、場内指名を促すことも忘れてはなりません。
ただし、あまりガツガツいってしまうと引かれてしまい、印象を悪くさせてしまうので、少し遠回しにアプローチすることが大切です。
キャバクラは1セット60分が基本の接客時間になりますので、接客時間が終わりに近づいてくれば、そのまま延長を促す必要があります。
ここで延長を獲得することができれば、さらにインセンティブがプラスされてお給料のバック金額が上がりますし、延長してくれるということは、今後の指名客として少し有力な顧客になる可能性もあるでしょう。

また、延長を断られたからといって必ずリピートのお客様になってくれないというわけでもなく、営業の掛け方などによっては再来店の可能性は十分あり得ますので、連絡先を交換しておくことも忘れないようにしましょう。
最後に、お客様に対するメッセージを添えた自分の名刺をお渡しして、接客は終了になります。
キャバクラでは、出勤時間内にこれらを繰り返すことが主なお仕事内容になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
キャバクラのお仕事内容や、1日の大まかな流れについて、ご紹介しました。
もしキャバクラに対して華やかなイメージを持ち、だから働きたい!と思われていた方には、案外泥臭いお仕事なんだということが伝われば幸いです。
それでもキャバクラで働きたい!チャレンジしたい!ということであれば、求人サイトをチェックしてみましょう。

最近ではキャバクラの量も増えていろんな街にありますので、きっとあなたの条件にあったキャバクラが見つかるはずです。

おすすめ風俗求人サイト

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトを紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

Qプリ

おすすめ№1に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする