AV女優は嘘求人などで騙されて出演する事は今はない

AV女優の求人は、嘘求人があったり騙されたりすることもあったため、実際にプロダクションに応募することを不安に思う人もいます。
しかし、AV女優やAV業界は時代とともに変化しており、女優が望まないような作品に騙されて出演させられることは減ってきているようです。
それどころか、快適にお金を稼げる仕事として、AV女優になりたいという人が増えており、出演することすら難しくなっています。

今では騙されて撮影されることよりもAV女優の仕事の口があるかどうかの方が心配になっている人もいるようです。

昔はあった嘘求人やだましの撮影

カメラ フィルムAV業界では、昔はAV女優を集めるために嘘求人をしていたり、騙して撮影することもあったようです。
風俗の求人などでは今でもあるようですが、AV業界は注目されることも多いため、最近ではこのようなことは減ってきています。

パーツモデルで求人してAVに

騙されてAV女優になってしまうこととしては、パーツモデルの求人として応募したのに実際に撮影が始まったらAVだったという例があります。
パーツモデルの仕事は、過去も現在もないわけではありませんが、数が少なく、稼げるというほどではありません。
そのため、パーツモデルでガンガン稼げるといった求人広告は嘘求人の可能性が高く、リスキーでした。

もちろん今でもパーツモデルで良すぎる待遇条件を出しているものは嘘求人の可能性があります。
基本的には風俗っぽい求人サイトにあるパーツモデルで高待遇の求人広告は要注意です。

実際に行われていたリアルなレイプ撮影

過去のAV作品にはかなり悪どい撮影方法をしていることもありました。

レイプものや凌辱モノ、SMなどのマニアックで女性がいたぶられる系の作品には、やらせなしでAV女優が本当に嫌がっているところを撮影したものがあったようです。
AV女優としての契約は済ませているため、女性は泣き寝入りすることが多く、無理やりひどいことをされている作品が出回っていました。
こうした撮影ではAV女優は撮影の内容を知らされずに(もしくはソフトな撮影と聞かされて)現場に向かい、現場で襲われてしまいます。
こういった悪どい撮影方法は演技力のないAV女優からリアルな反応を引き出すことができますが、心身を壊す女優も増えてしまい、問題も多かったため、今は行われていません。

リアルそうな作品でも、今のAVはほぼ出演者全員が納得している演出です。

生本番を強要する撮影も

男性 女性過去のAVでは女優の権利がはっきりと守られておらず、撮影の内容も間際に聞かされたり、撮影現場で突然変更になったりすることがありました。
AV撮影では本番のセックスも行われますが、基本的にはゴムありです。

ゴムなし生本番をするのは、女優がNGにしていない時だけとなります。
しかし、過去には撮影ギリギリになって生本番を伝えて、強要するケースなどもあったようです。

お金がしっかり支払われないことも

AV出演はギャラのためですが、そのギャラもあいまいになっており、撮影はしたのにきちんとお金が支払われなかったケースもありました。

また、少ない金額でハードな仕事だったり、撮影内容が変わったのにギャラが変わらなかったことなどもあります。

告発が増えてクリーンに変わったAV業界

AV業界では悪辣な手法による求人や撮影が行われていましたが、女優たちからの告発などで徐々に正されていきました。
メディアなどで騒がれたり警察に目を付けられることで、違法業者はつぶれてしまうため、今ではクリーンなプロダクションが増えて、安全性も高くなっています。

嘘求人は減ってNG行為を選べるように

AV女優の求人では嘘求人が少なくなり、女優自身もNG行為を伝えることでプレイ内容をしっかりと選んで作品に出演できるようになりました。
また、AV女優の中から芸能人が出ることでAV女優人気が高まってきて応募も増えたため、プロダクションも嫌がる女の子を無理やりAV女優にする必要もなくなっています。
その反面、AV女優のハードルが上がり、売れない女優は多少ハードなプレイでもやらないと出演できないという弊害が生まれています。

自分の嫌な行為を無理強いはされませんが、仕事を得られない可能性はあるので注意が必要です。

プロダクションは女優とメーカーの橋渡しとして

昔のようにAV女優を騙して出演させることは減り、反対にプロダクションは女優とメーカーの橋渡しとして女優の権利を守り、交渉を引き受ける立場になっています。
女優の言い分だけを聞くことはありませんが、正当な主張であればきちんと対応してもらえます。

女優からのクレームはお金と話し合いで解消を

女優から撮影内容などについてクレームがあった場合の対応としては、基本的にお金で解決することになります。
また、場合によっては女優から話を聞いたり説得するだけに終わることもあります。
女優としては不完全な解決方法で満足できないこともありますが、少なくとも誠実に対応してもらえることで働きやすくはなっているようです。

違法アダルトはゼロではない

法律嘘求人の広告を出すプロダクションも減り、騙される女優も減ってきてはいます。
しかし、違法な撮影を行ったり、無修正AVなどを作る会社がゼロになったわけではありません。
まだ、リスクが完全に消えたわけではないため、求人を探す時には慎重に見る必要があります。

AV女優として安全に働くために

AV女優の安全性や働きやすさは向上しているものの、完全に安全になったわけではないため、応募の際はプロダクションを見極める必要があります。
悪いプロダクションを見極めて安全に働くためのポイントを紹介します。

事務所のないプロダクションには行かない

事務所のないプロダクションは、逃げやすく、お金の未払いや違法な撮影の温床となります。
そのため、事務所が架空のプロダクションは避けて応募することが必要です。

面接当日の契約には注意する

プロダクションに入るためには契約をしますが、契約内容を吟味する時間を与えず、すぐに契約を促すような場合には注意が必要です。

女優にとって不利な条件が記載されている恐れもあるため、契約内容をじっくり見る余裕を与えない会社は要注意となります。

契約前に下着姿くらいにはなることがある

プロダクションは、契約前にAV女優として売れるかどうかを判断したいと考えています。
そのため、契約の前に裸になったり下着姿になるくらいの覚悟は必要かもしれません。

プロダクション側としては、刺青や妊娠線の有無やはっきりとしたスタイルの確認、カメラ写りくらいはしてから契約したいものです。
バストアップや下着姿で写真撮影されることくらいは、安全なプロダクションでもあります。

NG行為をきちんと伝えておく

契約時や出演交渉の際には、自分のNG行為をきちんと伝えることが大切です。

また、NG行為をきちんと受け入れてくれない会社は避けるべきです。
AV女優は自分のできる行為とそうでない行為を自由に選べて、撮影現場で無理強いされたらプロダクションが守ってくれます。

まとめ

AV女優を取り巻く環境は昔と比べると改善されており、嘘求人に騙されることや嫌がるのを無理やり撮影することなどはなくなっています。

しかし、悪質な撮影を行う業者がゼロになったという確証はないため、注意することは必要です。
自分の身を守るためにプロダクション選びは慎重に行い、自分の意にそぐわない契約や仕事をさせられないように行動しましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする