一昔のAV女優は病む事が多いと言われたけど今はどうなの?

昔はAV女優と言えば闇に包まれた存在であり、貧困により生活できなくなった女性の最終手段というイメージがありました。
今ほどシステムも整っていなかったので過酷な仕事の割に稼ぐことができず、生活は苦しいまま世間からも白い目で見られたAV女優は心も身体も病んでしまうことが多くありました。

最近は何不自由なく暮らしている女性であっても、自らAV女優や風俗嬢に志願する人が増えてきました。
AV女優も一般の芸能人のようにメディアに露出する機会が増え、堂々とAV女優である事を告白する人が多い時代になったのです。
今のAV女優は病む事も少なそうに感じますが、実際のところはどうなのでしょうか。

おすすめの風俗求人サイト

イチオシはQプリです!
Qプリ保証を使って体験入店すれば祝い金(1万円)・面接交通費(2千円)が確実にもらえる!

無料で簡単に登録ができて、プロフィールに働きたい条件を設定すればお店の方から勝手にオファーが届きます。
ちなみQプリはスカウト型高収入求人サイトでは、ナンバー1です!

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

昔のAV女優は過酷だった?

カメラ 撮影現代はAV女優も普通にTVや雑誌に出演しますが、一昔前のAV女優は日陰の存在であり堂々と宣言できる職業ではありませんでした。
AV女優や風俗嬢は卑しい職業という認識があったので、家族から縁を切られたり友達がいなくなったり近所から嫌がらせを受けたりと悲しい思いをすることが多かったのです。
また、今ほどAV業界のシステムが整っていなかったので性病検査やコンドームの着用も義務付けられていませんでした。
中だしされて妊娠してしまったAV女優は子供を産み、ますます貧困に拍車を掛けることになりました。

性病も蔓延していたので風俗店で働く女性のほとんどが何らかの病気を患っていました。
世間からも身内からも非難されて肩身の狭い思いをして生きていた当時のAV女優は病むことが非常に多くありましたが、精神的な病気についても現代に比べると理解が乏しかったのでストレスを抱えたまま生活を続ける他ありませんでした。
年配の人がAV女優に不幸なイメージを持つのは、昔のAV女優に病む人が多かったからだと考えられます。
インターネットも普及していないのでアダルトビデオはビデオショップのみで販売され、AV女優の名前は男性の間でしか認知されませんでした。

AV女優は知名度も人気も実感することができないまま、職業差別を受け続けていたのです。
誰もがなりたがらない職業に位置していたAV女優に自ら志願する人は滅多にいませんでした。
そのため今に比べてAV女優の容姿や技術レベルも低かったので、今のようにAV女優が仕事を奪い合うこともありませんでした。

今のAV女優もなかなか辛い

絶望 女性現代はAV女優になりたい女性が多く、アダルトビデオ業界自体は縮小傾向にあるのでAV女優は仕事を探すのが大変です。
昔に比べれば職業差別も少なくAV女優がアイドルのような人気を博するようになりましたが、その分にAV女優の競争は激化しています。
人気AV女優になるためには、容姿・技術・性格のレベルが相当高くなくてはいけません。

そのため、AV女優になっても仕事がなかったりギャラが安かったりと稼げない人が増えてきています。
稼げないAV女優はソープやデリヘルなどの風俗でお金を稼ごうとしますが、風俗嬢のレベルも高くなっているので待機ばかりで稼げない可能性もあるのです。
待機の時間が長くなればなるほど余計な事を考えたり、同じ待機嬢とのネガティブな会話によってメンヘラになる女性も多いです。
AV女優も風俗嬢も裸になって自分の女としての武器だけで戦おうとしているので、仕事がなく稼げないと自分という女性そのものを全否定されているように感じます。

プライドが傷つけられていくうちに最初はNGにしていたプレイも無理して頑張るようになり、自分の気持ちを無視して働いて行くうちに心を病んでしまいます。
心を病んでしまったAV女優はますます仕事を取れなくなり、仕事を貰えるプロダクションを探して転々とするうちに業界から干されてしまうこともあります。
昔は志望する女性が少なかったのでAV女優は貴重な存在で多少問題があっても仕事が振られましたが、今はAV女優が溢れているので厄介な女性はいち早く切ってしまうのです。
また、AV女優の容姿レベルが上がったことからプチ整形をする女性が増え、プロダクション側からも美容整形やダイエットを勧められるようになりました。

過度なダイエットや自分の気持ちを無視した美容整形もAV女優が病んでしまう原因の一つです。
例え容姿レベルを上げても仕事が思うほど増えないことも多いので、AV女優の焦りはますます大きくなってしまうのです。
昔ほど偏見がなくなったとはいえ、やはりAV女優は堂々と宣言できる職業とは言いにくいものです。
両親に告白しにくかったり、AV女優であった過去を知った途端に婚約を破棄されたりと悔しい思いをすることは多くあります。

アダルト動画はインターネットにも掲載されるようになり、顔も知らない人から自分の顔や身体を誹謗中傷されることでAV女優の心の傷はさらに大きなものとなります。

病まずにAV女優を続けるために

女性 カメラAV女優になる前にある程度の覚悟を決めている人が大半ですが、実際に仕事をやってみて初めて実感する辛さは必ずあります。

ある程度の忍耐力は必要ですが辛いと感じた時にプロダクションのスタッフなどに相談してみることも大切です。
AV女優の数が多いと言っても所属している女優はプロダクションの大事な商品なので、悩んでいれば仕事量を増やすための対策を一緒に考えてくれたり、待遇改善を検討してくれる可能性もあるのです。
また、競争に勝つためにストイックになり過ぎるとAV女優の仕事が嫌になってしまうので気を抜くことも大切です。
AV女優で人気が出なければ他の仕事を考えることだってできるので、気負わずに楽しんで仕事をするように心掛けましょう。

休日も風俗店で働いたりエクササイズに励んだりする人もいますが、仕事の事ばかりを考えていると息が詰まってしまうので休日に十分な休息を取ることも重要です。
ストレス発散の方法は人によって異なりますが、自分に合ったリフレッシュ方法を見つけて実践すると心を病みにくいです。
思う存分ショッピングを楽しんだり旅行に出かけたりすることで気分転換できる人もいますし、余計な事を考えずに自分の好きなようにセックスやオナニーを楽しむのもオススメです。
魅せ方やカメラを意識してばかりいると本来のセックスの楽しみが分からなくなってしまいますが、たまに自分の好きな人と気持ちいいセックスをすると演技も活き活きしますよ。

まとめ

昔、AV女優という職業は女性にとって恥ずべきものだったので、AV女優たちは家族から縁を切られたり蔑まれたりと悲しい思いをする機会が多くありました。
今ほど性病の検査や避妊も徹底されていなかったので、仕事のせいで人生まで大きく左右され病んでしまうAV女優がたくさんいました。

現代ではAV女優に憧れる女性も多く、一般の芸能人のように人気者になる人も増えてきました。
しかし、アダルトビデオ業界自体は縮小しているのでAV女優の数に比べて仕事量が少なく、AV女優たちの競争率が非常に高くなっています。
昔と比べイメージが変わったAV女優ですが、まだまだ堂々と告白できる職業でもありません。
競争率の激化と職業差別により現代のAV女優にも病んでしまう人は多いのです。

悩みがあればプロダクションのスタッフに小さなことでも相談し、一緒に解決策を考えてもらうことで病みにくくなります。
また、ストイックになり過ぎずに自分にとって効果的なリフレッシュ方法を見つけることも重要です。
セックスの楽しみが分からなくなってしまうとAV女優という仕事自体が嫌になるので、たまには仕事を抜きにして自分の好きな相手と思う存分セックスを楽しむのもオススメです。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする