風俗嬢が性病に感染しない為の対策や予防法はありますか?

風俗の仕事をする女性の誰もが等しく性病に感染するリスクがあります。
一度この病気に感染すると様々な症状が出るだけでなく、お店も休むことになるため、お金が稼げなくなります。
しかし、性病の多くは治すことができます。
定期的に性病検査をし、早期に発見、治療をすればすぐに元の生活に戻れるでしょう。

風俗嬢が性病に感染した場合

風俗嬢が性病に感染しない為の対策や予防法はありますか?女性が風俗の求人に応募し、いざ入店する際に、提出する書類があります。
それは性病検査表です。
お店によっては入店した時のみならず、定期的に性病検査をし、検査表を提出させることもあります。
古来より、風俗嬢と性病は切っても切れない関係にありました。
特に医療技術が発達していない過去の時代、一度性病に感染すると完治は難しく、そのまま死に至ることが多くありました。

ただし、現代は医療技術が発達しているため、性病はそれほど怖い病気ではありません。
何よりも抗生物質が存在する現代、たとえ風俗の仕事を通じて細菌に感染しても、早期に発見すればそれだけ完治も容易になります。
風俗店の中には定期的な性病検査を実施し、常に風俗嬢の健康状態をチェックするお店もあります。
そのようなしっかり性病対策をしているお店に勤務すれば、いざという時でも安心です。

では、もしも検査をして性感染症であることが発覚した場合、風俗嬢はどうなるのでしょう?
こればかりは流石にお店側にはどうしようもない問題です。
まずは病院に行き、検査を受け、治療することになります。
性病に感染している期間は、どれほど人気の風俗嬢であったとしても出勤は禁止になります。
なにしろ性病はお客さんに感染する恐れのある病気です。
もしも風俗嬢を通じてお客さんが感染してしまった場合、被害は甚大になります。
そうなる前に風俗嬢の出勤を禁止し、さらには他にお感染者がいないか一斉に性病検査をすることになりますので、お店側も一時的に閉店することになるでしょう。

性病に感染した場合、どんな女性も出勤は禁じられるため、大抵の場合、感染が分かったのと同時に辞めることが多いです。
こればかりはお店側も引き留めることができないので、性病の感染は風俗嬢が仕事を辞める一つのキッカケとなります。
では仕事を辞め、性病の治療を始め、完治をした場合、風俗嬢として復帰できるのでしょうか?基本的に完治さえしていれば出勤を禁じる理由はありませんので、復帰できる確率は高いです。

ただし、いくら風俗嬢ならば誰でも性病に感染するリスクがあるからといって、本当に感染するとなると、もしかしたら風俗店側に何か問題があるのかもしれません。
例えば衛生管理があまり出来ていない店であったり、不衛生な男性がよく来るお店であったりなど、考えられる原因は様々です。
確かに風俗店はお金さえあれば誰でも利用できます。
しかし、高級店によってはドレスコードがあるなど、明らかに不衛生なお客さんや性病に感染していそうな男性は門前払いをすることもあります。

性病に感染したということは、お店側の衛生管理が出来ていない可能性もあります。
そのため、復帰をするのであれば、もっと管理の行き届いたお店に変えた方が良いかもしれません。

風俗店の性病検査の実態

注意 マーク風俗店の求人を見ると、どこのお店も性病検査はしっかりやっていると謳っているものです。
しかし、それは本当なのでしょうか?
実は風俗店が行っている性病検査はかなり杜撰なことが多いです。
お店によっては検査の方法がかなりいい加減で、実際にはやっていないこともあります。

ちなみに、他の風俗と違い、ソープランドに関しては性病検査はきっちり行われることが多いです。
というのも、ソープランドの管轄は他の風俗と違って保健所になるからです。
保健所は時々検査日を告知せず、抜き打ちで検査をすることがあります。
この時、もしもいい加減な検査をし、性病が蔓延などしていれば、即刻営業停止を言い渡されます。

ソープは他の風俗と違い、本番があるなど性病が蔓延しやすい環境があります。
それだけに検査はしっかりやっているので、定期的な性病検査を受けたいのであれば、皮肉にもソープランドが一番のオススメになります。

性病の感染ルート

性病とはその名前の通り、性行為をすることで発症する病気のことです。
しかし、性行為といっても素股やフェラ、手コキ、そして本番など色々種類があります。
オナクラに限っていえば、男性に触れることすらありません。
一体性病とはどのようにして男性から女性、もしくは女性から男性に感染するのでしょう?

性病が発症するといっても、その感染ルートは様々です。
どのような方法で感染するのかを知っておけば、予防にもなりますし、対策もしやすいでしょう。
性病の感染経路は非常に多いです。
なにしろ性病の原因となる病原菌は日常生活の至るところに存在しており、どこから入ってくるのか予想がつきません。

特に風俗嬢の場合、男性との接触数が多い女性ほど感染するリスクが高まります。
風俗嬢が仕事を通じて感染する経路として、まず口があります。
キスをすることが多い風俗嬢は、それだけ男性の口と接触する回数も多く、性病に感染する確率が高まります。
そのため、たかがキスだと油断せず、しっかりイソジンでうがいをし、口の中を消毒しましょう。

口の中に含まれる唾液以外にも、尿や精液、膣分泌液、肛門、直腸などからも性病は感染する恐れがあります。
ちなみに、エイズは肛門からも感染するため、よほど事情がない限り、アナルセックスは避けた方が無難でしょう。
性病は女性と男性が接触をすることで発症する場合もあれば、それ以外の接触で発症することもあります。

例えば使用済みのバイブやローターなどには女性や男性の体液が付着しており、その分泌液の中には病原菌が残っていることがあります。
もしもこのまま使用してしまうと性病に感染する恐れがありますので、使用済みのアダルトグッズはしっかり消毒しましょう。

性病の対策と予防法

性病はいつ、どこで発症するかわからないものです。
そのため、日々の予防と対策が必要不可欠になります。
ただし、いくら予防をした方が良いといっても、風俗店の中にまともに性病検査をしてくれないお店もあります。
そのため、お店には頼らず、自分で定期的に性病検査をしておきましょう。

風俗嬢は病院や保健所に通うことで性病検査が受けられます。
ただし、保健所は無料で受けられる一方で、なかなか予約が取り辛く、検査結果が出るのも遅いなどのデメリットがあります。
その点、病院は予約をすればすぐに受けられるのですが、風俗嬢も普段はなかなか忙しく、病院に行けないこともあるでしょう。
検査そんな忙しい風俗嬢にオススメなのが検査キットです。
検査キットは保健所と違って有料のサービスになりますが、自宅でサンプルを採取し、郵送するだけで検査できるので、忙しい人でも自宅で行えます。

さらに、匿名で検査できるので、お医者さんに風俗嬢であることがバレる心配もありません。
ネットやスマホで申し込めばすぐに検査が受けられます。
検査キットを使うことで空き時間を利用して定期的に検査を受けることができます。
しかし、出来る事なら性病には罹らない方が良いでしょう。
風俗嬢が性病に感染しないようにするためには、日々の対策が必要不可欠です。
まず、お客さんと接客をする際に、その人の体調を確認しましょう。

性病に感染すると免疫力が落ち、体調不良になります。
明らかに調子が悪そうな男性の場合、こちらからサービスの中止を申し出て、病院に行ってもらうか、場合によっては救急車を呼ぶと良いでしょう。
流石に救急車を呼ばれるような事態になればお客さんも強引にサービスをしろとは言えませんので、プレイを中断しやすくなります。

特に、男性の性器部分に腫れやしこり、さらには出血など、明らかな異常が見られる場合は、かなり危険であるため、即刻サービスは中断した方が良いです。
ただし、性病の中には潜伏期間の長い病気もあります。
こういった病気の場合、傍から見る分には症状が出ていないため、性感染症に罹っているかどうか判断し辛いです。

そのため、たとえ健常者そうに見える相手でも油断せず、イソジンをしっかり使用し、プレイの前にはしっかり性器を洗うなど、予防に努めましょう。
特にコンドームの使用は重要です。
風俗嬢の中には性病への感染を防ぐため、たとえ素股であろうともコンドームを着用させることがあります。
ちなみに、コンドームの中にはフェラ用のゴムがあり、それを使用することで安心してフェラが出来ます。

風俗嬢の中にはピルを服用する女性もいますが、ピルは避妊対策であり、性病対策には効果を発揮しません。
ピルがあるから安心だと思うのは危険です。
性病は身体が弱っている時に感染しやすいです。
疲れている時は仕事を休み、普段からビタミンやミネラルの多い食事を心がけるなど、身体は出来るだけ労わりましょう。

風俗嬢がかかりやすい性感染症

風俗嬢が感染する性感染症として有名な病気として、まずクラミジアがあります。
クラミジアに感染すると、オリモノが増える、エッチの際に痛みが出る、腹痛、不正出血などの症状が出ます。
ただし、女性の中には潜伏期間中で症状が出ないこともあります。
特に咽頭クラミジアは見た目の変化がほとんどない病気であり、診察しても見つからないことがあります。

クラミジアを発見する一番の方法は性病検査になりますので、定期的に検査し、常にクラミジアに罹ってないかチェックしましょう。
それが症状の出にくいクラミジアの確実な発見方法になります。
薬もしもクラミジアに感染した場合、抗生物質を使用して治療することになります。
ジスロマックと呼ばれる抗生物質がクラミジアの特効薬となりますので、感染していることがわかったら早期に抗生物質による治療を始めましょう。
早ければ1週間から2週間で完治できます。

風俗嬢がクラミジアに感染すると、同時に淋病も併発することがあるので注意が必要です。
クラミジア同様に、淋病も風俗嬢が発症しやすい性感染症の一つです。
その症状はクラミジアと類似しており、腹痛や不正出血、排尿時に痛みが出るなどがあります。

そして潜伏期間が長く、症状に気づきにくい点もクラミジアに似ています。
淋病も抗生物質で治療することが可能なのですが、最近は抗生物質が効きにくい新種の淋病が発生しており、非常に危険です。
この新種の淋病に感染するケースとして、香港や中国の外国人との性交渉があります。
これらの国は日本と違い、抗生物質が濫用される傾向があり、度重なる抗生物質の使用によって新種の淋病は耐性を持つようになりました。

中国系の外国人はそんな抗生物質への耐性がある新種の淋病に感染していることが多いので、本番をして欲しいとお願いされても断りましょう。

性感染症には治癒できる病気もあれば出来ない病気もあります。
万が一のことになったら手遅れになりますので、お店だけでなく、自分でもしっかり予防と対策を練りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする