デブ専門風俗店に来るお客さんで本番を強要してくる人は多い?

デブ専門風俗店では、お客さんが本番を強要してくることが多いです。
デブ専門風俗店は、標準体型の女の子ばかりの風俗店に比べて客単価が低いのです。
その為、デブ専のお客さんが「追加の料金を出して本番強要をすればエッチが出来る」と勘違いをしていることが多々あります。

なかには、風俗嬢の方から通常サービスに加えてプレイ中に本番行為の誘いを持ちかけることもあります。
ですが、お店で禁止されている本番行為をすることで、様々なトラブルに発展しかねませんので、本番をするのだけは絶対にやめましょう。

何故、デブ専門風俗店に来るお客さんは本番強要をすることが多いの?

太 女性冒頭で記載したとおり、デブな風俗嬢の客単価は、標準体型の風俗嬢の客単価に比べて非常に安いのです。

当然ながら、お客さんもその事を知っています。
その為、追加料金を渡して本番強要をすれば女の子は本番をさせてくれると勘違いしているのです。
女の子からすれば、お店に決められたバック以外にも本番サービスをすることによって稼ぎが増えますので、嬉しいことでもあります。
マナーをわきまえたお客さんや風俗嬢であれば、こういった本番強要には応じません。

しかし、生活難に苦しんでいる風俗嬢や、借金を抱えている風俗嬢の場合は別です。
お客さんから本番強要の誘いを受けると、容易に応じてしまうのです。
あるいは、自らお客さんに本番をさせる代わりに追加料金を払わせるような女の子もいます。
こうした事から、デブ専門風俗店で本番強要をしてくるお客さんが増えてきてしまっているのです。

本番強要に応じると、いくらもらえる?

本番強要をしてくるお客さんには、いろんな人がいます。
なかには、追加料金を2万円前後払ってでも本番をしたがるお客さんもいれば、追加料金は一切払わず、プレイ料金の中で本番強要をしてくる人もいます。
追加料金を払わずに本番強要をしてくるお客さんは、大抵口がうまく、ケチです。

劣等感の強いデブの風俗嬢を褒めちぎって、良い気分にさせたところへ本番強要をしてくるのです。
「可愛いね」や「キレイだね」などの褒め言葉を連発するお客さんには注意しましょう。
また、「1回エッチさせてくれたら、次もまた来るから」などと言って本番強要をしてくるお客さんにも注意しましょう。
そういう事を言うお客さんに本番を許すと、次は2度と来ません。

本番強要に応じるメリット

本番強要をしてくるお客さんに応じるメリットとしては、単純に稼ぎが増えるということぐらいです。
但し、その稼ぎは単なる「はした金」や「その日暮らしの金」として使い果たすことが多いと覚悟した方がよいでしょう。
もしも、本番行為をしていることが在籍している風俗店にバレた場合、間違いなくクビになります。

そうなれば、風俗店同士の繋がりはとても深いので、あらゆるお店に「あの子は、本番をした」という噂が広がります。
その状態になってから、仮に他の風俗店で面接を受けたとしても、不採用になる可能性の方が高いでしょう。
先々の生活資金などを考えるのであれば、本番強要に応じることは、おすすめ出来ません。

本番強要をするデメリット

本番強要をするデメリットとしては、あらゆるトラブルが発生するからということに他なりません。
先述したように、在籍しているお店をクビになるほか、他の風俗店で改めて働くことも非常に難しくなります。
また、風俗店の設立資金源などにヤクザが絡んでいる場合も少なくありません。
裏にヤクザがついているようなお店で本番行為が発覚した場合、最悪、命の危険をも伴うのです。

ヤクザから厳重な注意を受けたり、本番行為で貰ったお金を没収させたりと、自分の力では到底対処出来ないようなトラブルが起こる可能性が十分にあります。
こうしたデメリットをふまえて、本番強要には絶対に応じるべきではないでしょう。

実際にあった、店バレした本番強要行為(事後談)

吹き出しこれは、どちらかというと、風俗嬢よりも本番強要したお客さんへの罪が問われた体験談です。

あるデブ専門風俗店のデリヘル嬢が、本番強要をしつこく迫って来たお客さんを断り切れず、本番行為に及んでしまいました。
その後、通常通り、お店に戻り、その事をお店側に女の子が報告したのです。
すると、お店側は憤慨し、ただちにお客さんは罪に問われました。
その風俗嬢が在籍していたお店には、「本番禁止」という内容が規約に添えられていたのです。

お客さんは、安易に本番強要をしてしまいましたが、お店にはお客さんの身分証のコピーもありました。
そして、下った罪は、「強姦罪」だったのです。
強姦罪は、性犯罪の中でも最も重い罪です。
処罰内容も厳しく、懲役3年以上から20年以下の有期懲役を受けることになります。

他にも、「暴行罪」という罪に問われる可能性もあります。
暴行罪は、懲役2年以下もしくは30万円以下の罰金に処せられます。
いずれにしても、本番強要をしたことがお店にバレた場合、お客さんは厳重な処罰を課せられることがわかりますね。

本番強要が店バレした場合、当事者の風俗嬢はどうなる?

本番強要が禁止されているお店で本番をしていることがバレた場合、基本的にその風俗嬢はクビになります。
悪質な風俗店の場合は、法外な罰金を請求してくるところもあります。
しかし、それは法的な観点からみても払う必要はありません。
何故なら、法律とは、国が課すものであり、いち風俗店が法律を課す権限はないからです。

それにしても、本番行為は絶対にやめておきましょう。
例えば、店外で店で知り合ったデブ専の太客を裏引きして、本番をする等もよくありません。
万が一のトラブルは、何も店内だけではありません。
風俗店の介入がない店外でだって、十分にトラブルが起こる可能性は高いのです。

また、店外で本番行為に及び、「中出しをされた」などと風俗店に泣きついても、それは自己責任として処理されてしまいます。
風俗店側からしてみれば、「規則を破ったあなたが悪いのでしょう?」という言い分になるのも当然と言えば当然なのです。
ですから、妊娠トラブルや暴力沙汰などに繋がらないようにする為にも、稼げないからといって本番をするのは絶対にやめましょう。

本番強要をされた場合の上手な断り方

お客さんからしつこく本番強要をされた際には、はっきりと「お店に言いますよ!」と告げてしまいましょう。
大抵は、そこで引き下がります。
それでもしつこく迫ってきたり、逆情してキレてきたりするようであれば、即刻お店に報告しましょう。

禁止 マークそういった類のお客さんは、まず出入り禁止の処置がとられます。
もしも、1度や2度で本番強要をあきらめるようなお客さんなのであれば、次回の指名に繋がる可能性がありますので、丁重にやんわりとお断りしてみましょう。
男性とは、裸の女性を前にして、性的な興奮を覚える生き物です。
1度の本番強要から、つっけんどんな断り方をすると、思わぬいざこざが生まれてしまう可能性があります。

断り上手や交わし上手になることで、本番強要によるトラブルを未然に防ぐことが出来るのではないかと思います。

まとめ

このように、デブ専門風俗店に来るお客さんで本番を強要してくる人は多いのです。
その理由は上述したとおり、様々です。

しかし、本番強要があった際には、絶対に誘いに乗ってはいけません。
何より、風俗店のほとんどで本番強要は禁止されていますし、仮に応じたとて、自分にとって良いことはほとんどありません。
目先のお金に囚われて本番強要に応じた場合、在籍している店をクビになったり、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性も大いにあるのですよ。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする