手取りが高い若妻専門はあるけど多くの人妻風俗は安い

人妻風俗店は、バック率が低くて、給料の手取りも低い印象があります。
若妻専門店では手取りの高い店もあるようですが、そうではない店も多く、人妻店で働くには店選びが大切です。
人妻が風俗店で稼ぐために必要なことと店選びのコツを紹介します。

高給店は少ない人妻風俗店ですが、稼げる風俗嬢になることは可能です。

若妻専門は手取りの高い人妻風俗店

人妻風俗店は、給料の手取りが安くて稼ぎにくいイメージですが、若妻専門店に限っていえば、高いバックや給料保証などで高給を稼ぐことも可能となります。
若妻専門で働くための条件や若妻専門の良さなどを紹介します。

人妻店は全体的に人気が高くなっていますが、若妻に限定された店であれば高給店と変わらないくらいの稼ぎやすさが期待できそうです。

若妻専門は見た目年齢と容姿が大切

女性若妻専門をうたった風俗店は、人妻でありながらも若くて美しい女性とのプレイを期待されています。
男性客は人妻の魅力と若くてキレイな肌を両方とも手に入れることができるので、人気となっています。

人妻店自体もニーズが増えてきており、しっとりとしたムードや熟練のセックステクニックなどを求める男性が集まっていますが、やはり若い女性とのプレイは魅力なようです。
若妻専門店で働く場合には、少なくとも見た目は若く、ある程度スペックの高い女性であることが必要となります。
熟女っぽい雰囲気よりも若くて初々しい素人っぽいイメージの方が受けます。

若妻専門の店は高級店寄り

人妻風俗店は、人気は高いもののどちらかといえば薄利多売系の激安店が多くなります。
安い店ならではの客層の悪さや客のマナーの悪さがあります。
また、お給料も客単価が低いため、バックが安くなり、思うような高給は稼げなくなってしまいます。
ところが若妻店では人妻と若い女性の良さをいい所取りできるため、比較的安売りはしていません。

そのため、客層も比較的良く、品良く遊んでもらえます。
また、料金も安くないため、バックでお給料を稼ぎやすくなります。
若妻はひとつの女性のブランド価値であり、それだけで男性から求められるのです。

若妻専門はロングコースも多い

若妻専門に来店するお客さんは比較的余裕のある人やゆっくりとプレイを楽しみたい人が多くなります。
そのため、ロングコースが出やすく、じっくりと稼ぐことが可能です。
短時間のコースをバタバタと渡り歩くのも数をこなして稼げますが、ロングコースであれば移動もなく1対1の安心した関係で稼ぐことができます。
ロングになればオプションを楽しむ余裕も増えて、さらにバックを稼ぎやすくなります。

人妻風俗店と若妻専門の違いは?

一般の人妻風俗店と若妻専門の店との違いを見ていきましょう。
人妻風俗店で見られる一般的な傾向が若妻専門の店では見られないなど、働きやすさに違いがあるようです。
また、お給料のシステムにも差を感じることもあります。

人妻風俗店と若妻専門店の給料の違い

女性人妻風俗店は一般に年齢が高いことで料金設定が低めになり、お給料のバックも低くなりがちです。
しかし、若妻店では若さも人妻という魅力も得られることで料金設定が高くなり、バックも高めです。
一般の人妻店ではオプションがフリーで利用できるようになっていたり、割引キャンペーンなどが多く、思うように収入を増やせないこともあります。

また、給料保証も確実ではないことが多くなります。

人妻風俗店と若妻専門店の採用条件の違い

一般の人妻風俗店では、比較的幅広い年齢層の女性が働いています。
若妻店では30代までなど条件が厳しくなります。

一般の人妻風俗店の年齢層は30代から40代が多くなり、若い場合には20代女性も在籍していますが、ニッチ層を狙って50代の女性でも働いていることがあります。
年齢を気にして人妻店を選ぶなら、普通の人妻店の方が働きやすくなります。

人妻風俗店と若妻専門店のサービス内容の違い

一般の人妻風俗店では、比較的ハードプレイや過剰サービスのお店が多くなります。

男性客も人妻であれば若い女性よりもわがままが言いやすいと思っており、人妻ならではの濃厚なプレイを求めます。
若妻店でもそういった濃厚なプレイはありますが、高級店に近い客層となっているため、男性客の要求も比較的上品で無理なことはしません。
よく言われている人妻店での本番強要なども若妻店では少なめです。

人妻風俗店と若妻専門店の必要経費の違い

多くの風俗店では、お給料から雑費と呼ばれる経費が引かれることになっています。
風俗嬢は、客とのプレイで使うものや風俗嬢の体のケアなどに必要なものを店から購入して利用しているという扱いになっており、会社の事務用品のように会社持ちにはならないのが普通です。
人妻店でも雑費は取られることが多くなりますが、一部のセレブっぽい若妻店では雑費は全て店持ちで利用できるようになっていることもあります。
また、勤務時のメイクやヘアメイク、パネル写真の撮影なども無料でやってもらえる店もあるようです。

こうしたサービスは普通の人妻店ではあまりなく、雑費は自分持ちとなり、給料から差し引かれて手取りが安くなってしまいます。

自信があれば若妻店へ、自信がなければ人妻店へ

年齢や容姿などの条件が厳しい若妻専門店ですが、稼げる自信があるなら若妻専門店の面接を受けてみると良いでしょう。
コンセプトが合えば、多少の年齢の差は考慮してもらえますし、見た目が重要です。

若妻専門店は手取りはもちろんですが、働きやすさもあるため、出勤が辛くなくなるかも知れません。

若妻店の面接では女性らしさと清楚感を

若妻専門店での男性客の需要は、ずばり清楚で女性らしく上品な女性です。
一般的な人妻店のように影のある女性や色っぽさは、それほど必要ありません。

どちらかというと高級感のある人妻とエッチをしてみたい男性やゆとりを持って上品な女性に相手をしてもらいたい男性が多いため、若妻店では清楚で女性らしさが必要なのです。
化粧は薄めで服装はスカートを中心にします。
ヘアスタイルも品良くまとめて清潔感を出しましょう。

若くてもあえて普通の人妻店へ

普通の人妻店でも独身女性や若い女性は在籍しています。
お店もさまざまなニーズに答えられる方が良いので、在籍女性のタイプも幅広くする傾向があります。
若くて容姿に自信がある人が、あえて普通の人妻店に行くメリットは、ナンバーに入りやすいことです。
さまざまな年齢層の中で、自分が一番若くて美しければ、店の中で人気も出やすくなります。

店は人気嬢を大切にするため、バック率や良い客を回してもらえる確率が高くなり、稼ぎやすくなりそうです。
店のランクを落として自分が輝ける場所を選ぶのも風俗で稼ぐポイントです。

普通の人妻店の方が安くても福利厚生があるかも

Ok普通の人妻店は、バック率が低かったりオプションで稼ぎにくいなどのデメリットはありますが、その分子育て女性やシングルマザーに優しいサービスが多いこともあります。

シフトの配慮や急な欠勤の罰金がない店、保育所完備など、小さい子供を持って働く場合でも安心して稼げる環境が整った店なら、給料が安くても生活が安定しそうです。

まとめ

人妻店の中でも若妻専門の店は給料のバックも良く、稼ぎやすそうです。
高級店と同じような客層を持っていて、働く環境も良いでしょう。

しかし、若妻専門で働くには条件も厳しくなりますし、普通の人妻店にもメリットはあります。
どちらが自分に向いているかを考えて、稼ぎやすい環境で働きましょう。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする