人妻店のバック率は平均的に低い!客入りと回転率が重要!

人妻風俗店は、平均的にバック率が低くて給料が稼ぎにくいといわれています。
そのため、上手に稼ぐ工夫をしないと出稼ぎに日給が負けてしまうこともあります。
バック率の低い人妻店で効率よく稼ぐためには、お店選びが大切です。

日給の保証や高バック率の店を探すだけでなく、客入りや客単価も予想して選んでみましょう。

人妻店のバック率は本当に低いの?

人妻店のバック率は平均的に低い!客入りと回転率が重要!人妻風俗店は、ヘルスにせよソープにせよ、どちらかというとバック率が平均的に低いといわれています。
それは、客単価やオプションの出具合などによるようです。

風俗店の平均バック率は50~70パーセント

風俗店全体のバック率の平均としては、大体50~70パーセントとなっています。
50パーセントの場合には、店と女の子が折半となり、70パーセントのところでは店が30パーセントを取って残りが女の子の取り分です。
バック率が40パーセントを切るような店はバック率が低いと考えて良いでしょう。

風俗店では女の子が主役ですし、稼ぎ頭となるのですから、ある程度の高バックは必要です。

バック率は教えてもらえないことが多い

人妻店に限らず、多くの風俗店ではバック率を求人に出していません。
これは「低くて隠しておきたい」という意味だけでなく「女の子の質によって変わるから出せない」こともあります。

どちらのケースもあるため一概には言えませんが、この場合にはバック金額を店の男性用ホームページにあるサービス料金を見て予測してみましょう。

男性の支払う金額が少なければバックは少ない

質問当然のことですが、風俗店では男性の支払いが女の子のお給料に反映するため、安い店は安いバックしかもらえません。
風俗店では日給保証は別として、お給料は店にいた時間ではなく客についた時間で決まります。

また、オプションなどでプラスアルファもあります。
人妻風俗店では客単価が低いことが多く、基本的に濃厚サービスのためオプションが出ないこともあります。
そのため、全体的にバックを稼ぎにくいと感じることもあるようです。
また、客層の悪い店ではオプションバックを支払わずにサービスを受けようとしたり、本番を強要するような客もいるため注意が必要となります。

人妻風俗店ならこんな店を選ぼう

人妻風俗店では、稼ぎにくさと客層の悪さを避けて働くことが必要です。
基本的に平均してバック率が低いため、それ以上に客の本数をこなせる条件のある店を探したいものです。
また、客層の悪い店では客とのトラブル対応や接客のしにくさに追われて、精神的に働くのがつらくなります。

客入りがよく回転率が良い店

バック率や客単価がそもそも低く、それに応じてバック金額も低くなるような店では、客入りと回転率が勝負となります。
いわゆる「薄利多売」ですが、客入りが良くて回転率が良い場合には高バック率の店よりも稼げる可能性もあるものです。
電話が鳴りやすいように企業努力をしていたり、低料金で店の敷居を低くしたことによるバック率や客単価の低さであれば、納得できますし、高バックで電話の鳴らない店よりは稼げます。

罰金やノルマのない店

バック率が高くても客入りがよくても、罰金やノルマのある店だと給料から引かれる金額も多くなります。
遅刻や欠勤の罰金やノルマ罰金などは家庭を持っていて自由に出勤できない人妻や忙しい学生などには大きなかせです。
急な子供の病気や緊急の用事などが入った時に罰金を支払わなければいけません。

ノルマも繁忙の時間帯に入れない人には守るのが難しくなります。
また、雑費も働く中でとられるお金であり、罰金のように悪いものではありませんが、意外とお給料に響きます。
雑費の内容としては客とのプレイで使用する雑貨類や女の子のケア用品などとなります。
これらの費用は雑費として給料の何割か、もしくは接客人数によって引かれたりします。

雑費が高くない店、取り方が悪質でない店などを選ぶことで細かい出費を抑えることができます。

客層の良い店、単価の高い店

回転率の良い店は稼ぎやすくなりますが、客単価が低いことが多かったり、それに伴って客層が悪くなる可能性もあります。
客入りの良さとともに、客層も良い店を選ぶことが人妻店では必要です。

人妻風俗店は本番強要や過剰サービスの要求などが多い傾向となり、客層の悪い店は非常に働きにくくなります。
そのため、ある程度は単価が高くて「誰でも入れる」のではない店を選んだ方が安心かも知れません。
単価の高い店なら多少バック率が低くても稼ぎやすくなります。
もちろん、ハードプレイもできて本強を避ける手段もカンペキと言う人はどんな店でも問題ありません。

バック率の安い人妻店では面接を慎重に

人妻風俗店のバック率は求人広告には掲載されていないことも多いものです。
面接に行かないと分からないことが多く、面接時にはいろいろと確認を取ったり交渉したりとやることが多くなります。
面接では緊張したり、聞きたいことを聞けない人もいるでしょうが、これから快適に働いて上手に稼ぐためには必須です。

バック率は柔軟に決まる

風俗店のバック率はその女の子の質によって柔軟に決められることがあります。
是非入店してもらいたい女の子には高いお給料を支払うというのは当然のことです。
バック率の交渉を自分で言い出すのは難しいかも知れませんが、面接時には求人の内容を確認する意味で自分のバック率がいくらかをはっきりと聞いておきましょう。

もしも気に入らないバックであったら、他の店を検討すれば良いだけです。
もしかしたら店のコンセプトに自分が合っていないだけかも知れません。

自分の良さをアピール

バック率を上げてもらうためには、自分の良さをアピールすることが大切です。

容姿は変えられませんが、オシャレをして清潔感のある服装を選ぶなどできることはいろいろあります。
また、指名客を前店から引っ張れるのであれば、強みとなります。

バック率とバック金額を比較

天秤バック率が高い店は良店と思いがちですが、バック率が高くても客単価が少なかったり、オプションで稼ぎにくかったりとトータルの日給や月給が安くなることはあります。

そのため、バック率の高さだけでなく実際に稼げる金額も考えて店を選びたいものです。
実際の金額を予想するには店の男性用ホームページを検索します。
男性の基本料金やオプション料金を調べて、店ごとのバック料金の違いを比較してみましょう。
例えば60分1万円と60分2万円ではなんとなく2万円の方が高額バックが予想されますが、前者のバック率が高バックの70パーセントで後者が低バックで40パーセントを切る場合、バック金額はほぼ変わらなくなります。

それでいて客単価の高い店で回転率が悪くなったら、低バック率の店の方が客の本数で稼げるようになってしまうのです。
もちろん、低バック率の店はモチベーションも上がりませんし、店側の搾取を感じます。
しかし、低バックでも全てが悪いわけではないのです。
面接でバック率を聞いたら、自分でバック金額を計算してみて、店の客入りなどからいくら稼げるかを考えてみましょう。

まとめ

人妻店ではバック率が低いといわれていますが、客入りや回転数を見たり自分でバック率を上げられるような工夫をすれば稼げるようになります。
バック率の高い店は一見、稼げるイメージがありますが、低バック率の店でも高バック率の店よりも稼ぎやすくなることはあるものです。
ただし、あまりにもバック率の低くて企業努力もないような店は女の子を大切にしてくれなかったり稼ぎにくくなることもあるため注意が必要です。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする