人妻でもバンス(前借)は風俗店の信頼と条件しだいで10万円も可能

人妻でも前借りができる風俗店で働くことが必要となることはあります。
多くの風俗店では、業界独自の前借りシステムとして「バンス」というものを取り入れています。
バンス制度を利用することで急な出費やお金が必要となった時の助けになりそうですが、どうすればバンスを利用することができるのでしょうか?

信頼や勤務条件など、バンスを利用するために必要なことを紹介します。
バンスは誰でも使えるものではありませんし、そうカンタンに利用して良いものでもないため、必要性やお店からの提案などを元に慎重に検討しましょう。

まずはバンスの制度と可能金額を紹介!

よく風俗バイトの求人サイトなどで見かける「バンスOK」「即日バンス可能」などの文字。

バンスという制度は、風俗業界特有のシステムであり、他の業界や普通の昼のお仕事先ではなかなか見られないものです。
基本的に風俗業界では「一般的」「みんなやってる」という認識があるようですが、だからといって誰でも利用できるものではなく、実際に利用するとなると難しいこともあります。
まずはバンスというシステムの詳しい内容や条件などについて紹介します。

バンスは前借りという名の借金!

人妻でもバンス(前借)は風俗店の信頼と条件しだいで10万円も可能バンスは、風俗店がそこで働いている女性に対してお給料を前借りさせてあげるというシステムです。
働き出して、店内のスタッフや店長などとも気楽のものが言える仲になると「前借りさせて~」と甘える風俗嬢も多いのですが、そう気楽にお願いして良いものではありません。
まだ働いていない時点で先々稼ぐであろうお金を渡すので、ちょっと油断しそうですが、これは立派な借金です。
もちろん、後でちゃんと返済する必要のあるお金ですし、もしも働いて返せなくなるとかなり困ったことになります。

バンスを認めてもらうには店からも条件が出される

バンスは店と風俗嬢との間の借金ですが、返済だけでなくお店から勤務に関する条件が出されることもあります。
バンスを利用するには、「週○回以上出勤」や「1日○時間以上勤務」などの条件が出されることが多く、返済が終了するまでスケジュールが自由に出来なくなるかも知れません。

契約内容によっては利子や遅延損害金も

風俗店でのバンスは借金なので、利子や遅延損害金を請求されることもあります。
よほどの信頼が得られて、良心的なお店であれば無利息で借りられることもありますが、個人間の借金でも利息を取っても良いという法理とがあるため、請求されても文句は言えません。
ただし、利子を取られる場合には、法律に従って決められたパーセンテージであることを確認する必要があります。
法外な利息の場合には認めてはいけません。

また、何らかの事情で返済が遅れた場合には遅延損害金も発生します。

バンスを利用するならちゃんと書面にして

バンスは口約束だけで利用してはいけません。
あくまでも借金なので、利息や遅延損害金、いつまでにどんな方法で返済するか、など細かく条件を決めて書面で残すことが必要です。

返済方法は基本的には、働いた次のお給料からの天引きとなりますが、毎月いくら返すのかも決める必要があります。
お給料の何パーセント、毎月○万円ずつ、または、○万円を超えた分を返済に充てるなど、返済の仕方、金額を明らかにしておきます。

バンスの上限は10万円~30万円程度

バンスは借金であり、働く条件などを厳しくしても返済の確実性はあまり高くないものです。

そのため、バンスが認められる金額としては最大でも30万円程度となっています。
実績次第で高額のバンスも夢ではありませんが、入店したばかりの風俗嬢では10万円くらいが普通です。

人妻でもバンスを利用できる?

人妻が風俗店で働くには、それなりに切羽詰った事情があることも多いでしょう。

急にまとまったお金が必要となり、すぐにでもお金を手に入れたいということもあるかも知れません。
そんな時にはバンスを利用できたら良いですが、人妻でもバンスを利用できるでしょうか?

入店即日のバンスは厳しい

入店したその日のうちに「バンス可能」という求人情報を出している店もありますが、実際に出来る人は多くありません。

バンスは信用貸しであり、面接や体験入店のみでその女性を信頼するのは難しいものです。
お店側も損をすることはできないため、面接でよほど好印象だったり、お客を持っていたりといった良い条件がないと無理でしょう。

当日のバンスなら身分証明と信頼できる情報の提供を

お金当日にバンスを申し込む場合には、身分証を持っていくのはもちろんとして、別途信頼できそうな情報を店に提供することが必要です。

自宅の場所を確認したり家族を確認したりといった、消費者金融などで行うような信用調査に似たことをしてもらうことで信頼を得ます。

バンスはやっていない店もある

バンスは、一応法律に則った行為ではありません。
違法なのでやっていないという店もあるため、バンスが必要な場合にはあらかじめ電話などで問い合わせてから面接に行く必要があります。

また、バンスをやっている場合でも、自分が借りられるかどうかは電話では明言してもらえません。
まずはバンスをやっている店を探して、面接で信頼を得ることが必要です。

バンスを利用できる人の条件って何?

人妻でもバンスを利用できることはありますが、実際に店に信頼してもらうことが必要です。

バンスを利用しやすい、認められやすい人とはどんな人でしょうか?
バンスできる人の条件を紹介します。

面接までの対応で信頼を得る

バンスできるかどうかは、人妻であろうとなかろうと関係はありませんが、大人の対応ができる人妻女性なら信頼を得ることでチャンスが広がるかも知れません。

電話での応対や面接に出向く際の服装、時間厳守など、出来る限り社会人としてすべきことを守りましょう。
特に面接時間を守ったり挨拶をきちんとするなどの小さなことが大切です。

バンスの必要性を誠実に説明

バンスを利用しなければいけないことがあるならば、それを正直に誠実に店に伝えましょう。

嘘をついたり隠したりすると、店側も信用できなくなってしまいます。
借金がある場合には借用書を見せるなどの情報開示をしましょう。
個人情報を見せることに不安もありますが、店側も信用できない相手にお金を貸すのは不安です。
出来る範囲で誠実に対応しましょう。

勤務態度はしっかりと

即バンスが認められなかった場合でも、また働いている間にバンスが必要になった場合でも、きちんと勤務をしていて評判の良い風俗嬢にはバンスを利用させてくれるかも知れません。
遅刻やドタキャンなどをせず、客からのクレームも少ない嬢であれば、認められやすくなりそうです。

借りられない場合には賃金保証の店を

パスポートバンスが出来ない場合でも、風俗店は大金を稼ぐチャンスがありますし、前借りをするよりも自分で稼いだ方が安心です。
最初から稼げるかどうか分からない人は、賃金の最低保証などを利用してコンスタントに稼ぎましょう。
賃金の保証は金額も条件も店によって違うため、バンスがダメだった場合には賃金保証の条件をきちんと聞いておきましょう。
何店舗か回ってみて、全ての店でバンスを断られたら、賃金保証の充実している店を選ぶのも良いでしょう。

まとめ

風俗店での女性の求人では、バンスという制度について書かれていることがあります。
バイト料の前借りですが、これは借金なので気軽に利用することなく条件をきちんと確認する必要があります。
人妻でも利用はできますが、入店下ばかりの場合には高額の利用は無理です。

条件や信頼次第では10万円程度は可能となるかも知れませんが、そもそもバンスをやっていない店もあります。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする