高齢者風俗嬢は人妻・熟女系風俗店で1日いくら稼げますか?

人妻風俗店や熟女系風俗店では高齢者風俗嬢のいる店が増えています。
シニア世代でもこれから風俗サービスをやってみたいと思う人も多く、その理由もさまざまです。
男性客もさまざまなプレイや接客スタイルを期待してやってくるため、意外と稼げるチャンスがあります。

高齢者風俗嬢の接客と稼げる金額の目安などを紹介します。

高齢者風俗嬢は増えている

高齢者風俗嬢は人妻・熟女系風俗店で1日いくら稼げますか?高齢者風俗嬢の増加は、マスコミでも取り上げられる機会が多くなっており、ネット上にも風俗嬢の高齢化や高齢者の風俗嬢のレポート記事が豊富に見つけられます。
どうやら高齢者風俗嬢は増加傾向にあり、若い女性とは少し違った理由で働き始め、若い女性とは全く違ったモチベーションで働いているようです。

そんな高齢者風俗嬢の実態やどんなふうに働いているかなどの紹介します。

高齢者風俗嬢の年齢層

風俗嬢というと、若くてぴちぴちしたお肌の女性が多いイメージです。
例えばソープランドで働ける年齢は18歳以上となり、未成年からでも風俗入りはできることになっています。

多くの男性は若くて美しい女性とエッチな行為をすることを目的として風俗通いをしていますが、一部には人妻店・熟女店といった年齢層高めの女性とエッチなことができる店があります。
人妻店や熟女店でも年齢の若い女性が働いていることもありますが、基本的に熟女店であれば年齢40代からが当たり前となります。
また、人妻店では若い「人妻」から高齢の「人妻」まで揃えることでバリエーション豊富な年齢層から選択出来るようにしている店もあるようです。
その場合には、20代から50代、60代とおよそ30~40歳程度の年齢差のある女性たちがそろうことになります。

多くはありませんが、70代の風俗嬢もいます。

高級店よりもリーズナブルな店で多い

高齢者風俗嬢が多く集まるのは、基本的に高級店ではなくリーズナブルな価格の店です。
高級ソープなどではやはり、激しい接客内容や長時間のプレイとなり、高齢者風俗嬢では体力が持ちません。

そのため、どちらかといえば、短時間のプレイの店やプレイ内容が多くない、厳しくない店に集まることになります。

自分も楽しむ濃厚プレイ

高齢者風俗嬢の一部には、若い女性たちのように自分の体で高給を稼がなければいけないという悲壮感が感じられない人たちがいます。
シニア世代になると夫がいても性行為の回数は減り(もしくは失われ)女性としての自信が損なわれていたり、見た目に気を使わなくなるものです。

しかし、風俗嬢として働くことで女性としての自信を取り戻し、美しく生き生きと暮らす女性も多いのです。
中には風俗の世界に入ったのも楽しみのためだという人もいます。
目的もモチベーションも若い女性たちとは違うため、プレイにも熱が入りますし、サービスも自然と濃厚になります。
その点が評価を受けて高齢者風俗嬢ファンも増えているようです。

もちろん、子供の学費や生活費のために働く人もいますが、そうした人でも悲壮感は少なく全く違う世界に飛び込むことを楽しむ感があります。

男性の扱い方が上手

高齢者風俗嬢たちは、長年、夫とともに暮らしており、男性の扱い方に慣れている人が多くなります。
褒めたりなぐさめたり、寄り添ってくれたりと若い女性にはない余裕で男性を包み込んでくれます。

特に褒めるのが上手で、若い嬢ではわざとらしくなりがちなセリフもオーバーな表現も自然に男性の気持ちを引き立てます。
また、性的なサービスにおいても人妻として磨いたテクニックを駆使して勃起させたり、射精に導いてくれるのです。

高齢者風俗嬢はいくらくらい稼げるか

高齢者風俗嬢も、若い風俗嬢と同じように風俗店のランクや業態、働く日数などでお給料には差があります。

しかし、リーズナブルな店にもかかわらず意外と稼げるようです。

高齢者風俗嬢のプレイ単価

増加高齢者風俗嬢の多くは、1時間あたり10,000円程度の料金の店で働いており、バック料金の単価もそれほど高いものではありません。
基本的に50パーセントのバックと考えても5,000円であり、高級ソープや若手の人気風俗嬢からすれば安く感じそうです。

しかし、高齢者風俗嬢は仕事を楽しんでやっており、回転数もこなせます。
また、子育てが終わり、親もまだ元気という世代であれば、時間数も稼げます。
5,000円バックだとしても1日に3人こなせばスーパーのパートでは稼げない金額となります。

高齢者風俗嬢の月収目安

高齢者風俗嬢は、単価は安くても楽しみというモチベーションからたくさんの男性客と出会うのも苦になりませんし、時間も自由で稼ぎやすい環境を持っています。
そのため、本数を稼いで高給を取っている嬢もいるのです。
平均月収として30万円~40万円は稼ぐという人もいて、そのお金で第二の人生を謳歌しています。

高齢者風俗嬢にはシニア世代から若い男性客まで

高齢者風俗嬢を求めて来店する人が増えており、自由になるお金が多いシニア世代や親子ほども年齢が離れた若い男性まで幅広い年齢層が利用しています。
シニア世代では男性機能がそれほど活発ではないため、のんびりトークをしてから性的サービスにうつることも多いという良いお客さんです。
若い男性でも母親のようにリードを求めることが多いため、自分でプレイの主導権を握れます。
お客さんの年齢を選ばず、サービス内容も比較的快適に稼げそうなイメージです。

若くて威勢の良い男性は若い女性に行くため、自然に品の良い客層が集まったのかも知れません。

シニア層が風俗嬢になる時の注意

高年齢のシニア層の女性にも風俗嬢になるチャンスはありますが、やはり若い女性に比べると働く場所を選びます。
また、風俗嬢としての難しさもあるため、安易に「楽しそうだから」というだけでは続けられないかも知れません。

高齢になってから風俗を始める時の注意点を紹介します。

募集の年齢層をチェック

当然ですが、若い女性ばかりを集めていて、それをコンセプトとした店では高齢者女性は働けません。
そのため、応募の前に年齢制限や募集に力を入れている年齢層をチェックしておくべきです。

40代であれば比較的多くの熟女店で募集があります。
50代女性も近年人気となりつつあります。
60代以上になると限られた店となり、やや求人を見つけるのが難しくなるでしょう。

ソープよりもヘルスが狙い目

日本 お金濃厚な接客を楽しめるからといって、高齢者風俗嬢がソープで働くには体力が足りません。
120分以上のコースも多く、その間中サービスを続けるといったこともあるソープよりも、短い時間で遊ぶ客もいて、内容も難しくないヘルスサービスがおすすめです。
性感マッサージやメンズエステなどもソフトサービスが基本となりますが、店全体が若い女性の多いイメージなので難しいかも知れません。

面接では見た目年齢を重視

面接では、やはり見た目の美しさは求められます。
少なくとも清潔感は失わず、適度なオシャレをして面接に臨むことが大切です。
求人の中には年齢指定を「見た目年齢でも可」としているものもあります。

ヘルスでの本番も多い高齢者風俗嬢

働き始めてからの問題となりますが、高齢者風俗嬢の中には安易に本番行為を行う人が多くなります。
風俗サービスは体を使うため女性の体力勝負なので、ヘルスプレイでさえ高齢女性では最後まで持たないことがあります。
そのため、本番をして終わらせようとすることが多くなるのです。
また、50代を超えると閉経している人も増えるため、妊娠の恐れもなくなり、本番に抵抗感が減ってしまいます。

しかしヘルスで本番は禁止ですし、性病リスクも高くなるため、他の手段で男性を満足させる方法を探す必要があります。

まとめ

高齢者風俗嬢の人気が高くなっており、40代50代は当たり前、60代やそれ以上の年齢の女性も風俗で働くチャンスを持っています。
高齢者風俗嬢の人気の原因は、男性の心を知り尽くし自分も性行為を楽しむことができる点にあるようです。

高齢女性が輝ける場が増えるのはステキなことですが、実際に働こうという場合には自分に合った店探しやサービス内容に注意も必要となります。

風俗バイトで稼ぐ方法

スカウト型求人サイトがおすすめです!
無料登録すれば、希望条件のお店からスカウトメールが届くよ!

高収入バイトを探すならこちら!

Qプリ

ミミロケ

スカウトメールを待とう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする