人妻風俗嬢です。不正出血が止まらない時の対処法は?旦那バレしない?

人妻風俗嬢の皆さんにとっては旦那バレがリスクとなります。

特に不正出血が止まらないなどの事態で怪しまれることがありそうです。
女性の不正出血には病気が隠れていることもあるため、症状が出たら病院へ行くことが必要となります。
風俗のサービスが原因となることもありますが、できるだけ旦那バレしないように対処していきましょう。

不正出血は風俗嬢に多いの?

人妻風俗嬢です。不正出血が止まらない時の対処法は?旦那バレしない?不正出血にはいろいろな原因がありますが、風俗嬢にはその原因を引き起こしやすい環境や行動が多くなります。
そのため、不正出血に悩む風俗嬢の確率は、一般女性の全体の不正出血の確率よりは高くなりそうです。
特に仕事内容で不正出血を起こしやすくなるため、風俗の仕事を旦那に疑われている人は旦那バレに注意しましょう。
不正出血とは生理とは違うタイミングで起こる女性器からの全ての出血を指します。

風俗嬢では膣壁からの出血が多い

風俗嬢の仕事では、多くの男性客に対して性的なサービスを行います。
ソープでは本番行為を行い、ヘルスでは本番はないまでも指いれやクンニ程度は受け入れる人は多いでしょう。
そのため、当然女性器の周辺や膣に大きな負担がかかり、ダメージを受けやすくなります。

風俗嬢の不正出血としては、そういった刺激によって傷ついた膣や女性器からの出血が多いものです。
多くの客をこなすことで何度も触られたのも原因となりますが、乱暴な手マンやガジマンなど男性の手技の技術不足も原因です。
また、生理中に海綿やタンポンを使いすぎることで、膣壁がもろくなっていることもあります。

ホルモンバランスが崩れた不正出血も

風俗嬢の不正出血としては、ホルモンバランスの崩れによるものも多くなります。
ストレスが多く、昼夜逆転の生活や寝不足が続くなどの生活をしている人は注意が必要です。
特に人妻風俗嬢は旦那バレを防ぐために、家庭を守りつつ働くという忙しい生活をしています。
隠し事もストレスになりますし、忙しい生活で睡眠時間やリラックスタイムをけずることもあるでしょう。

そのため、人妻風俗嬢は特にホルモンバランスが崩れやすい環境といえそうです。

病気が感染していることも

疑問符不正出血の原因として病気が関係していることは多いのですが、特に風俗嬢では感染性の病気が心配です。
もちろん、子宮筋腫や内膜症、子宮がんなどの可能性もありますが、かかりやすいのは「性病」と呼ばれる性感染症となります。

少量の出血だったりおりものに血液が混ざる程度の不正出血もあり、なかなか発見しにくいかも知れませんが、急なオリモノの増加やかゆみ、痛みなどの症状にも気をつけて早期発見すべきです。

不正出血だけでは旦那バレしないけど・・・

風俗嬢には不正出血になりやすい条件や環境がそろいやすくなりますが、不正出血イコール風俗ではありません。
そのため、不正出血があったからと言って旦那バレするとは限りませんが、体の中に何らかの問題が起こっている可能性があるので治療は必要です。

バレてないからといって、放置してはいけません。

人妻風俗嬢が旦那バレしないで不正出血を治すために

人妻風俗嬢が旦那バレしないように適切な対処をするには、何が必要となるでしょうか?
基本は「治療をする」のですが、風俗バレを防ぎながらこっそりと対処したい時には注意したい点もあります。

風俗嬢御用達の病院へ

不正出血があったら当然ですが、病院へ行きましょう。
原因は風俗の仕事かそれ以外か分かりませんが、風俗の仕事に原因がありそうならお店で提携、もしくは紹介してもらった病院へ行くのがおすすめです。
病院や医師には守秘義務があり、病気の内容や風俗の仕事をバラされる心配はないものの、一般の婦人科で風俗のことを伝えるのは気が引けます。

そのため、風俗嬢が多く通っている病院で診てもらった方が気楽です。

全ての性行為を控えて感染予防を

風俗嬢の不正出血には感染症が関係していることが多く、治っていないのに性行為を行うと相手にも感染する可能性があります。
最悪のケースでは、旦那とのセックスで性感染症をうつしてしまい、風俗がバレるということもあります。

そのため、不正出血が起こったら、感染症ではないことが分かるか、治療が終わるまでは性行為は控えることが必要です。
クンニや軽い接触でも感染することがあるため、性的な接触はすべて控えたいものです。

ピルは病気予防にならないことを認識して

風俗嬢の多くはピルを服用して避妊を行っています。

特にソープでは本番行為もあるため、避妊は必須です。
しかし、ピルの服用は妊娠を予防するものであり、性病感染の予防にはなりません。
そのため、ピルを飲んでいるからといって、安易に本番を許したりNSするのは避けた方が良いでしょう。
風俗嬢の心配は妊娠だけではないのです。

指入れとNSは不正出血の原因だから・・・

不正出血を引き起こすのは、指入れやNSなどの行為です。
そのため、病気を予防したり治療中に仕事をしなければいけないときなどは、こうした行為を避けることが必要となります。

やってはいけない不正出血の対処

不正出血のときの対処が間違っていると、思わぬリスクとなったり、指名が減ったりすることもあります。
お金が必要で働かなくてはいけない場合でも、無茶しないことが大切です。
自分の体を守ることができなければ、思うように稼げなくなります。

タンポンしてそのまま出勤

ヘルス以上ではあまりタンポンをして出勤する人はいないでしょうが、ピンサロやセクキャバ程度の店では使っている人もいるかも知れません。
タンポンで不正出血を隠すことはできますが、生理ではないのにタンポンを使うのは危険です。
タンポンは吸水性の高い素材で出来ています。

そのため、量が少なかったり不安定な出血に使うと膣内が乾燥して傷つきやすくなったり感染症などを起こしやすくなります。

海綿を入れてそのまま出勤

海綿は風俗嬢御用達のアイテムですが、不正出血を隠すために使ってはいけません。
使い方によっては膣内が不潔になったり、男性客の精液や唾液などが残って雑菌を繁殖させることもあります。
ダラダラと出血が続いている場合には、海綿で隠して接客したくなりますが、ただでさえ調子が悪いのをさらに悪化させるリスクにしかなりません。

旦那バレを恐れて隠す

ウイルス人妻風俗嬢は旦那バレリスクを恐れる人が多くなりますが、だからといって病気を隠したり病院へ行かずに治るのを待つのは危険です。
風俗とは関係のない病気であれば隠す必要はありませんし、病院で風俗の仕事を旦那にバラされることもありません。
まずは勇気を出して病院へ行きましょう。

不安を引きずっているとホルモンバランスも崩れやすくなるため、不正出血も治りにくくなってしまいます。

客にもパートナーにも迷惑をかけないように・・・

不正出血は感染する病気の場合もありますし、出血しているだけでも相手に不快感を与えることもあります。
男性客は生理や出血のニオイを感じ取り、隠しても分かってしまうものです。

ひどく興ざめしてしまい、指名が返らなくなる恐れもあるため、無理して仕事をしても良いことはありません。
また、パートナーに病気を感染させることもあります。
不正出血があった場合には、自分の体を守るだけでなく性行為の相手を守るためにも注意深く正しい行動を取りましょう。

まとめ

人妻風俗嬢にとって不正出血は旦那バレのリスクとなることがあります。
不正出血やそれを引き起こす性感染症は風俗嬢に多いため、普段から疑われている人は特に心配になるでしょう。
しかし、不正出血は病気のサインの可能性もありますし、対処の仕方次第で多くの人に迷惑をかけ、より風俗バレしやすくなることもあります。
そのため、冷静に適切な対処をして乗り切ることが大切です。

風俗求人サイトランキング

当サイトがおすすめできる風俗求人サイトをランキングで紹介します。
短期間で高収入で稼ぎたい!でも、たくさん求人サイトがあってどこを使っていいか、わからない。そんなあなたは、是非、参考にして下さい。

第1位 Qプリ

第1位に輝いた風俗求人サイトは「Qプリ」です!

Qプリは女性会員に祝い金1万円面接交通費2,000円を支給してくれる「Qプリ保証」というシステムがあるので、絶対的にお得です!

スカウトオファー機能があるので、無料会員登録をして簡単なプロフィールや希望条件を設定すれば、お店の方からスカウトメールが届きます。
気軽に登録できて、待っているだけでOK!

総合評価 求人掲載数 保証
約2500店 Qプリ保証

Qプリを詳しく知りたい方はこちら

第2位 ミミロケ

SNS感覚で操作がラクラク「ミミロケ」が第2位!

お店とのメッセージがLINE風で操作が簡単です!会員登録も簡単でライトに高収入求人を探したいなら、ミミロケがおすすめ!スカウト機能もあるので、待っているだけでも希望条件にあったお店からオファーが届きます。

総合評価 求人掲載数 保証
約550店

ミミロケを詳しく知りたい方はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする